【危険!】デング熱で売れてる虫よけスプレーの成分がやばい

tokiharu8858

虫よけスプレーのほとんどの市販物に入っているディートという成分が子供に危険!!

虫よけスプレーに農薬と同じ成分が入っているの知っていましたか!?
●虫除けスプレーは使いすぎるとこんなに危険!
キャンプや夏祭り、花火大会などの外出時に、虫除けスプレーをシューシューと、子供や自分の肌に吹きかけていませんか?市販の虫除けスプレーは、超危険!!これらの主成分は「ディート」という、危険性の高い農薬。また発ガン性もあり、強い突然変異性(遺伝子を変化させてしまう性質)や遺伝毒性(遺伝子に障害を与える性質)を持っているのです。
虫除けスプレーは使いすぎるとこんなに危険! – るいネット

実は、多くの虫除け剤に配合されている「ディート」という成分は、国民生活センターによって、「ディートは一般的には毒性が低いとされているが、まれに体への影響があると報告されている」とされている成分で、使用の際には十分な注意が必要とされています。
子どもは特にキケン! 虫除けスプレーに配合される「ディート」に要注意 | パピマミ

殺虫剤や農薬ではないため人に対する毒性は低く安全とされています。しかし、大量に体に付けたり慢性的に使用すると体に害を及ぼすことがあります。
虫除けスプレーはディートで選ぶ | 0.5%ブログ

めろそあ@neririmelon

今夏前半、大量に虫よけスプレーをふりかけていた。しかーし、使っていたスプレーが医薬品に指定されていて、ディートという危険な物質が入っていることを知り休止。でも再開しよ…

美彩LOVE@withkitty

虫除けスプレーに含まれる『ディート』という成分はベトナム戦争で枯葉剤として使用された物質の一種で、使用を規制してる国もある危険物質であることは全く報道されてない

デング熱、公園ひっそり…虫よけスプレー品薄(読売新聞) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-…

副作用は??心配

ディート(ジエチルトルアミド)は安全であると一般に信じられているが、重度の神経障害や皮膚炎などを起こすことが知られている。
弱い発達遅滞のある5才の少年がディートを含む昆虫忌避剤をデイキャンプで使用した後、重度のけいれん発作を起こした。少年は救急部でけいれんを続け、ジアゼパムで治療を受けた。
他でも発作と脳症が報告されているが、ほとんどは女性であった。
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/archiv/pesticide/repellent/deet.htm

では蚊から身を守るのにはどうしたらいいの??

お子さんには、こんなハーブの虫よけがお勧めです

だいふくまりこ@MarikoOfuku

デング熱が話題だけど、虫よけスプレーやぶら下げ式の虫よけは、農薬を身体に塗ったり吸い込んでるのと一緒なんですって。だからハーブで作った虫よけスプレーに変えた方がいいそうです。
体に塗布する虫よけスプレーは、どの商品もディートという忌避剤を使っています。(まれにハーブなのどもプラス配合している物もありますが)一番効く物を使いたいという方は、『医薬品』と明記されている商品が良いでしょう。忌避剤の分量が普通の物よりも多く入っています。

蚊はラベンダーやゼラニウムなどのハーブの香りを嫌います。
ハーブの香りをお部屋に漂わせて蚊を寄せ付けなくします。
天然素材で防虫効果(手作りの虫除けスプレーの作り方)「重曹・クエン酸・お酢で掃除、洗濯 ピュアコンセプト」

大切なお子様にはぜひハーブで作った虫よけスプレーをお勧めします!!

https://matome.naver.jp/odai/2141026493220171001
2014年09月28日