できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?

piopiorin
話題本、臼井由妃さんのできる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?のまとめ

発売5日で重版決定
臼井由妃オフィシャルブログ「臼井社長の幸せバンクBlog|もう、マネーの虎って呼ばないで!」Powered by Ameba

新宿 紀伊國屋本店 (ビジネス書8位獲得)
新宿 ブックファースト本店(和書総合7位獲得)

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?


https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578277945403
著者紹介
臼井由妃[ウスイユキ]
1958年東京生まれ。エッセイスト・ビジネス作家・経営者・講演家。33歳で結婚後、ガンに倒れた夫の後を継ぎ、専業主婦から健康器具販売の社長に転身。講演活動も精力的に行っている。理学博士・MBA・宅建・行政書士・栄養士

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。

目次
第1章 ヒットを生み出す発想法
第2章 結果を出し続ける人の仕事術
第3章 信頼される人の伝え方
第4章 お金の賢い使い方
第5章 1分で劇的に変わる時間術
第6章 夢がかなう人の考え方
できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? / 臼井 由妃【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

約束の時刻までの間に、密度の濃い情報収集ができる。遅れた相手に「本を探してたからちょうどよかった」と伝えられる。
本をきっかけに、初対面の相手とも、会話をスムーズに始められる―。本屋での待ち合わせには、少し考えただけでも、これだけのメリットがあります。
そして、待ち合わせに限らず、仕事で、日常生活で、こんな工夫ができる人が、一流と呼ばれる人生を手に入れるのです。特別な才能や超人的な努力は必要ありません。

https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578277945903
じつは、彼女の経営者としてのスタートは、
・経営はおろか正社員の経験もない、まさに知識も経験もゼロ
・吃音という持病もあり、人ともまともに話せない
という崖っぷちの状態だったそうです。

それがなぜ、キラキラのヒットメーカーになれたのか? 23年も会社経営を続けられたのか?


https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578277946803
ここに挙げたような、ちょっとした「ひと工夫」の積み重ねが、視点を、言葉を、行動を変え、大きな成果に結びつきました。
臼井さんが得た、経営者としての、また、女性としての、20年分のひと工夫をまとめた内容。

悪い話は金曜日の夕方にするべき理由


https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578277947003
怒られそうな話や、相手にとって悪い話をするときに、怒られにくくなる曜日や時間帯があることをご存知ですか?
臼井由妃さんが語る、悪い話は金曜日の夕方にするべき理由とは。

https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578277947103
空腹時は避ける
込み入った話や怒りを買いそうな話をするときには、できるだけ空腹時を避ける。これは長年私が、実践していることです。きっかけは、20年前の苦い経験です。

12時を回ったころに、お客様から会社に電話が入りました。

「●▲■が届かんでの~」

方言なのでしょうか、聞き取れません。かろうじて「何かが届かない」と言っているような気がします。

「お客様、お届けものでしょうか?」
「うんだ、だ、だ、だ……」

意味不明です。しばらくやり取りが続き、相手が突然怒り出しました。言葉が荒く電話の向こうで何かを蹴飛ばすような音がしますから、怒っているのは間違いないのです。そのうち電話を投げつけるように、切られてしまいました。あぜん、理解不能。怒りがこみ上げてきました。

「何だ、この怒りは」

いつもより熱くなっている自分に驚いたのです。原因は「空腹」です。時計を見ると午後1時少し前、50分近く言い合っていたわけですから、お腹も空くというものです。

あちらが怒りを爆発させたのも、空腹感が影響していたのかもしれません。込み入った話をする際には、その先に口論となってしまう可能性がありますから、できるだけ空腹時は避ける。空腹時は誰しも、怒りっぽくなってしまうものですから、けんかに発展する可能性が高く危険なのです。


https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578277947303
込み入った話は、ランチの後に
込み入った話をするなら、ランチのあとがいいでしょう。おなかが満たされていますから、相手もゆとりを持って話に耳を傾けてくれます。どうしても午前中に話をするという時は、自分の怒りを増幅させないように、きちんと朝食を採っておくようにしましょう。

後輩や同僚、友人、知人などに、注意や意見をするときには、タイミングに気を配りましょう。たとえそれが適切で相手のためになることであっても、素直に受け取れないのが人情です。腹が立つこともあります。


https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578377947403
ですから、 朝一番に伝えるのは避けるべきです。そうでないと、一日中怒りが持続することになりかねません。伝えるタイミングは、一日の終わり。同僚や後輩ならば、終業時です。そうすれば、すぐにその場を離れることになるため、怒りが収まるのです。

不思議なもので、一晩眠ればほとんどの怒りは沈静化されてしまい、翌朝顔を合わせても、ケンカになることは、まずありません。


https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501/2141405578377947503
怒られそうな案件は、金曜日の夕方に
では上司や先輩に、ヘタをすれば怒りを買いそうな案件を切り出すのは、どうしたらいいのでしょうか? ランチのあと、そのような話をして険悪なムードになれば午後の仕事に支障が出ます。やはり終業時。それも金曜日がベストです。

このように、悪い話をするときは「金曜日の夕方」を狙うようにしましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2141405311375609501
2014年11月04日