テンション上がる素敵デザインな土鍋いろいろ♪家飲み・鍋パ・家族にも大好評じゃないの♪

shino-a
寒さが日ごとに増すと「鍋でも♪」がお約束。メインの鍋料理を盛り上げるのが「土鍋」。何気に使ってますが、素敵でお洒落で、可愛かったり、重厚感があったりすると何気に注目されるんじゃない??
鍋の季節です
牡蠣鍋♪
鍋の季節です
もつ鍋♪
鍋の季節です
土鍋博多地鶏雑炊♪

▼土鍋は冬のお鍋の必須アイテム

水炊き、寄せ鍋、ちゃんこ鍋…と、さまざまな鍋料理に使えます。鍋自体が温まるまでに時間がかかりますが、食材を入れても温度が下がりにくく、一定の温度を保ってくれます。すき焼きや汁気の少ない鍋には向きません。
知って得する「鍋グッズ」|鍋奉行マニュアル|鍋なび

土鍋は金属の鍋と異なり、まず土鍋が加熱されてから、鍋全体から熱が伝わって中味を調理します。

また、保温性が高いため余熱でたいていのものに火がとおり、温度が少しずつ下がっていく過程で味も染み込むので、余熱を利用するのがおすすめです。
なぜ美味しいの!?知ってるようで知らない「土鍋」の秘密 – M3Q – 女性のためのキュレーションメディア

▼土鍋にもセンスが表れる

和洋OKスタイリッシュな土鍋
Cacerola(カセロラ) 土鍋 8号鍋
5,000円(税込5,400円)

鍋料理が一層楽しく、美味しくなりそうな土鍋。
土鍋の産地として知られる三重県四日市で熟練の陶器職人が丁寧につくりました。

IH対応 KAKOMI
サイズ:φ210 x H120 x W260 mm / 1.2 L
¥8,100(税込)

*吸水をほとんどしないため使い始めはの「目止め」をする必要はありません 中性洗剤などで軽く洗ってからご使用ください

シンプルなのになんだか温かみのあるフォルム

セレブスタイル鍋
おしゃれな土鍋やさん
「ピンクのバラ」
1号 16.7×14.0×7.2cm  1,800円

サイズが豊富です

幾何学
陶房ななかまどの土鍋は、金沢にある工房で一つ一つ丁寧に作られています。
幅330mm × 高さ190mm
21,600円 (税込)

↓↓↓

上から見るとこう
洋風デザインが可愛い土鍋
グレーヌ・ミニョン
サーマテックIH用土鍋
9号 直径 28cm 2.8L
10,000円(税込10,800円)
北欧風土鍋
IH・直火両対応
左:ラインフラワーIH土鍋
6号 税込 5,940円 (本体価格 5,500円)
右:リーフドットIH土鍋
8号 税込 8,100円 (本体価格 7,500円)
ドットオレンジ 四日市市萬古焼
大樹(たいき)
軽量エコ土鍋
計量エコ土鍋は通常の土鍋に比べ、ガス直火で水を沸騰させるまでの時間が短くガス使用量を節約できます。
9号 直径27.5x31x16cm
価格6,000円 (税込 6,480 円)
うたげ桜 四日市市萬古焼
大樹(たいき)
9号 直径28x33x18cm
価格8,000円 (税込 8,640 円)
鮮やかな赤に白い山茶花の花
香蘭社
縦21×横23.5×高さ15cm 鍋(内径22cm)
日本製
本体価格 20,000円 (税込 21,600円)
ハピネスクローバー
萬古焼
江戸時代、沼波弄山が作品に「萬古不易」の印を捺したことが萬古焼のはじまり。
サイズ:約径29×高さ18.5cm(蓋含む)
容量:約3.3L(目安3~4人用)
素材:耐熱陶器・ステンレス
日本製
本体価格 10,000円 (税込 10,800円)
四日市市萬古焼
大樹(たいき)
9号 直径28x32x15cm IH対応
価格10,000円 (税込 10,800 円)
赤絵角格子紋平土鍋
まるでテーブルに元気をくれるようなあでやかな赤を柔らかなタッチでモダンな柄に描いた土鍋。
縦27×横31×高さ6cm 約1800cc
24000円(税別)
アグラ鍋
4th-market 「萬古焼(ばんこやき)」の4つの窯元
日本製
猟師たちが獲物を持ち寄り、囲炉裏をかこみ、胡坐(あぐら)をかきながら
食べたとされる郷土料理にちなんで名づけられた「アグラ鍋」
直径28.5cm 高さ16.5cm
12,960円(税込)
かわいい土鍋♪鍋奉行
常滑焼 品質も安心の愛知県常滑市で生産されたものです。
9号 サイズ幅約26×奥行約25×高さ約21cm
通常販売価格5,637円(税込)
せいろ土鍋
土鍋.com 信楽焼の耐熱製品の窯元
・2段式の蒸し器なので一度にたっぷり調理可能
・蒸し器を外せば、通常の土鍋としてご使用可能
・蒸すことにより肉、魚類はうま味を残して余分な脂を落とし、野菜は栄養分を逃さず
うま味を残し、おいしくいただける!
■小(大も有り)
外径19.0cm 高さ20.5cm 容量900cc 1~2人用
12,000(税込)
ceramic japam(セラミックジャパン)の土鍋(do-nabe)
ceramic japan(セラミックジャパン)
スタイリッシュで機能性、収納性に優れた今のライフスタイルにフィットした土鍋です。IH熱源の普及や、キッチンの収納環境、
食卓で使われるテーブルウェアとの調和など、
現代のライフスタイルに根ざしたデザインになっています。
S:φ19.0cm × 高さ9.0cm(蓋を含む)
¥8,100(税込)
L:φ24cm × 高さ10.5cm(蓋を含む)
¥14,580(税込)

▼土鍋のお手入れ方法

新しい土鍋を使うときは、たっぷりの水と米一つかみを弱火で煮ておかゆを作ることで、鍋のあくをとり、細かいヒビを埋めます。温度の急激な変化に弱いので、火にかける前には鍋底の水気を十分に取り、使用後は鍋が十分に冷めるまで、水につけないように気をつけましょう。
知って得する「鍋グッズ」|鍋奉行マニュアル|鍋なび

①新しい土鍋は最初に米を煮る
土鍋は目が粗いので、割れ目が入りやすいのが難点です。初めて使う前に、米をとろとろになるまで煮ておくと、粥状になったお米のでんぷん質が粗い目を塞いでくれるので、割れにくくなります。

②急な温度変化を避ける
土鍋は急に温度が上がったり、下がったりすると割れやすくなります。ですから、から炊きは避け、火にかける前に必ず水分を入れておきましょう。
また、熱い鍋を急に水につけたり、ぬれ布巾の上に置くのも厳禁です。

③よく乾燥させてから火にかける
土鍋は鍋底が乾燥した状態で火にかけるのが鉄則です。鍋底に水分が残ったまま火にかけると、
水分が熱で急に膨脹して、ひび割れの原因になります。しっかりと水気をふき取り、よく乾燥させてから使いましょう。

④よく乾かしてから片づける
湿った状態で箱や棚などにしまうと、カビやにおいの原因になります。洗って片づける前によく自然乾燥させておきます。
Dole Japan, Inc.

https://matome.naver.jp/odai/2141466203740162601
2018年08月28日