【2014年版】最新iPhone楽器アプリ

kaizin
音楽ツールとしても魅力的なiphone。Looptical、ThumbJam、Cubase iC Pro、iVOCALOIDなど現在流行の楽器アプリを集めてみました。

ThumbJam

各音色のクオリティーは高いです。ピアノやオルガンはもとより、Strings(ヴァイオリン、ヴィオラなど)系とWoodwind(管楽器)系のリアルさは延々と弾いていたくなるほど。素晴らしいの一言に尽きます。数の面でも充実しているシンセ系の音の図太さは、ラウドなバンドサウンドの中でも負けない存在感を発揮できそうです。

私が大好きなバンド、Dream TheaterのキーボーディストであるJohdan Rudess氏が制作に関わった音色などもあり、個人的にはそれだけでもたまらない魅力として映ります。
ASCII.jp:鍵盤のないシンセ、ThumbJamの音色が素晴らしすぎる! (1/2)|スマホで始める「音楽アプリ部」

iKaossilator

ぐりぐりとパッドをなぞって音を出すのですが、パッドの横軸で音程を操作できるため意識的にフレーズを作ることもできますし、適当になぞって偶然の産物に期待するのもありです。なぞった時にパッドがポワッと色付きで光る派手な表現も、演奏していて何とも気持ちいいものです。
ライブパフォーマンス向きと思われがちですが、打ち込みDTM用としての実用性もとても高いです。スケール設定可能なのでフレーズも作り易いし、スケールの種類も基本的なところはもちろんワールドミュージック系まで揃っています。
【アプリ紹介】DTM界きっての実用オモチャiKaossilator – iPhone/iPadのDTM初心者向けアプリ紹介・使い方紹介

Figure

Figureという簡単にビートを刻む事ができるアプリを紹介します。このアプリは、Propellerhead Softwareという会社が配信しているアプリケーションで、iPhoneとiPadで操作することができます。両者でのインターフェースに大きな違いはなく、iPhoneでもiPadでも同じようにプレイする事ができます。このアプリの良いところは、とにかく直感的であり、お洒落であるところです。
Figure:簡単にビートを作って刻める、新感覚のリズムアプリ♪・♪・♪ | iPhone/iPadアプリ Applision(アプリジョン)

Looptical

MIDIシーケンサーやFXも付いている
MIDIでエクスポートもできるし オーディオパラでエクスポート可能
スケール指定や移調も可能

エフェクト類もたっぷり
リミッター、コンプレッサー、リバーブ、ゲイン、オーバードライブ
、BITCRUSH、コンプレッサー、EQ、フィルター、コーラス、フェイザー、トランスゲート、ディレイ

さらにaudiobus、Inter-App Audio(iOS7のみ)経由で録音が可能!!
新しく登場した「Looptical」が音楽アプリの最強になるかもしれない | OTTtaka

DAW (Digital Audio Workstation) アプリ

DAW はDigital Audio Workstationの略で、デジタルで音声の録音、編集、ミキシングなど一連の作業が出来るシステムの呼称ですが、それがソフトになっているのがDAWソフトというわけです。プロ・アマ問わず現代の音楽制作における中心的な存在となっています。

現在はMIDI(音楽のデータの一種)の「打ち込み」や、オーディオの録音編集等、楽曲制作で基本となる行程を行うソフトの総称です。
音楽制作のすゝめ 002 DTM(DAW)ソフト選び | Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト

BeatMaker2は、iPhone初の本格的DAW(統合音楽制作環境)アプリとして人気を博したBeatMakerのバージョンアップ版であり、サンプルベースでの楽曲制作には非常に強力なアプリです。かつDTM初心者にも優しいiPhoneDTMの代表格アプリですね。
【BeatMaker2で疑似リミックス編】第1回:BeatMaker2って楽しい! – iPhone/iPadのDTM初心者向けアプリ紹介・使い方紹介

nanostudioは、まだiPadが登場しておらずiPhoneとiPodのみだった時期から存在する、BeatMaker2と並ぶ代表的DAWアプリのひとつであり、完成度の高さから現在でもそのポジションを保っています。Edenというシンセサイザーを内蔵していることが大きな特徴のひとつです。iOSアプリの中でも、まともなシンセ内蔵で十分なシーケンサー機能を持っているアプリは数少なく、nanostudioはバランスのよいDTMアプリと言えます。
【nanostudioでエレクトロニカ編】第1回:nanostudioはシンセ内蔵の便利DAW – iPhone/iPadのDTM初心者向けアプリ紹介・使い方紹介

Cubase iC Proは、iPhoneやiPad上にCubaseの情報を表示し、操作を可能とするリモートコントローラー。最大4台のデバイスからCubaseにアクセスし、各々が自分用のモニターミックスをすることも可能。
iPhone/iPadで Cubase を本気でリモートコントロールできるアプリ「Cubase iC Pro」登場! | DTMニュース.jp

AudioBusとは、AudioBus対応のDTMアプリを「INPUT」「EFFECTS」「OUTPUT」の3つのセクションに配置でき、Inputアプリから出した音(シーケンサーで組んだフレーズの再生や、楽器アプリでの演奏)が、Effectsアプリを経由することでエフェクトを掛けられ、最終的にOUTPUTアプリで録音が出来るというものです。
【DTMアプリ間の連携編】第8回:AudioBusでリアルタイム連携 – iPhone/iPadのDTM初心者向けアプリ紹介・使い方紹介

ボカロ

楽器アプリ紹介サイト

https://matome.naver.jp/odai/2140871290020799901
2014年08月23日