【大体鳳先輩】さばげぶっ! 名言

名言大好き
アニメ化もしている漫画「さばげぶっ!」の名言です。
『さばげぶっ!』は、松本ひで吉による日本の漫画作品。

梧桐(あおぎり)学園高校に転校した女子高校生・園川モモカはその初日、電車内で痴漢行為を働こうとした男に絡まれるが、同じ高校の先輩・鳳美煌に助けられる。実は彼女は「さばげ部」というサバイバルゲームの部活の部長で、モモカを大変気に入って無理やり部に加入させた。

かくして、モモカはサバイバルゲームに明け暮れる日々を送ることになる、かと思いきや、実際には、サバイバルゲームそっちのけでバカなことをやらかすさばげ部の面々に振り回されるのだった。

鳳美煌の名言

さばげ部部長。変人ではあるが超美人で、女子生徒達の憧れの的。本人もそのことを自覚している。電車の中で痴漢に遭っていた転校初日のモモカを助けるが、その際に使用したエアガン[注 3]を見咎められ、「車内で物騒なものを振り回す不審者」として駅員に拘束される。

「おい!全員浮き足だつんじゃない。軽率な行動は自滅の元だぞ。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「むれになってコイツをおとしめることでキミたちは安心できたか?それで一瞬でも自分が強くなったように感じられたか?」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「ゆずれないものがあるなら、自分の足で立ち、自分の手で戦え!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「いいか、戦場を甘くみるな。一時の迷いが命とりになるぞ!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「できなくてもやってみる。その気持ちが大切なんだ!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「つまり・・・数々の試練にもまれ、けずられ、すり減って、そうして美しくなった弾のこと・・・それが『BB』(ビューティフルボール)の意味なのだ。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「いつもどおりだ、園川、自分を信じろ!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「愛だよ・・・愛さえあればいい。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「このさき、本格的にサバゲをはじめれば卑怯な敵もいる。手詰まりであきらめそうになることもあるだろう。そんな時はどんな手を使ってもかまわん。ただ、あきらめてしまったらそこで負けだ。視野をひろげればかならず活路はある!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「近づいたとき動揺しない平常心。長丁場のゲームにたえうるだけの不動心。メンタル強化はサバゲにおいて重要なファクターなのだぞ!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「苦手なものから撤退せず、あえてクリアしていこうとするその姿勢!これぞまさにサバイバル精神!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「仲間を売って生きのびるくらいなら、我々は命尽きるまで戦う‼︎」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「運命だと?わるいな。そんなものは、わたしが決める‼︎」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

園川モモカの名言

本作の主人公。梧桐学園高校に転向してきた少女。一人称は「わたし」、美煌のことを「部長」、麻耶のことを「麻耶さん」、うららのことを「うらら」、かよのことを「豪徳寺さん」、からあげ☆レモンのことを「レモン」と呼ぶようになる。
表向きは良い子だが内面はかなりの毒舌家

「転校。おおげさにいえばそれは新しい人生の始まり。わたしは新しい制服に、新しい電車。そして、新しい経験、チカンにあってます。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「戦場で甘えは命とり。どんな敵でも全力でアタックしなくちゃ!」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「発見おめでとう、真の宝は、キミのとなりにある笑顔だよ。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「人のせい。人のため。そんな生き方もったいなーい‼︎」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

春日野うららの名言

一見、おっとりとしたお嬢様タイプの少女だが、激昂すると口調もドスの利いた荒いものになる。美煌には及ばないもののそこそこ裕福な家庭に住んでいるが、昔はかなり貧乏であった(いわゆる成金)。美煌の幼馴染で、彼女を慕うあまり幼少の頃より美煌に近寄る者をことごとく排除しており、さばげ部の部員が増えない一因となっている。

「いいですこと?MAJIでKOIするOTOMEはいつだってKAWAIKU☆してなきゃダメですのよ。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

「いいじゃないですの!うらぎられたって。そりゃストレートに気持ちを伝えたら傷つくこともありますわ!けど、すくなくとも自分をキライにならないですむ。自分の気持ちにウソついて生きるほうがよっぽどイヤだと思いません?」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

豪徳寺かよの名言

さばげ部事務会見担当。サバイバルゲームには興味を持たず、コスプレ趣味なオタク少女。無口ではあるが毒舌。モモカとはクラスメイトだが、授業中でも赤い雪男のコスプレ(さばげ部員からは身を隠すギリースーツと認識されている)をしていたため、気づいたのは入部後だった。IQ160の天才で、成績は常に学年トップ。

「多少のすれ違い、語り合えばわかりあえるもの。にくしみはにくしみしかうまないんだ。」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

石動やよいの名言

容姿端麗な梧桐学園高校生徒会長。学年については明らかになっていない。一人称は「わたし」。生徒会総選挙の際、立候補もしていない美煌に大差で敗れた末に会長になったという経緯から彼女をライバル視している。かなりの不運の持ち主で、状況はいつも望まぬ方向へと流れていく。

「ああ・・・そうか・・・運命なんて関係ないんだ。大切なのはあがく力・・・わたしになくてあなたにあるもの。そう・・・人生を切り開く力・・・‼︎」
TVアニメ「さばげぶっ!」公式サイト

https://matome.naver.jp/odai/2140903914070409601
2014年09月04日