【全てを超えるゲーム】Destiny (ディスティニー)ハリウッド映画の予告?かっこいい実写ムービー

itokin333
ハリウッド映画の予告?っと思わせる動画がかっこいい実写ムービーゲームDestiny (ディスティニー)
http://www.youtube.com/watch?v=iastsi3CaYI
PlayStation®4/PlayStation®3専用アクションシューティン­グ『Destiny』2014年9月11日発売!

“ガーディアン”として地球最後の都市を守るために驚異的なパワ­­ーを操り、立ちはだかる敵と戦う。火星の赤い砂丘から、金星の生い茂るジャングルま­で、太陽系の古代遺跡を探索せよ。
地球の敵を倒せ。失った全てを取り戻せ。

Destiny (ディスティニー)のストーリー

http://www.youtube.com/watch?v=9l3KiHVcHzk
PlayStation 4/PlayStation 3専用アクションシューティング『Destiny』2014年9月11日発売予定!

“”ガーディアン””として地球最後の都市­を守るために驚異的なパワーを操り、立ちはだかる敵と戦う。火星の赤い砂丘から、金星­の生い茂るジャングルまで、太陽系の古代遺跡を探索せよ。
地球の敵を倒せ。失った全てを取り戻せ。

人類の黄金時代
STORY | Destiny | プレイステーション® オフィシャルサイト

トラベラーの出現によって全てが変わった。
はるか昔、それは新たな息吹を太陽系に吹き込んだ。
雨が火星を潤し、新鮮な空気が金星の地表を浄化した。

その後まもなく、人類は未知の領域へと突入し、
これらの新たに生まれ変わった世界をコロニー化していく。

それは奇跡の到来――偉大なる黄金時代だった。

暗黒に包まれた希望
STORY | Destiny | プレイステーション® オフィシャルサイト

それは長く続かなかった。
トラベラーには太古の敵がいた。
強大な力を持つ暗黒が地球の人類を見つけ、ほぼ壊滅へと追い込んだ。

その最後の瞬間に何が起こったのか、正確に知る者はいない。

しかし、これだけは確かだ。
我々は生き残り、その運命はトラベラーに託されている。

立ち上がる人類
STORY | Destiny | プレイステーション® オフィシャルサイト

暗黒の時代に、人類、エクソ、アウォークンは
トラベラーが最後の抵抗を見せ、地球のわずか上空で静止する場所を見つけた。

我々はトラベラーの力で守られたその地に最後の都市、
シティを築き、安全を守るために数え切れぬ戦いを続けてきた。

この暗黒時代の中で、ガーディアンは誕生した。

新たなフロンティア
STORY | Destiny | プレイステーション® オフィシャルサイト

新たな時代が始まった今、
古代の大きな謎を解き明かすことが人類の未来に残された唯一の希望だ。

あなたはトラベラーの驚くべき力を操る能力を持ち、
地球最後の安全な都市を守るガーディアンとなる。

そして、これは新たな時代の幕開けにすぎない。

長らく失われていた世界へとついに戻ったタイタン、ハンター、ウォーロックは知ることになる。

人類が唯一の存在ではないことに。

地球最後の安全な都市を守れ。
人類の敵を倒せ。太陽系に残された古代の遺跡を探索せよ。
失った全てを取り戻せ。

http://www.youtube.com/watch?v=ZgNM0wM7q8c
PlayStation 4/PlayStation 3専用アクションシューティング『Destiny』2014年9月11日発売予定!

“”ガーディアン””として地球最後の都市­を守るために驚異的なパワーを操り、立ちはだかる敵と戦う。火星の赤い砂丘から、金星­の生い茂るジャングルまで、太陽系の古代遺跡を探索せよ。
地球の敵を倒せ。失った全てを取り戻せ。

http://www.youtube.com/watch?v=cNzcy4udsvg
PlayStation 4/PlayStation 3専用アクションシューティング『Destiny』2014年9月11日発売予定!

“ガーディアン”として地球最後の都市を守るために驚異的なパワ­­ーを操り、立ちはだかる敵と戦う。火星の赤い砂丘から、金星の生い茂るジャングルま­で、太陽系の古代遺跡を探索せよ。
地球の敵を倒せ。失った全てを取り戻せ。

サイ 『Destiny(デスティニー)』を購入してくださった皆さんはもちろん、『Destiny(デスティニー)』に興味を持ってくださったユーザーさんに対して、お礼を伝えたいです。Bungie(バンジー)としては、日本のマーケットに対してこういった大きなスケールで入ってこれたのは過去にあまりなかったことなので、非常に喜ばしく思っています。今後もこのような日本との関係はずっと続けていきたいですし、我々は『Destiny(デスティニー)』をひとつの大きな冒険と捉えていますので、引き続き我々といっしょに、『Destiny(デスティニー)』という大きな冒険を楽しんでほしいと思います。

ディスティニーのたまになるこのバグ
もしかして俺だけなのか(´・ω・`)? pic.twitter.com/F2xZM5lOnN
https://matome.naver.jp/odai/2141050930240748301
2014年09月24日