まだまだあるよ!人気原作の映画の実写化2014年、2015年(進撃の巨人・公開予定)

rainbow39
過去にさかのぼって代表的なアニメや漫画が実写化された作品、公開予定の作品をまとめてみました。

2015年公開予定▽

進撃の巨人  原作:諫山創

圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。2009年9月9日に講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された『別冊少年マガジン』10月号(創刊号)で連載を開始。新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど、各方面から高い評価を受けた。
主演:三浦春馬
監督は『日本沈没』『のぼうの城』などを手がけた樋口真嗣氏、脚本には町山智浩氏と渡辺雄介氏が名を連ねる。とりわけ作品イメージが似通った『GANTZ』実写版に関わった渡辺氏の手腕には注目だ。

2014年▽

黒執事  原作:枢やな

『黒執事』は、枢やなによる日本の漫画作品。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス刊)にて、2006年10月号から連載。累計部数は1800万部を突破している。
主演:水嶋ヒロ
2014年1月18日公開の日本映画。原作者・枢やな承認のもと、原作から約130年が経過した2020年のアジア某国で繰り広げられる映画完全オリジナルストーリーとなっている。主演の水嶋ヒロは3年ぶりの映画出演で、俳優復帰作となった。また、本名名義で本作の共同プロデューサーも務めている。

るろうに剣心  原作:和月伸宏

『るろうに剣心』は、和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画シリーズ。主演・佐藤健。監督は大友啓史。製作・配給はワーナー・ブラザース映画。
主演:佐藤健
2014年公開の続編は、原作でも人気の高かった京都編以降がベースということで、キャスティングにも気合が入りまくっている。重要な役どころを果たす四乃森蒼紫に伊勢谷友介さん、美形の天才剣士・瀬田宗次郎に神木隆之介さんという見事な布陣。

テルマエ・ロマエ   原作:ヤマザキマリ

古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップするヤマザキマリの人気コミックを実写映画化した『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデアに煮詰まったルシウスが、再度日本と古代ローマを行き交うさまを描く。主演の阿部寛や上戸彩、市村正親ら主要キャストが続投し、ブルガリアに実物大のコロッセオを建設するなど大規模なロケを敢行。
主演:阿部寛
ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこで風呂雑誌の記者になっていた真実(上戸彩)と再会を果たすも、やがてローマ帝国を二分する争いに翻弄されることになり……。

魔女の宅急便  原作:角野栄子

『魔女の宅急便』とは角野栄子による児童書である。宮崎駿監督によって1989年に同名でアニメ映画化された。また2014年、清水崇監督により実写映画化された。
主演:小芝風花
2014年3月1日公開の実写版日本映画。アニメ版のリメイクではなく、原作の第1巻・第2巻を基とした実写化である。

正式な制作発表に先立ち、2013年4月11日、スタジオジブリのアニメ作品を元とした実写リメイク映画が企画されていると一部で報道されたが、スタジオジブリ側はこれを否定し、実写作品の製作には関わっていないことを表明している。

https://matome.naver.jp/odai/2141484891958938001
2014年11月20日