[情報収集]ヒップな皆のためのエッジが立ったwebマガジンまとめ

m.d
情報収集に役立つサイトまとめです。

ファッション系の新着情報が中心のライフスタイルマガジン。
カルチャーのニューウェーブを常時把握しておきたい敏感なCity Boys にはマスト。
BLOGページでVERBALやNIGOをはじめとした多くのリーディングパーソンの書いた文章が読める。
(おすすめはILMARI)

みなさんお馴染みのライフハック情報のサイト。
FacebookをはじめとしたSNSでシェアされている率はかなり高い。
それだけ旬でキャッチーかつ分かり易い記事が多く書かれている。

言わずと知れたオンラインブックマークサービスのポータル。
ジャンル問わず、政治からサブカル、2ちゃん系まで幅広く大量の情報が集まるが
ややギーク臭が漂う感じは否めない。
エントリで使用されている「増田」は日本で84番目に多い苗字のことではなく、
“Anonymous Diary”のこと。

あの超有名雑誌WIREDのwebサイト。
テクノロジーやファッションについてのビッグでホッとなニュースが常にストリームしている。
込み入った国際問題などの記事も重厚な文章が書かれていて、City Boy というよりは Gentleman 向けな感じもする。
雑誌を購入していれば、無料でPDF版がDLできます。

音楽やファッションももちろんだが、時には少しお堅いニュースも抑えなければならない。
そんな時はこちら。
全世界のニュースを幅広く抑えている。
いまだに続く紛争や自然災害など、世界情勢をしるのにもってこい。
もちろん企業ニュースも掲載されるので、どこがどこをbuyoutしたとか、
次はどこがアツいとかそんな視点を持てたらいいなとおもう。

しっとりクール系大人メディア。
ファッション、車、時計を大きなテーマとしているが記事は幅広い。
SHIFT JAPANのコーナーなど日本をフィーチャーしたトピックスの精度は圧巻。

グッドアイデア厳選マガジン。
とにかく新しい情報を掲載するというよりは、ヒップで気の利いた記事が厳選されているイメージ。
人同士のつながりやコミュニティをテーマにした記事が多く、とても温かみのある媒体。

デザイン・テクノロジー・カルチャーを掲げているポータル。
最新の情報ももちろん揃うが、”Article”のタブから観れるインタビューやレポートが
情報にとんでもない厚みをもたせている。
デザイン系のエッジが立った求人「CBCNET:WORK」も運営。

ミュージック、フィルム中心の情報サイト。
アングラ志向な雰囲気をかもしているような気もするが、
プレゼント情報やイベントへの招待券応募などの情報がおおく、
リアルな場とのコネクションが強い気がする。

アート・デザイン・音楽等、幅広くカルチャーをカバーしている媒体。
HOT新着情報はもちろんのこと、インタビューや連載コラムが充実しているため深さもかなり深め。
変化球が好きな City Boy にはピッタリの情報源ではなかろうか。

https://matome.naver.jp/odai/2141390179738826401
2014年10月23日