【豆知識】歯医者の保険診療と自費診療の違い

りゅちむら
歯医者では保険内診療と自費のものがあります。違いがよくわからない方が多いと思いますので、簡単に説明します。

歯医者の治療には保険内の治療と保険外治療がある。

保険内とは保険が効く治療のことをいうので、もちろん値段は安くなる。保険が効かないものは値段は高くなるが、保険内ではできない治療ができる。

じゃあ具体的にどう違うの?

一般的な歯科治療での範囲で教えよう。

・虫歯の治療

虫歯の治療をした後はなにかしらの補綴物を入れる。そこでの保険内と保険外の違いは・・・

保険内・・銀歯/白い樹脂
保険外・・セラミック/金歯
大まかにわけると、こう。

えっ保険内でも銀歯じゃなくて白くできるじゃーん。わーい。と、思ったあなた、注意です。保険内で使う白い樹脂はあまり強度がないので使える歯と虫歯の範囲が限られている。

たとえば噛み合わせに関係のない前歯とか、奥歯であれば真ん中の部分の範囲のみの虫歯になるので注意。

保険外治療について話していきます。

保険外(自費)の治療で使うセラミックはいわゆる白い補綴物。審美的に気になる人はこちらがオススメ。

画像はいわゆるオールセラミックというもの。金属を一切使用していないのでかなり綺麗。上手な技工士さんと先生のいる歯医者なら近くで見てもどれが補綴物かわからないほど。

ちなみに技工士さんに発注しないで、院内で作れるものもある。技工料がかからないのでその分安く作れる。そして早い。即日も可。ただこの機械を導入していない病院も多くあるので注意。

こちらがセラミックを作るセレックという機械。かなり高い値段なので導入していない所の方が多いかも。

こちらはメタルボンドというもの。表はセラミック、裏は金属でできてる。もちろん綺麗だが、裏が金属なのでオールセラミックに比べると審美性は劣る。また、歯茎に金属の色が移るので前歯に使うと将来的に歯茎が黒ずむ。

画像は金歯。今は前歯に使う人はあまり見なくなったが、奥歯に使う人はたまに見かける。審美性はあまり良くはないが、奥歯ならメタルボンドよりもオススメしたい。

・ホワイトニング

歯、そのものを白くする治療。ヤニとか茶渋・歯石など歯に付着してしまったものは保険内のクリーニングで取れるが、そうではなく歯を白くしたい人がする治療のこと。

医院によって値段の差はあれど、おそらくすることは似たようなかんじ。院内で一日で白くするものや、自宅で薬液を使ってするものがある。

・矯正

これはみなさんも思っている通り高額な治療。時間もかかる。下手くそな先生がやると本当にひどいので、きちんと下調べしてからいくことをオススメする。(全ての治療に言えることだが、なにせ金額が違うので・・・)

・インプラント

歯を抜いた後に入れる補綴物。麻酔してドリルで歯肉に穴を開けて、その穴の中に土台を埋めて、土台の上に被せモノを被せる。(かなり大雑把に説明)

歯茎に埋めるので、歯茎の状態が良いことが前提。(歯周病でないこと)インプラントをしたらそれで終わりではなく、人工のものとはいえ歯周病になるので必ずきちんとメインテナンスをすることが大切。

下のグレーのものが土台。上の物が被せモノ。手術は二回に分けて行われる。

保険内のもの・保険外のものそれぞれ長所短所はあるので先生とよく話し合おう

https://matome.naver.jp/odai/2141197424223147301
2014年09月29日