【チャゲアス】動画で振り返るCHAGE and ASKA【祝・35周年】

sakura-maico
2014年8月25日はCHAGE and ASKAデビュー35周年記念日。ASKAさんが大変なときではありますが、これまでの名曲を動画で振り返ってみたいと思います。
CHAGE and ASKA
CHAGE and ASKA(チャゲ アンド アスカ)は、CHAGEとASKA2人のシンガーソングライターによる音楽デュオ。通称: チャゲアス。略表記: C&A。
2009年1月、無期限活動休止を宣言した。

1979年8月25日「ひとり咲き」でデビュー。

九州から大型台風上陸!熱い喉が衝き叫ぶ!」というキャッチコピーで、彼らのデビュー曲「ひとり咲き」は8月25日に発売された。
ひとり咲き – Wikipedia


「流恋情歌」はデビューのきっかけになったポ第16回ヤマハポピュラーソングコンテスト「つま恋本選会」で入賞を獲得した曲。

『万里の河』(ばんりのかわ)はCHAGE and ASKA(チャゲ&飛鳥)の3枚目のシングル。1980年9月25日発売。
万里の河 – Wikipedia

『万里の河』はチャゲ&飛鳥にとって初めてトップ10入りしたヒット曲。オリコン最高位6位、累計売上枚数は約53万枚に上った。
前作「流恋情歌」がヒットしなかった事もあり、飛鳥涼はヒットを狙い、楽曲の良し悪しよりもインパクトにこだわったと言う。
万里の河 – Wikipedia

『男と女』(おとことおんな)はCHAGE and ASKA(チャゲ&飛鳥)の5枚目のシングル。1981年10月25日に発売された。
万里の河 – Wikipedia

「男と女」は、飛鳥涼が「あったかい曲を作りたい」という思いで作った。プロデューサーには何度も歌詞の書き直しを要求され、やり直しの末に完成したという。
男と女 (CHAGE and ASKAの曲) – Wikipedia

1986年 「モーニングムーン」がスマッシュヒット

1989年、デビュー10周年。シングル「WALK」「LOVE SONG」をリリース。

1989年~1991年、少しずつチャゲアス旋風が起こり始めていく。

1991年「太陽と埃の中で」がロングセールスを記録


追い駆けて 追い駆けても つかめないものばかりさ
愛して 愛しても 近づく程見えない

1991年「SAY YES」が、デビュー12年目で初のシングルチャート1位を獲得!

フジテレビ系ドラマ『101回目のプロポーズ』の主題歌となったシングル「SAY YES」が、デビュー12年目で初のシングルチャート1位を獲得。大ヒットシングルとなり、オリコンシングルチャート13週連続1位、累計売上枚数が約282万枚となる記録を樹立する。
CHAGE and ASKA – Wikipedia


イントロから終わりまですべてサビのような曲。

1993年「YAH YAH YAH」がまたも200万枚を超える大ヒット!

1993年 – フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』の主題歌となったシングル「YAH YAH YAH/夢の番人」が、またも200万枚を超える大ヒットを記録[5]。オリコン年間シングルチャート1位を獲得する。また、第7回日本ゴールドディスク大賞を2年連続で受賞する。
CHAGE and ASKA – Wikipedia


カラオケで盛り上がること間違いなしの曲。

1994年デビュー15周年。日本だけでなくアジアでも活動し、アジアのチャゲアスに。

初のアジアツアー『ASIAN TOUR 1994』を行ない、日本のツアーの延長として今まで誰も果たせなかった大規模なステージセットでの公演となり、香港・シンガポール・台湾で合計6万人を動員、現地のメディアに大きく取り上げられた。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

12月にはハリウッド映画『Street Fighter』が全米公開され、エンディングテーマに全英語詞の楽曲「Something There」が起用される。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

1999年デビュー20周年。ソロ活動を経てCHAGE and ASKA再始動。

1999年大晦日には故郷福岡で初のドーム公演にして初のカウントダウン・ライブ『千年夜一夜ライブ 〜福岡ドーム 僕らがホーム〜』を開催。ファンとともにミレニアムイヤーを迎えた。また、このライブの模様はディレクTVを通じて全世界に衛星生中継された。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

2000年4月「日韓親善大使」に任命される。

2000年8月、韓国の第3次日本文化開放に伴い、ソウルの蚕室体操競技場で日本人アーティスト初の大規模公演を2日間行う。
CHAGE and ASKA – Wikipedia


初の韓国でのライブに感極まって歌えなくなるASKA。翌日の新聞では「涙の熱唱」などと報じられた。

2001年-2003年、ライブを中心に活動

2004年デビュー25周年!

彼らが1981年に行った全国ツアーをモチーフとした『CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special チャゲ&飛鳥 熱風コンサート』を東京・お台場野外特設会場にて行う。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

コンサートツアー『CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five』を行う。
CHAGE and ASKA – Wikipedia


理屈なしでカッコイイ・・・

2007年待望の新曲リリース。約5年ぶりのオリジナルアルバムも!

2009年デビュー30周年。無期限活動休止を発表。

1月30日、ソロ活動を充実させるべく、CHAGE and ASKAとしての活動を無期限休止にすることを正式発表した。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

無期限活動休止以降

2013年 – 1月25日、公式サイトにて活動再開することを一旦発表、当初同年8月末に国立代々木第一体育館において、復活スペシャルライブを開催する予定を組んでいた。だが同年6月11日、公式サイトでASKAに一過性脳虚血症の疑いがあり、静養が必要と診断されたため、スペシャルライブを延期。しかし同年12月12日、会報誌で開催の目処が全く立たない状況のため、復活ライブを完全中止する事を発表した。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

2014年 – 5月17日、ASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。5月19日、今回の逮捕に伴い、ASKA、CHAGE and ASKAの音楽・映像および関連商品の販売中止・回収と、全楽曲・映像のデジタル配信停止が発表された。
CHAGE and ASKA – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=kD9WxnmB1LU
2014年8月、デビュー35周年。
またいつか歌声が聴けることを願って・・・
https://matome.naver.jp/odai/2140880884597217101
2014年08月24日