北海道全土をバイクで旅するADV『風雨来記3』、PSVitaで発売決定!!11/6更新

hawkeye510
北海道をゲームの中で旅行できるユニークなゲームシリーズの最新作がPSVitaで登場します。忙しくて旅行なんてできないけれど旅したいなと思っている方は必見です!!

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533489359881003

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141451717789780203

PSVita『風雨来記3』
2015年2月19日発売予定
価格:5800円(税込)
販売:日本一ソフトウェア
開発:フォグ
キャラデザ:泉 彩
【フラゲ】北海道全土をバイクで旅するADV『風雨来記3』、PSVitaで発売決定!! : はちま起稿

PCで発売された旅ゲーがボリュームアップしてPSVitaで発売決定。
バイクで移動するツーリングパートと名所を取材するアドベンチャーパート、
訪れたスポットの記事を投稿するキャンプパートの3つのパートで構成。

ツーリングパートでは北海道全土を実際の風景のツーリング映像とともに自由に移動。
用意された「脇見ポイント」でバイクを止めると、沿道の風景を楽しめる。

アドベンチャーパートでは100箇所以上のスポットで取材・撮影ができ、地元の人々やヒロインとの触れ合いを楽しめる。
キャンプパートでは訪れたスポットに関連したトピックを選び原稿を執筆。
記事の内容でコンテストでの評価が決定し、これに入賞することがゲームの目的となる

旅先で出会うヒロインたち
・逢沢なぎさ(CV:綾瀬ゆり)
・水科小夜(CV:英 みらい)
・富村 泉(CV:横尾 恵)
【フラゲ】北海道全土をバイクで旅するADV『風雨来記3』、PSVitaで発売決定!! : はちま起稿

PS Vita用ソフト「風雨来記3」が2015年2月19日に発売。“旅行アドベンチャー”の最新作は北海道全域が舞台に


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533489359880903

今回発表となった『風雨来記3』は、2013年にPCソフトとして発売されたシリーズ最新作。本作でも、シリーズならではのゲーム性は健在だ。また、シリーズ第1作目では北海道の一部地域のみを旅したが、『風雨来記3』では北海道全域への旅を楽しむことができるのだ。さらに、新たなストーリーを追加してプレイステーション Vitaへと移植される!
『風雨来記3』 北海道を旅する“旅ゲー”がPS Vitaで発売決定! 3人のヒロインも紹介 – ファミ通.com

~ストーリー~


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533489459882103

榊千尋は駆け出しのルポライター。
彼は、憧れの大地“北海道”へと旅立とうとしている。
出版業界のオリンピックと呼ばれる“心光展”、その新人部門である“鋭明展”へと参加するためだ。
彼にとって、この取材は出版業界へ入った理由そのもの。
“心光展”のとある取材記に衝撃を受けて以来、ただひたすら追い求めて、やってきた憧れの大地“北海道”。
もちろん不安はある。
でもその不安の何倍、何十倍にも膨らむ期待。もう我慢はできない。
彼は、カメラを片手にバイクに跨る。
“最高の一枚”を求めて――
『風雨来記3』 北海道を旅する“旅ゲー”がPS Vitaで発売決定! 3人のヒロインも紹介 – ファミ通.com

●ゲームシステム編


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533497859969903
▲ツーリングモード/広大な北海道を、バイクで旅しよう。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533497859969403

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533504860051203
▲アドベンチャーモード/北海道各地にある名所を取材。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533504860051303

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533512260115303
▲キャンプモード/一日の終わりは、キャンプで記事を投稿するのだ。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533512360115403

◆ツーリングモード


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533528960282403
▲ツーリング中に黄色い矢印が表示されることがある。その“脇見ポイント”に気付いたら、バイクを停めて景色を堪能しよう。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533528960282203

このモードでは、北海道の大地をバイクで移動する。実写による画像を楽しみながら、好きなルートを選ぶことができるぞ。なお、主人公のスタミナがなくなってしまうと、強制的にキャンプモードに移行し、つぎの日のスタミナが減ってしまうので注意しよう。
『風雨来記3』 北海道を旅する“旅ゲー”がPS Vitaで発売決定! 3人のヒロインも紹介 – ファミ通.com


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533533360315203
▲走行中、道に迷ったら地図を表示しよう。地図を拡大すると主要なスポットの名称やこれまでに通った道が表示される。

◆アドベンチャーモード

アドベンチャーモードでは、有名な観光地から知る人ぞ知る隠れた名所まで、北海道のありとあらゆるスポットを探索できる。その数、なんと100ヵ所以上。スポットによっては、訪れるたびに取材できるエリアのバリエーションが変わる。
『風雨来記3』 北海道を旅する“旅ゲー”がPS Vitaで発売決定! 3人のヒロインも紹介 – ファミ通.com


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533543360409803
▲青い矢印が進める方向、緑の矢印は直前にいた場所を示している。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533543460411603

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533547260444503
▲記事作成用に写真も撮影しておこう。

◆キャンプモード

一日の最後はキャンプモード。その日訪れたスポットに関連したトピックを選んで記事を作成しよう。執筆後には、掲載する写真を2枚選択し、記事を投稿する。この記事の内容によって、鋭明展での評価が決まることになる!
『風雨来記3』 北海道を旅する“旅ゲー”がPS Vitaで発売決定! 3人のヒロインも紹介 – ファミ通.com


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533562460576403
▲記事執筆中には選択肢が登場することもある。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533562360573403
▲投稿した記事には、読者からコメントが寄せられることも。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533562460576503
▲キャンプ中には、主人公がその日一日を振り返ったり、旅人から宴会に誘われるといったイベントが発生することもある。

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533562360573103

●キャラクター編

主人公は、訪れた取材先でさまざまな出会いを体験する。ときには、北海道を旅しているヒロインとの出会いもあるのだ。ライターとしての取材同様、ヒロインとの時間を楽しむのも旅の醍醐味と言える。ヒロインとは、出会いを重ねるごとにより親密な関係になることができるのだ。ここからは、主人公・千尋と3人のヒロインを紹介しよう。
『風雨来記3』 北海道を旅する“旅ゲー”がPS Vitaで発売決定! 3人のヒロインも紹介 – ファミ通.com


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533576860684803
榊千尋(主人公)

「俺なりの一枚……最高の一枚を求めて旅立ちだ」

駆け出しのルポライター。高校時代に見た取材記事に衝撃を受け、記事の中に書かれていた“最高の一枚”を追い求めている。


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533576960685303
逢沢なぎさ(あいざわ なぎさ)(CV:彩瀬ゆり)

「あたし的には旅って言いたいけどね。 女の一人旅!」

主人公とフェリー上で出会った女性。
さばさばした性格で、主人公と“旅”について似た価値観を持つ。
北海道の最南端から最北端の岬を巡る旅をしている。愛車は1300ccの大型バイク。


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533576960685603
水科小夜(みずしな さよ)(CV:英みらい)

「この曲のこと知りたくて、 北海道まで来たんです」

湖畔で出会った少女。
オルゴールに刻まれた曲のことを知りたくて、幼いころの写真を手掛かりに北海道を巡っている。
人見知りの彼女を助けるために、主人公が一肌脱ぐことになる。


https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401/2141533576860685103
富村 泉(とむら いずみ)(CV:横尾恵)

いい出会いでした。またどこかの温泉で会えるといいですね」

温泉にて出会った少女。
湯の里巡りが趣味で、温泉に関する知識も豊富。
携帯電話の使いかたを知らないなど、どこか浮世離れした雰囲気を持つ。

その他のゲームのまとめは↓から

https://matome.naver.jp/odai/2141451704189693401
2014年11月07日