北大生「イスラム国」戦闘員かと注目されたが、心配な日本の対策!

sinsei21
この男性はソーシャルメディアを通じてISのメンバーと連絡を取っており、シリア入国を目指していたところを拘束された。任意で私戦予備の疑いで聴取へ。

中田考氏の店など捜索
「イスラム国」親交 中田考氏の店など捜索(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

リサイクル店では、盗まれた物の売買を避けるため、帳簿をつける必要があるが、その記録を残していなかった疑いが持たれている。

この記事を見るだけで、この汚い家宅捜索の狙いが「古物営業法違反」などというくだらん件ではないことは誰の目にも明らか。しかもメディアは中田考さんを「イスラム国と親交がある」と勝手に断定してる。

中田考氏の店など捜索 headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?…

常岡氏の私戦予備・陰謀容疑は生きていたのか

これでは日本の外交は三流と言われてもしかたがない。

イスタンブール空港から強制送還されたあと、今度は陸路国境からトルコ入りを試みましたが、二ヶ所とも失敗。国外退去と相成りました。現在はギリシャ国内にいます。これは、国境管理官たちに可愛がられていた犬。安田純平救援は別の手を考えます。 pic.twitter.com/AAvRdwZAs3
イスタンブールのアタテュルク空港で、またまた拘束され、明日まで留置された上、強制送還されることになりました。理由は「分からない」そうです。去年7月に続いて二度目。いい加減にして欲しい。安田純平、死んじゃうよ pic.twitter.com/l5Y7PB5Xhu

及川眠子@oikawaneko

@shamilsh 常岡くんはブラックリストに入っちゃってるんですよー。次回は行く前にトルコ大使館で確認した方がいいかもしれない。付き添いますよ。

トルコで日本人男性を拘束事案発生-2016年3月

刑法の私戦予備の疑い

トルコ南部カルカムシュに向けて、バスに乗って移動していた

kazukazu88@kazukazu881

戦後日本の民主主義の一角を担ってきた共産党を破防法対象と閣議決定する一方で、中東でジェノサイドを行っていると米国が述べ、世界各地で大量殺人テロを行う本物の組織に参加しようとして他国の治安当局に自国民が拘束されるまで気づかないとか、日本政府はどんだけ無能かつ現実離れしているかと

kazukazu88@kazukazu881

ISIS対策は間違いなく今度のG7の最重要課題の一つだろうけど、ホスト国が「我が国は安全保障対策・対テロ対策を最優先しているけど、日本からのISIS参加禁止法を作るの忘れてた。トルコさん、止めてくれてありがと(テヘペロ」とか言うの、情報収集能力以前にどう考えても政治的に無能だろ。

2014年2月、イラクで拘束の元自衛官は旅券法違反容疑

イラク北部で2月、現地当局に身柄を拘束され、その後帰国した大阪市旭区の元自衛官の男(29)について、大阪府警は14日、旅券法違反容疑で書類送検し、発表した。

2014年10月には、北大生を私戦予備・陰謀の疑いで事情聴取

sig_yok@yoksig

蓮池透氏
「ISによる湯川遥菜氏と後藤健二氏の殺害事件があった。政府は常套句である『あらゆる手段を尽くす』と表明。私は政府の対応を憂慮していた。常岡浩介氏と中田考氏という民間のチャンネルを完全に無視していたからである。無視どころか逆に犯罪者扱いしていた。そこが私には理解できない」

じわじわ来る”初”ものづくし

もし、北大生に対して私戦予備陰謀を捏造せず、旅券返納命令で対応していたら、ぼくだけは取材に出発できていたから、湯川さんを助けられた可能性が高かったし、その場合、後藤さんが殺されるこんな未来もなかった。
外事三課は、自分たちの失態の意味すら理解できていなかった。後藤さんが拘束された11月上旬になっても、彼らは「大司教」周辺の仲間に「手製の武器を作ってISに送ろうとしていた」なる妄想ストーリーに沿った事情聴取を繰り返し、後藤さん、湯川さんの救出になんの関心も持っていなかったのだ。

NHKで初のインタビューに応じる

「日常生活に生きづらさを感じていた。『イスラム国』の作るビデオなどを見ているうちに、非日常を体験してみたい、別の世界に行ってみたいという気持ちが湧いた」
日本人大学生 シリアへの渡航を計画 NHKニュース

エアコン@gravestone11

インタビュー見てないけど,、映像の話に関しては映像技術凄いしああいう事出来るスキルを持った人が色々いて面白そうだと答えたが、あのプロパガンダ面白動画に影響されて行きたいとは言っていない

取材したジャーナリストに私戦予備・陰謀容疑

件の私戦予備陰謀事件で、ぼくは今まで参考人ということだったんだそうですけど、今日午後1時頃、外事三課から電話がかかってきて、「被疑者として取り調べるので出頭せよ」と告げられました。 ぼくは従来の主張通り… dlvr.it/7TrmhK

もともと、任意の事情聴取を拒否していたので、予定調和ではあるのですが、これで一気にタイーホの可能性が高くなりました。
でも、参考人が被疑者になろうとどうしようと、変わったのは手続き上の名前だけで、事実は事実、今回の件が公安外事三課によるでっちあげ事件であることは変わらないもんね。
拘置所に二年ぐらい住むことになるのかなあ。
思い残すことはかんだたみのお世話ができなくなることです。きっと帰ってくるから、それまで寂しいの我慢して、かわいく生き延びるんだよ!

Sカルマ氏@s_karma

例の私戦予備陰謀罪。件の北大生が逮捕されてないのに、渡航仲介した容疑で取材のフリージャーナリスト、常岡浩介さん(とイスラム研究者も?)が逮捕間近らしい。今まで一度も、かつての日本赤軍やその支援組織にさえ適用されなかった法律で逮捕、起訴、果ては公判が維持できるのか、甚だ疑問だが。

常岡浩介さんの逮捕容疑ってなんなんだよ。で、もうタイーホ確定なの?! ∑(゚Д゚)ガーン

かなりやばいだろこの国とこの国の官憲。

新事実が明らかに!そしてあらたな疑問が・・・

ジャーナリストの常岡浩介氏は北大生のツイートから警察が自首を勧めなかったことを明らかにした。

公安は北大生自身から通報を受けて、8月から彼の意志を知っていた。北大生はTwitterで、「はぐれ刑事純情派に説教されてる」と書いている。公安は北大生の行為が罪になるという認識を持っていたはずで、私戦予備陰謀は「自首すれば免除」なのに、自首を勧めた形跡がないのはなぜか、取材したい
今、公安外事3課から自宅に電話。タブレット端末のパスワードを教えないと、壊すぞ、という脅迫。当然、断りました。彼らはタブレットを破壊して中の情報を取り出すそうです。

札幌市に住む北大生N君の父親

北大生の父親が明日にも公安を訴えようと様々な証拠をかき集めて防御しながら反撃しようとしているといいます。
http://b-chive.com/hokkaidou-university-students-isis-enlistee-incident-thinking

父親「(Qイスラム関連の本は部屋に何冊もあった?)3冊かそのくらいあった。それを『返してください』と大学の図書館から手紙がきていた。
(Q就職活動がうまくいってなかった?)あいつ、あんまりしゃべるやつじゃないので、就職活動自体もあまり知らないです。大学院に行くとか行かないとかという話はちらっとあったけど、
(Q前からイスラムに興味あった?)それも全然知らないです。青天の霹靂です」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141009-00000024-nnn-soci

住人らが”アジト”と呼び合う阿佐ヶ谷北の寄宿先


https://matome.naver.jp/odai/2141264637346107601/2141294698857351003

安田純平@YASUDAjumpei

元教授、北大生にビザ不要の「経由国」教える :bit.ly/1vWKWT0 トルコから行くというだけの話をよくここまで大げさにできるな。

etoh@sh_etoh

ほわせぷがカムバックした“@gravestone11: 常岡さんが秒速で掌返したの本当に最高だと思った”

むらとり@muratori_d

イスラム国に北大生が参加しようとしたっていうニュースがTLによく流れてくるんだけど、数学クラスタからはその北大生がほわせぷ氏だということでお祭りムードが伝わってきて、数学クラスタとそれ以外ではげしい温度差が感じられる。数学クラスタ以外はいたって真面目に日本を憂いているのに。

mathesotericism@Im_Weltkriege

余談ですが、私がほわせぷに貸した渡航費はメディアで公表されている金額と異なります(これは情報の漏洩元を特定するためにやりました)し、渡した場所は阿佐ヶ谷で、裸のまま貸しています。ちなみに、金持ちムスリムにタカってすぐに返すように言い添えています。封筒など用意するはずがありません。

シリアに渡航歴のある元大学教授の手配で、トルコ経由でのシリア入りを計画し、イスタンブールに向け、7日、成田から出国する予定だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20141007-00000219-fnn-soci

中田考@HASSANKONAKATA

パソコンもスマホもみんなとられてしまいました(T_T)(T_T)(T_T)ドロボー(T_T)

中田考氏「捜査目的は全く分らない」

政府の情­報保全諮問会議の委員の清水勉氏「これは12月に施行される秘密保­護法の予行練習と見るべき」

「なるほど。そして警察は捜査を始めたが両者の言い分を聞いてみたら彼がISに入る、ということになり、食い止めるためには私戦予備しかないな、ということになったのだろうと」岩上氏

インタビュー全編動画

「常岡さんには、イスラム国に拘束された湯川遥菜さんの裁判に通訳としてお願いした。」
「常岡さんに、ほわせぷ君を連れて行ってくれないかと頼んだのは私の方。」

8月に渡航する予定だった。ほわせぷ君がパスポートを盗まれ頓挫。

そのことを、例の学生を嫌ってるネットのアンチが学生の親にチクって、親はパスポート没収、学生はパスポート盗難の被害届を警察に出して、警察が事情を聞いたらISに行こうとしていたという話が出てきて、それが今度の事件の端緒だったと。。。
元々拘束中の湯川氏の通訳の紹介をISから求められていて、これには常岡氏を紹介してて、常岡氏に例の学生を連れてってもらう予定だったと。常岡氏は学生の同行には難色を示していたけど中田氏に頼み込まれて断れなかったと。
ハサン先生に強く頼まれたのは事実ですが、密着取材はぼくの意思で、また引率するつもりは全くありませんでした。ぼくはハサン先生と違って、あの手合いに何の共感もない RT @yagiutina: 新事実!今回常岡さんが同行取材しようと目論ん iwj.co.jp/wj/open/archiv…

イスラム法学が専門の元大学教授から「シリアに戦いに行きたい人がいる。取材してほしい」と頼まれ、8月初めに学生と会ったという。
http://www.asahi.com/articles/ASGB73D4FGB7UTIL00H.html

常岡浩介氏「北大生とは3回会った。8月初めに2回と10月4日。8月の2回目にVTR回してインタビューした」
Written by 西牟田靖
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/

常岡氏のインタビューに
「義勇兵になれないなら自殺する」と答えていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20141007-00000219-fnn-soci


https://matome.naver.jp/odai/2141264637346107601/2141266752774890403
インタビューを受ける北大休学中の男性(26歳)

シリア行きを計画していた北大生は「そこには戦場があって、全く違う文化があって。イスラムという強大な宗教によって、民衆が考えて行動している。このフィクションの中に行けば、また違う発見があるかな。それくらい」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20141007-00000219-fnn-soci

「日本での社会的な地位などに価値を見い出せなくなってシリアに行きたいと思い、大学などすべて生活を投げ捨ててきた。イスラム教については、宗教を勉強している中で少し学んだ程度で、シリアなど中東の情勢についてもあまり知らないが、戦場など特異なものに興味があり、感じてみたいと思った。イスラム国が発信する教えに共鳴したわけではなく、そうした宗教の考えのもとの国があったらおもしろいだろうなと思った。戦場で自分が死ぬことは大した問題ではないと思う。生活基盤ができたら現地で生きていこうと思うが、日本に戻ってくることもあるかもしれない」

「組織的な戦闘員の送り込みなどでない」
http://d.hatena.ne.jp/takase22/

「日本人が忍者のTシャツを着てるって現地人に喜ばれるよ」
と無邪気にハシャいでいたという。
http://dmm-news.com/article/892966/

6日午後4時ごろ、警察官7人が自宅にやってきて、任意の事情聴取を要求
http://d.hatena.ne.jp/takase22/20141006

押収品:スマホ3台、PC3台、ハードディスク4台か5台、ビデオカメラ2台、デジカメ3台。

ちなみにぼくは、今回公安が動いたことそのものを非難するつもりはありません。ギリギリのところで適切な判断だと思う。しかし、ドサクサ紛れにぼくの取材機材を奪うのは、事件と関係がなく、純粋な取材妨害で、嫌がらせです。この責任はきっちり取らせてもらう。

常岡さんによると、男子学生とはイスラム国を取材した際に知り合った友人の紹介で8月に初めて会った。その際、イスラム国に参加するためシリアへの渡航を思い立ったきっかけとして、古書店の張り紙を挙げたという。

ただ、学生は軍事マニアで本気で渡航を希望しているかは疑問に感じたという。
http://mainichi.jp/select/news/20141007k0000m040145000c.html

強い意思?全く事実と違う。やはり公安の意図通りに喋らされてる感。拒否を撤回して任意事情聴取、受けた方がいいかなあ:【イスラム国】「戦闘員になって人殺す」 北大生、戦闘参加へ強い意思か – 産経ニュース sankei.com/affairs/news/1… @Sankei_newsから

常岡さんのPCやカメラ、携帯などのデータから、捜索対象が広がる可能性もある。また、情報が外国の公安当局に渡った場合、空港で入国を制限されたり、行動がマークされたりする恐れもある。

常岡氏や中田教授が家宅捜索を受けている件、もはやシリアにパイプを持つだけで犯罪者認定されているようだし、そう曲解するアホが湧いている時点で無念さしか湧かない

ジャーナリスト常岡浩介はイスラム国などの武装組織に取材を許可されている。

Tsuneoka claims that he has not in any way joined up with the terrorist group, but that his proximity to jihadists has helped him cover conflicts all over the globe for the last twenty years.

「彼が日本人であること、そしてそれ故にその地域のどんな戦争にも関係しない離れた国から来ていることも又、彼が受け入れられることをより容易にしている」

小川一・毎日新聞東京本社編集編成局長は「オウム事件とよく似た空気感がある」と指摘

イスラム国での戦闘志願の北大生。彼を知るジャーナリストは「軍事マニア、本気か疑問」と語る。現実感のなさ。オウム事件とよく似た空気感があるような。

寺澤有@Yu_TERASAWA

常岡君 @shamilsh はフリーランスになる前の長崎放送記者時代から警察を批判してきたし、日本の警察の腐敗ぶりがいちばんよくわかっている1人。当然、警察につけ込まれないよう細心の注意を払ってきたはずだが、今回、取材に直結する事柄で警察の捜査を受けることに。もう、そういう時代。

OKADA Tomoyuqui@iTomoyuqui

ひどい。あそこの現状を伝えられる日本人ジャーナリストは常岡さんだけなのに。「取材に必要な機材を押収された常岡さんは予定していた取材をキャンセルせざるをえなくなった。乱暴な取材妨害だと常岡さんは憤慨している」|常岡浩介さん宅にガサ入れ! d.hatena.ne.jp/takase22/touch…

Ishimaru Jiro@ishimarujiro

常岡浩介はおっちょこちょいだけれど、チェチェン、イスラム国への食い込み方はすごい。イスラム国入りを目指していた大学生と接点があったという理由で、ジャーナリスト対するガサ入れするなんてとんでもない。警視庁こそが恐ろしい。他人事ではない恐怖感じる。

月よりの使者@moonlight_1958

犯罪に近い人に取材するとガサ入れされるって…。また一歩、中国や北朝鮮に近づいたな。 RT @ishimarujiro: 常岡浩介はおっちょこちょいだけれど、チェチェン、イスラム国への食い込み方はすごい。イスラム国入りを目指していた大学生と接点があったという理由で、ジャーナリスト対

常岡氏”同行取材”という誤報。

「なぜ止めなかった」という批判にも答えます。極端に思想信条が異なった相手に反対意見を述べても意見を変えるどころか、その意見を強化してしまいます。シリアへゆく意志が脆弱な北大生の意志を逆に固めてしまうことになります。寧ろ困難に直面させて、自分の意志で断念するよう促す方がいいのです

青山学院大学非常勤講師・池田信夫氏

池田信夫@ikedanob

常岡は上杉隆と一緒に騒いだ事件屋。イスラム原理主義のエージェント中田考と一緒に、日本でテロリストのリクルートをやっているらしい。何とかは死ななきゃ直らないから、警察もほっとけばいいのに。

関連情報

大阪ウォッチ@ieiriWatch

よく知らないけど「ほわせぷ」という人物が、今回の人物であるという説があがってるらしい。信憑性不明
アカウントは @howasepu のようだが既に消失
これ @gravestone11  に変わったのだろうか??? という指摘ツイートあり。
無根拠なので間違っていたらスミマセン

障害者@gravestone11

異常者に首を切られる体験が出来るの貴重だし、モスクは最高の場所

障害者@gravestone11

死にたいにゃんinイスラーム国
https://matome.naver.jp/odai/2141264637346107601
2017年12月10日