【裏話】ドラゴンボール アニメオリジナルキャラクター(少年編)

v6000
悟空の少年時代にアニメオリジナルで登場したキャラが数多くいますがその中でも印象が強かったキャラを紹介します。

TVアニメは基本的には原作漫画をそのまま踏襲しているが、一部アニメのみのオリジナルエピソードや設定もある。これは、原作がまだ週刊連載中にアニメ化され、原作をそのままアニメにした場合、アニメ1話分には尺が足らず原作の連載にすぐに追いついてしまうことを防ぐため、アニメスタッフがオリジナルの話を入れて調節したためである。
ドラゴンボール (アニメ) – Wikipedia

フラッペ博士
初代第42話に登場。ジングル村のはずれに住む天才科学者。人嫌いで、気に入らない人物の訪問は追い返すこともあるが、スノは可愛がられている。レッドリボン軍に脅されて人造人間8号を製作した、アニメにおける8号の開発者。8号がレッドリボン軍が望む凶悪な性格ではない心優しい人造人間だったため、レッドリボン軍からは少々恨まれている模様。悟空、スノ、8号から、8号の体内にある爆弾の除去を頼まれ、8号が村で平和に暮らせるようにと爆弾を除去した。同時にドラゴンレーダーの修理も頼まれたが直せなかった。
ハスキー
初代第44話、45話に登場。金さえ払えば、盗みから殺しまでどんな任務も遂行する敏腕の女仕事人。悟空の持つドラゴンボールを奪うため、レッドリボン軍が雇った。占い師に化けてヤムチャに色仕掛けを行い、1度は悟空から預かっていたドラゴンボールを奪ったが、その後悟空に取り返される。この件でヤムチャはブルマに誤解され、レッドリボン軍本部突入時までもめていた。
金閣&銀閣

初代第79話に登場。

名前を呼ばれても返事をしなかったものを、
吸い込んで酒に変えてしまう不思議な瓢箪を持ち、
それを脅しにしてチャオの住む村を好き放題に荒らしていた。

金角(画像左)が兄・銀角(画像右)が弟であり、銀角は兄には頭があがらない。

その後、悟空の活躍で瓢箪は村人の手に渡り、
それまで村から奪った分を取り戻させるべく
2人とも村人達にこき使われている。

シュラ
初代第81話に登場。魔界に住む魔人の武道家。呪いがかけられた剣によって、毎晩人間界と魔界を行き来し、ミーサ姫をさらうなど、魔界の掟を混乱させていた。占いババの宮殿における、孫悟飯戦後の悟空でも苦戦を強いられるほどの実力を持つ。悟空のかめはめ波で目が眩み、メラの邪魔を受け敗北。
イノシカチョウ
初代第82話に登場。名前の通り猪の体に鹿のような角と蝶のような羽が生えた怪獣。鉄砲などの銃で撃たれても傷を負うことがない屈強な体を持ち、色々な村に出現しては暴れて村を目茶目茶に荒らし、その度に天津飯と餃子に退治されていた。このことは実は申し合わせであり、2人はイノシカチョウをわざと暴れさせては捕まえ、用心棒代を騙し取っていたのだった(アニメにおいては、第22回天下一武道会ではなくこの話が2人の初登場となる)。
その後、見限った天津飯に火であぶられるが悟空に救出される。
コンキチ
初代第83話に登場。悟空がヤッホイで出会った狐の少年。金銭問題で絡まれていたところを悟空に助けられ、悟空を「アニキ」と呼び何かお返しをしようと付きまとっていた。実はコソドロであり、天下一武道会に出場するという悟空のために飛行機のチケットを盗んだが、占いババに正体を気付かれることとなる。根は良い性格で、特に子どもの扱いは上手い。
亀仙人(18歳)
初代第129話に登場。神様の修行の一環としてタイムスリップした悟空が、若き日の18歳の亀仙人に出会う。
アンニン
初代第152話、153話(最終話)に登場。「太上老君」とも呼ばれ、あの世とこの世の境目である五行山に置かれた八卦炉の管理者。八卦炉の火を消してしまうと、この世とあの世がごちゃ混ぜになり地獄の鬼どもが暴れまわることになるため、数万年に渡り八卦炉を管理している。
孫悟飯 (孫悟空の育ての親)が八卦炉の守衛のアルバイトを務めており、悟飯のことをちゃん付けで呼ぶ。
【おまけ】
最終回でウエディングドレスとスーツを着ている悟空とチチ。
https://matome.naver.jp/odai/2140949600325657801
2015年01月09日