コスパ最強!おすすめイヤホン100円〜【価格別】

dive_198
長所と短所のレビューをそれぞれまとめました。価格は公式サイトからなので、Amazonなどで買えばもっと安く買えると思います。

100円台

丸七 / XYY-16
¥100+税

得意:低音
音の傾向:ややドンシャリ

100円イヤホンに限定すると、最も評判の良い商品

<長所>
◆低音域は厚みと量共に不足感無く、締まりのある傾向の低音を出す
◆イコライジングしても音割れは感じない

<短所>
◆高音域は低音域と比べれば存在感が薄めでやや物足りない印象
◆アタリ、ハズレがある

~1000円台

Panasonic / RP-HJE150
¥933+税

得意:低音
音の傾向:フラット

<長所>
◆不自然に強調した感じはなく、迫力が増す帯域をグッと押し上げた感じの低音
◆中音域のクリア感、聴きやすさは金額以上

<短所>
◆全域に微妙に薄い膜がかかっている感じ
◆小さな音の輪郭はぼやけている印象

Pioneer / SE-CE521
¥1,600(税込 2011年)

音の傾向:ややドンシャリ

<長所>
◆原音の粗や生っぽさを感じ、原音忠実性はある程度良い
◆弦楽器は相応に繊細かつ心地よく、金管楽器も中々鮮やかで、打ち込み系の音の表現もそれなり

<短所>
◆高域やヴォーカルのサ行などやや細く刺さると感じることはある

〜3000円台

audio-technica / ATH-CK330M
オープン価格

音の傾向:フラット

<長所>
◆低音から高音までバランスが良くて聴きやすい音

<短所>
◆特徴がない

<長所>
◆高音域は綺麗で目立つ
◆高音域はそれなりの鮮やかさが有り、厚さがある

<短所>
◆帯域バランスが少し独特で、中音域が全体的にかなりスカスカ

Final audio design / PIANO FORTE II FI-DC1550M1
¥3,780(税込)

音の傾向:やや高域

<長所>
◆印象に残る“開放感”
◆低域が誇張されていないため、ヴォーカルやギターの輪郭描写が細かい

<短所>
◆密閉度が少ないため、カナル型と比べると低音の厚み、量感は薄い
◆高域の抜けが今ひとつ

〜5000円

SONY / XBA-C10
¥4,130 +税

得意:高音域
音の傾向:比較的フラット

<長所>
◆ボーカルとの調和がとれていて聞いていて非常に心地よい中音域
◆のびやかで透明、クリアで明瞭、突き抜け感もある高音

<短所>
◆低音がよわい

〜10000円

ZERO AUDIO / ZH-BX500
得意:中高音
音の傾向:フラット

<長所>
◆一つ一つの音がクッキリと聴こえ、特にアコースティック楽器の粒立ちがとても良い
◆周波数特性も広くメリハリを感じさせるほぼフラット

<短所>
◆繊細な音を出す反面、全体的な迫力に欠ける

Etymotic / Research mc5
得意:高音
音の傾向:高音重視でフラット

<長所>
◆クセがあまりない音ので、イコライザーで好みに合うようにいじり易い
◆高域寄りの綺麗な音
特にボーカルで重要な、低音~4kHzまでの山谷が比較的少ないためか、自然で明瞭に感じる点は美点

<短所>
◆“Ety”としては低音が比較的出るが、イヤホン全体の中では低音は薄い部類

10000円〜

SHURE / SE215SPE-A
オープン価格

音の傾向:低音が少し強めの弱ドンシャリ

<長所>
◆厚みもあり、なおかつ質もよく、そして量も適量なまさにパーフェクトな低音
◆中音域から高音域にかけてはストレートで伸びのある音

<短所>
◆中音域が低音に押されて全体的にボヤけ気味

https://matome.naver.jp/odai/2140853346774213101
2017年02月14日