【懐かしい】常磐線415系の画像&動画集

cyanmatsu.com
常磐線で運用されていた415系の画像&動画集です。簡単に説明も付けておきます。

常磐線の主力だった415系

常磐線の415系
415系電車は、国鉄が設計・製造した交直流両用近郊形電車。
国鉄分割民営化時には、JR東日本とJR九州に継承されたほか、JR東日本が製造発注した車両やJR西日本が113系から改造・編入した車両が存在する。
1971年から製造が開始された。主変圧器が商用周波数50/60Hz両用となったTM14形を搭載する三電源対応形で交流50Hz用401・403系交流60Hz用421・423系を統一したグループである。0・500・700・1500番台の番台区分がある。
クハ415-1901
常磐線での着席機会向上のため1991年に日本車輌製造で1両のみが試験的に製造された2階建て普通制御車。
他の1500番台車とは異なり室内側を化粧板仕上げとした客用扉が片側2か所のみでラッシュ時の乗降に時間を要する欠点から、基本的に停車駅の少ない通勤快速に限定して運用。
2005年7月9日運用から離脱、2006年3月11日付で廃車。同年6月12日から14日にかけて解体。
https://matome.naver.jp/odai/2141031402558977601
2016年02月12日