2014年ラスベガスで参加費1億円のクレイジーすぎるポーカー大会が開催!!

torayama1023
クレイジーすぎる参加費1億のポーカー大会

2014年ラスベガス!
今年、史上まれに見るクレイジーなイベントが開催された。

ポーカー大会――
しかしその参加費、一億円。

ある有名なポーカープロはこう言った。
『正気の沙汰じゃない』

だがっ・・・!

狂気の沙汰ほど面白い・・・!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

メインテーブルの後ろには山積みの札束!

誰も彼もが漫画の登場人物みたいな個性派揃い・・!

集まったのは42名
うち30人はポーカープロ!
一流のプロすらをも食い物にできる、超一流のプロ達だ!

残る12人はビジネス界の大物!
フェイスブックの元副社長や、有名ヘッジファンドマネージャー、
千店舗以上の加盟店を持つフランチャイザーのオーナーなど
錚々たるメンバーだ。

誰一人として平凡な人生を歩んでいない男達・・・!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

イカれたメンバーたちを紹介!

ひとりぼっちでゲームをして過ごすことが多かった少年時代
18歳でオンラインポーカーに出会い、少額レートで勝負するも敗北
資金を貯めるためにマクドナルドでバイトしたという
しかしゲームへの集中力は彼の才能を開花させたッ!
わずか三年後には高レートでプレイし、残高は7億円にまでなっていた――
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

『ゲームの達人』ダン・ジャングルマン・ケイツ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特に理由はない 元・世界王者が強いのは当たりまえ!!
コカイン中毒だったのはないしょだ!!!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

グレッグ・マーソン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在の職業不詳!親はワーナー・ブラザーズの元副社長で大金持ち!
元恋人、パリス・ヒルトンとのセックスビデオを流出させちゃったことで有名!
妻は女優のパメラ・アンダーソン
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

『レベル99のニート』リック・サロモン!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

超名門イェール大卒!ちなみにMITも合格!
ウルトラ・アグレッシブな女子最強プロ!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

『ポーカー界の吉田沙保里』!ヴァネッサ・セルブスト!
ちなみにヴァネッサニキは去年、ポーカー大会で旅行に来ていたバハマで
ガールフレンドにプロポーズ(同性婚)
⇒OKを貰う
⇒翌日、見事大会で優勝して賞金約1.4億円を獲得してました。カッコイイ。
生涯獲得賞金額は10億円。(女子1位)
学生時代はラグビーで対抗試合に出場するなど、ポーカー界で最も男前な女子です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界的なビリヤードプレイヤー!その上ポーカー殿堂入りを果たした元最年少世界王者!
そしてベガスで最も有名なカジノッ!あの噴水のカジノ「ベラージオ」や「シティ・センター」の社長を務めた男!
おまけにヘリの操縦もできるよ!オフロードレースが趣味だよ!年収は10億円ほどだよ!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

『完璧超人』ボビー・ボールドウィン!
写真左の人です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回大会で優勝し約18億円の賞金を獲得!
元手品師で、ポーカー生涯獲得賞金ランキング1位のトッププロ!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

『マジシャン』アントニオ・エスファンディアリ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元大道芸人。現在の個人資産は「2兆円」・・・!
本大会の発起人であり、サーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユ総帥!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

『道化師』ギー・ラリベルテ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポーカーを始めたきっかけは、母から誕生日プレゼントに Michael Konig の本を贈られたことから。WSOP で、8,773名のうち18位に入り65万9730ドル (約7600万円) の賞金を獲得。
カジノブック:トレードとギャンブルに共通する要素とは

『ヘッジファンドマネージャー』デビッド・アインホーン

ポーカーのルール

本大会で採用されているのは最もメジャーな「テキサス・ホールデム」というゲーム(ルール)。

二枚の手札と5枚の場札(共通カード)を使って一番強い役を目指す。

役無し<ワンペア<ツーペア<スリーカード<ストレート(5枚連番)<フラッシュ(5枚とも同じマーク)<フルハウス(ワンペア+スリーカード)<ストレート・フラッシュ
の順に強い。

最初に敗退したのはヘッジファンドマネージャーのデビッド・アインホーン。

彼のハンド(手)を例にとりながら、ポーカーのルールを解説しよう。
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

まず全員に、自分だけが見ることのできる2枚の手札が配られるのだが・・・
手札を見る前に場の1人が20万円、隣のもうひとりが10万円のベットをさせられる。
これは時計回りで全員が順番にやらされる「強制ベット」だ。
もし強制ベットが無ければ、タダで一番強い手札である「AA」を待ち続けることができるわけで、
ゲームが成立しないのだ。
なのでほぼ全ての種類のポーカーにおいて強制ベットが存在する。
手札も見ないうちから20万円、10万円を賭けてるプレイヤーがいるので、そこそこのハンドでも参加できるようになるのだ。

プロのサム・トリケットに4♣5♣が配られた。
連番で同じマークとは言え小さい数字だ。普通は降りても良いぐらいの手札なのだが・・・
60万円に「レイズ」(賭け金を釣り上げること)してきた。
このトーナメントでは全員の持ちチップが1億円スタートと非常に多いので、おそらく投機的に仕掛けて行ったのだろう。
低確率だが、場札とガッチリ噛み合えば億という金を奪える可能性があるのだ。

J♠J♡を持っていたヘッジファンド・マネージャーのアインホーン氏はさらに170万円にレイズ。
他はみんな降りてプロが4♣5♣でコール(受ける)した。

この時点で場に入ったお金は強制ベットも含めて約380万円。

最初の3枚の場札が配られる

場札[2♡][J♣][6◇]
プロ[4♣][5♣] ヘッジファンド[J♠][J♡]

ビンゴ!ヘッジファンドは現時点で最強の手、スリーカードを引き当てた。
ヘッジファンドは湧き上がりそうな笑みをこらえながら250万円をベット。

プロの手札[4][5]は現時点で役なし。勝っている可能性はほぼゼロに等しい。
プロは次のカードで[3]を引けば「23456」のストレートになるが・・・
残りのカード45枚中、[3]は4枚。次で引ける確率はわずか9%だ。

受けるか、降りるか。あるいはブラフするか・・・。
普通は降りてもいいような場面だが、、プロはコール(受ける)。
もしストレートを作れた時にヘッジファンドから大きく稼げると読んだか、
あるいはとりあえず受けておいて後でブラフしようと思ったのだろうか。

そして、4枚めの場札が配られる。
既に場に入っているチップは880万円。

場札[2♡][J♣][6◇][3♠]
プロ[4♣][5♣] ヘッジファンド[J♠][J♡]

とんでもないカードが落ちた!プロがストレートを引いて大逆転・・・!
しかしまだ自分が勝っていると思っているヘッジファンドは580万円をベットっっ・・!
プロが即座に1580万円にレイズ(釣り上げ)た!
ヘッジファンドはさらに2580万円にレイズした!

プロは自分が勝っているのは分かっているが・・・数分考えてコールにとどめた。

そして5枚めの場札が配られる。
既に場に入っているチップは6040万円。

場札[2♡][J♣][6◇][3♠][Q♠]
プロ[4♣][5♣] ヘッジファンド[J♠][J♡]

自分が勝っていると「思っている」ヘッジファンドは2800万円をベット!
しかし、自分が勝っていると「知っている」プロは7000万円のオールイン!全額勝負!
ヘッジファンドは即コール!

そして二人の手札が開かれて、ヘッジファンドは悲しいニュースを聞くことになる。

大会が始まって1時間も経たずに敗退となった。。

こちらは日本でも少し前に話題になった本大会の動画。

2枚の手札が配られた時点で一番強いのは、そう、AAである。
これが来たらドキドキしたり微笑みがこぼれそうになるのを隠さなくてはならない。
ましてや参加費1億円の大会なら尚更である。

AA対AAは、大抵の場合引き分けに終わるが、今回は・・・

大会の賞金

賞金は以下のようになっている。
1位 15.3億
2位 8.3億
3位 4.5億
4位 2.8億
5位 2.0億
6位 1.7億
7位 1.4億
8位 1.3億
(9位以下はゼロ。参加者は42名)
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

尚、このイベントでは参加費の11.1%がチャリティーに寄付される。

ちなみにAA対AAで勝った学費ローンの社長は8位。
アマチュアの最高位は4位で2.8億円を獲得したリック・サロモン。
ちなみにサロモンはこの2日後に奥さんのパメラ・アンダーソンと離婚した。
離婚が数日遅かったせいで、賞金の半分は奥さんに渡ったものと思われる。

そして勝負は続き・・・!

最後に残った2人の名は『ダニエル・ネグラニュー』と『ダニエル・コールマン』!

1位15億!2位8億!その差7億を賭けて勝負する二人のプロは奇しくも同じ名前!
しかし辿ってきた人生は全く違う!

スーツのダニエル・ネグラニュー、両親はルーマニアからの移民。
四歳にして「僕はいつかお金持ちになってママに家を買ってあげる」と約束した。
学校に馴染めずに高校を中退。地元のカジノやア ングラでプレイするようになる。
22歳の時、ラスベガスでポーカープロを目指すも尾羽打ち枯らして故郷に帰る。
サブウェイでサンドイッチを作り資金を貯めなおす日々。しかし彼は諦めなかった。
その間もポーカーで栄光を掴む瞬間を想像しながら情熱を燃やし続け、再起を期した。

そして時は流れ、今ではプレイヤー・オブ・ザイヤーを二度も受賞したトッププロに・・・!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

ダニエル・ネグラニュー
ダニエル・コールマン

一方黒シャツのダニエル・コールマンは
23歳にして年収1億を超えた若きオンラインプロ!
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51868362.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライブのベテラン、ネグラニュー。
オンラインの雄、コールマン。

陽気な性格でテーブルではいつも会話に花が咲くネグラニュー。
オンラインポーカーのチャットで相手を挑発してわざとイラつかせるコールマン。

「ポーカーはいろんなものを与えてくれた」と言うネグラニュー。
「ポーカーに借りはない」と言い切るコールマン。

ポーカーを愛してやまないネグラニュー。
ポーカーを「黒いゲーム」と称するコールマン。

ポーカー界で1,2を争う人気者のネグラニュー。
メディアのインタビューを一切拒否したコールマン。

陽と陰!
ポーカーヒーローとダークヒーロー!

同じトッププロでありながら、全く違うキャラクターの二人が7億を賭けて対峙する!
本物のダニエルはどっちだ!

勝ったのは・・・・・・

勝ったのは黒い方のダニエル、コールマン。
優勝賞金15億円!
ちなみにコールマン、ここ半年で1億円クラスの賞金を計5回獲ってます。
まだ24歳なのに・・・

いつも通りにこやかにインタビューに応じるネグラニューさん。
2位でも8億円。

https://matome.naver.jp/odai/2141239049230624401
2014年10月05日