殺人者の家族が苦痛に耐えかね”自殺した”ケース

sharpshooting

宮崎勤の父親

宮崎勤死刑囚

宮崎勤の父親は土地など財産を全部処分して被害者に送り謝罪をしました。そして神代橋から投身自殺しました。
宮崎勤の父親の末路|解禁!暴露ナイト – テレビのブログ

加藤智大の弟

加藤智大

「餓死って難しいですね。10日目に水を飲んでしまった。なぜ餓死か? いちばん苦しそうだから。やっぱり、加害者は苦しまなければならない。楽に死んではいけないんです」
それから1週間後、A男は自らの命を絶った。
被害者遺族と加害者家族 〜秋葉原事件犯人の弟の自殺に思う〜 の巻‐雨宮処凛がゆく! | マガジン9

長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、殺人容疑で逮捕された同級生の少女(16)の父親(53)が5日、同市の自宅で首をつって死亡しているのが見つかった。県警佐世保署は自殺とみて調べている。
加害少女の父親が自殺か=自宅で首つる、佐世保高1殺害—長崎 (時事通信) – Yahoo!ニュース

参考情報

https://matome.naver.jp/odai/2141258098193149001
2014年10月08日