ナイナイのANN終了!ラジオ業界の厳しい現状と今後

metalStone

「ナインティナインのオールナイトニッポン」が20年超の歴史に幕!

「ナインティナイン」がパーソナリティーを務めるラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」が、9月25日の生放送をもって終了することが明らかになった。
ナインティナイン:オールナイトニッポン9月終了へ 20年の歴史に幕 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

エンディングで矢部浩之(42)が「突然ですけれども、大変重要なお知らせがあります」と切り出し「ボケでもふざけてることもありません」と伝えた上で、9月いっぱいでの終了を伝えると、岡村隆史(44)も「寝かかっている人もびっくりしたかもしれない」と続けた。
ナイナイANN終了を発表 9月いっぱい…歴代最長20年半の歴史に幕 — スポニチ Sponichi Annex 芸能

ナインティナインはオールナイトニッポンのパーソナリティーの最長記録を更新、今年6月20日には放送1000回に達していた。
「ナイナイ」オールナイトニッポン、終了へ : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

予定通りに行けば9月25日、放送1013回でその歴史に幕を下ろす。
ナインティナインのオールナイトニッポン終了 – お笑いナタリー

ラジオを取り巻く業界全体の景況が悪化している

NHK放送文化研究所が3年前に実施した国民生活時間調査では、16~19歳で1日(平日)にラジオを15分以上聴く人の割合は0%。
朝日新聞デジタル:中高生、ラジオ聴こう パーソナリティーが校内放送に – カルチャー

比較できる資料が残る1970年以降では、最も高かった75年の約40%をピークに減少している。

特に都市部に高層建築が増えたことでラジオ受信が困難な環境が増えたこと、また若年層がラジオ以外のメディアを視聴する時間が増えたことなどが、理由として挙げられる。
“ラジオ離れ”に歯止めはかかるか?パソコンで地上波ラジオが聴ける「radiko.jp」|デジトレwatch|ダイヤモンド・オンライン

若者の娯楽が多様化する中で、ラジオを聴く機会はどんどん少なくなった。ラジオの面白さ、魅力に触れることはなくなり、ラジオそのものがいつの間にか消えたのだ。
若者がラジオを聴かない−北海道新聞[現代かわら版]

広告収入も右肩下がりとなっている

収入面でみると、AMが1990年、FMは97年をピークにそれぞれ減少傾向となっている。ラジオ全体の広告収入では2001年から12年連続で前年割れが続いている。
FM活用で一時しのぎに走ったAMラジオ – WEBRONZA+社会・メディア – WEBマガジン – 朝日新聞社(Astand)

日本民間放送連盟によると、テレビとの兼営を除く単独経営のAM局(短波を含む)14社とFM局52社を合わせた66社の広告収入は2012年度に、03年度と比べて38.7%減の839億円にまで落ち込んでいる。
ラジオ聴取者離れ……強まる危機感 (2/4) – ITmedia ニュース

若年層を引き付けた深夜放送の人気が薄れるとともに、民放ラジオ局の広告収入は右肩下がりとなり、減少に歯止めがかからない。
厳しいラジオ局経営 (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース BUSINESS

一方、radikoのユーザー数は上がっている

ネットを経由してスマホやパソコンでラジオ放送を楽しめる「ラジコ(radiko)」は、活路の一つになりつつある。
厳しいラジオ局経営、復活へ試行錯誤 聴取者離れ……強まる危機感 (3/4) – ITmedia ニュース

「radiko.jp」の4月の月間ユニークユーザー数が1046万人となり、2010年3月15日のサービス開始以来、2年余りで 1000万人を突破したと発表した。
radiko、「radiko.jp」の月間ユニークユーザー数が1000万人突破と発表 – MdN Design Interactive – Webデザインとグラフィックの総合情報サイト

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』のプレミアム登録会員数が、4月1日のサービス開始以降、7月11日までの約3ヶ月間で10万人に到達したと発表した。
エリアフリー聴取可能な「radiko.jpプレミアム」の会員数が10万人を突破 – Phile-web

10万人到達の要因について、「“配信エリアの枠を超えてラジオが聴きたい”というユーザーの需要が予想以上に大きかったため」と分析。
radiko.jp、地域制限無く全国のラジオが聴けるプレミアム会員が10万人到達 – AV Watch

「これまで聴けなかったタレントの番組が聴けて毎週楽しみ」などの声が寄せられているという。

radiko.jpのアプリ画面上から各種SNSへのアクセスが容易であることから、パーソナリティとユーザーだけでなくユーザー同士のコミュニケーションが生まれ、ユーザーの聴取スタイルが、「聴くradiko.jp」から、「参加して、楽しむradiko.jp」に変容しつつあると指摘した。
ニュース – radiko.jpの4月の月間ユニークユーザー数が1000万人突破、開始から2年余りで:ITpro

ネットの反応

I am Tomo@tomo_iubi

ラジオって、パーソナリティとリスナーの距離感が近いから好き。
ナイナイのオールナイトだけは終わらないものだと思っていたのに。。。

豆腐小僧@Not_Waving

ナイナイのANN終わるのか。昔は毎週録音して聴いてたな。ナイナイはテレビよりラジオの方が面白かった。まぁ彼らももう若くないし深夜ラジオは体力的にもキツいのかもね。長年お疲れ様でした。

yyy.sss@kytys23

ここ数年でラジオの面白さに気づいた身としては何か思いを言えるほどではないんやけれども、やはり終わってしまうのは寂しい。遅ればせながらもラジオの魅力に気づいたのはナイナイのラジオやったし、それがなくなるってのはちょっとね。

のぞみ@no_no_non

ナイナイのANN終わるってなって残念だし悲しい気持ちもあるんだけど、ちょっと面白くなくなってきたなと自分が他のラジオに移ったのも事実だからなぁ。ネットニュースとかで言葉尻を捕らえられたり変な批判も増えてきたし潮時なんやろか。そういうのやられたらラジオはきついよなぁ。

のてい@notei

「ナイナイのANN」を筆頭に、深夜ラジオって人生を豊かにしてくれるモノというよりも、人生を踏み外しそうになったときに手を差し伸べてくれるモノ、という感覚がどうしても強くて。あくまで自分にとっては。で、それは何の役にも立たないくだらない会話だったりするわけで。

NoDepiNoHepi@NoDepiNoHepii

ナイナイのラジオも…ファンに惜しまれつつ終わる「長寿番組」たち: ナイナイのオールナイト、からくりテレビ。他にも、いいとも、リンカーン、ピカル。日本のバラエティ番組が、どんどん終わりすぎじゃない? bit.ly/1s9zcJI
https://matome.naver.jp/odai/2140870235911994101
2014年08月22日