ヌーディ肌と赤リップメイク セレブメイクの新ルール

jiye195623
秋冬シーズンにトライしたくなるのが魅惑的なレッドリップ。今年は素肌っぽいベースメイクに合わせて、ヌケ感を出すのがセレブたちの新ルールのよう。リップも色をレイヤードしたり、グロスをミックスしたりして色に深みを出すのがポイント。
エミリー・センコのセンシュアルな赤リップ
ランウェイや広告で人気急上昇中のエミリー・センコは、中性的な顔立ちに女らしいメイクが映える、今注目のモデル。鮮やかなレッドリップも、唇を主役に艶っぽく仕上げることで、まるで大輪のバラが咲いたようなゴージャスな雰囲気に。オーバー気味に描いたリップはともすると唇だけ浮いてしまうものの、太めに描いた眉とアイラインがインパクトを中和。ヌーディなベースメイクがさらにヌケ感をプラスし、赤リップに若々しさをプラスしている。
カーラ・デルヴィーニュ
カーラーは、鮮やかなカラーリップに、目もとはナチュラルに仕上げて、越妙な抜け感をプラス。デイリーでも、パーティシーンでも応用できそう。
ジェシカ・アルバ
カラーリップ×ブラウンシャドウの組み合わせを、パーティルックに応用したジェシカ。ヘルシーな小麦肌も、グッとセクシーさがアップ!
リタ・オラ
ディーバのメイクにカラーリップはつきもの! リタは、二重幅くらいの太いリキッドアイライナーで色味を抑えつつも、目もとも印象づけた。
シエナ・ミラーの輝きをまとったリップメイク
新作映画『Foxcatcher(原題)』のプレミアに登場したシエナ・ミラーは、女らしい魅力が際立つレッドリップ・メイクを実践。ともすると唇だけ重たく見える赤の口紅も、ベースメイクにシアーな素肌感を加えることで、ぐっと軽やかな印象に。肌全体にゴールドのパウダーをのせ、さりげない輝きをプラスしたのも健康的なムードを誘っている。アイブロウマスカラでシャイニーに仕上げた眉、濡れたような質感のオールバックのヘアスタイルと、その他のディテールも艶っぽさを意識。リップを主軸に艶とヌケ感でメリハリを加えたメイクは、装いまで新鮮に見せてくれる。
ケイティ・ホームズのノーブルな艶肌&赤リップ
自身が主演する最新作『DAYS AND NIGHTS(原題)』のプレミアに現れたケイティ・ホームズは、トレンドセッターらしい高感度なメイクがお似合い。深みのあるプラムレッドのリップに日焼けしたようなベースメイクを合わせ、上品な女らしさを引き出していた。ブロンズ色のパウダーでシアーに仕上げた肌は、健康的かつリッチな雰囲気。しっかりと眉山を描いたアイブロウに、インサイドラインで囲むなど、アイメイクもさりげないインパクト加え、唇の印象が際立っていたバランスが絶妙。
ジェニファー・ロペスのゴージャスなテラコッタ肌と深紅のリップ
45歳になってさらにグラマラスな魅力が増したジェニファー・ロペスは、レッドリップ・メイクの達人。「Variety’s 2014 Power of Women」のイベントに出席した際も、自慢のテラコッタスキンを艶っぽく、ヌーディに仕上げ、深紅のリップをフレッシュに昇華していた。ややオーバー気味にふちどった唇は、朱赤とチェリーレッドを重ねた鮮やかな発色がポイント。アイメイクもパール感の強いゴールドとカッパー色のアイシャドウで煌めきを与え、マットな唇とのコントラストを強調。ベースメイクでヌケ感を出しながらも、ディーバらしいスパイスをプラスしていた。
エマ・ストーンのガーリーなレッドリップ
愛らしい魅力で、多彩なメイクが映えるエマ・ストーン。新作『Birdman(原題)』のプレミアに登場した際も、透明感のある美しい肌をレッドリップで引き立てていた。グロスで淡いトーンに仕上げた唇は、肌なじみのいいナチュラル感がカギ。ベースメイクも薄付きのファンデーションでライトに仕上げ、リップとのバランスをとっている。ともすると主張し過ぎる赤リップも、唇と肌の質感をシアーに仕上げることで、一気に取り入れやすいメイクに。軽さも感じられるから、よりデイリーに楽しむことができる。
ケイト・ボスワースのパーフェクト・リップメイク
イノセントな美貌でトレンドメイクを難なくこなすケイト・ボスワース。インパクトの強い鮮やかなレッドリップも、彼女が取り入れれば軽やかかつクリーンなイメージに。カギとなったのは、骨格にそって作り上げた完璧なベースメイク。額の両サイドにはダークトーンのファンデーション、Tゾーンや目の下には程よいハイライトを、頬骨には淡いオレンジのチークをのせるなど、ポイントに合わせたメリハリが、リップの存在感を際立たせている。唇にはたっぷりのグロスをのせ、濡れたような質感をプラス。ヌケ感がありながらも、ドラマティックなディテールを加えた彼女流の女優メイクといえる。
リース・ウィザースプーンのヘルシースキンと朱赤リップ
2014年10月8日から約2週間に渡って開催される「第58回ロンドン・フィルム・フェスティバル」に登場したリース・ウィザースプーンは、コケティッシュなムード溢れるレッドリップを実践。透明感のあるベースメイクに、ややオレンジがかった赤の口紅を合わせ、エイジレスな魅力を引き立てていた。シアーなファンデーションで軽やかに仕上げた肌は、コーラルピンクのチークが健康的な血色を演出。唇のマットな質感ともよくなじみ、レッドリップらしいインパクトとナチュラル感を両立している。
ミランダ・カー
Tシャツ×デニムのカジュアルテイストに、カラーリップを合わせて女度をアップさせたミランダ。シンプルになりがちなTシャツコーデには、カラーリップは欠かせない存在!
ダイアン・クルーガー
ラグジュアリーなブラックドレスに、リップ&ハイヒールのカラーを合わせたダイアン・クルーガー。ビビッドなリップは、肌をワントーン明るくみせてくれるので、パーティでも大活躍!
テイラー・スウィフト
唇の形に沿って付けた朱色リップに、目もとは、発色の良いブルーアイライナーを合わせたパーティメイクのテイラー。ホワイトトップスで、メイクを引き立てつつもトレンドをマーク!
エマ・ワトソン
旬なパーティルックは、エマにお任せ。マットなカラーリップを主役に、眉や目もとは、ツヤ感のあるブラウンでまとめたバランステクが◎。
https://matome.naver.jp/odai/2141387467898470101
2014年11月02日