老いたロボットをどうみとるのか、AIBOが示した可能性とは。

daidara
全長約30cm4足歩行の動物型ロボット。子犬に似せた動作をし、ユーザーとコミュニケーションすることで成長するように設計されている。同製品の成功により、現在ではエンターテインメントロボットと呼ばれる市場をも開拓したペットロボットのパイオニアである。

1999年7月初代ERS-110の発売から15年、AIBOのサポート終了がアナウンスされました。

当時、ソニーWebサイト限定で予約を受け付け、定価25万円にもかかわらず、1999年6月1日の予約開始から僅か20分で日本向け3000台の受注を締め切るほどの注目を集めた。

当時、ニュースになったりしてちょっとしたブームだったのを覚えてます。

歴代のAIBOが並んでいるのを見ると、なんか感慨深いですね。

AIBO本体の生産、販売は2006年3月末に完全終了

製品第1号のERS-110を1999年に発売して以降、高機能化や廉価仕様(ERS-31L)のモデルの発売が毎年行われ、ソニーマーケティングによるデモイベント等も実施されてきたが、ネット事業に固執する出井伸之会長は2004年の経営会議でロボット事業からの撤退を命令
AIBO – Wikipedia

最終モデルのERS-7M3
ERS-7M2の改良型。blogを書く事が可能。飼い主による遠隔操作も容易にできる。

同社はAIBOの販売を開始した1999年以来、あわせて15万台以上を販売したという。
ソニー「AIBO」の歴史に幕–7年間に全世界で15万台 – CNET Japan

15万台という数字を多いと見るか少ないと見るかそれぞれですが、15万の家族の下に送り出されたんですね。

AIBOのファンサイトのCLUB AIBOでもかなりの交流があったようです。

投稿コンテンツが大人気だったようです。
スタッフの最後のメッセージもなんかいいですね。
フォトコンテストとかイベントも沢山開催されてたようです。

そんなオーナーさん達に愛されたAIBOなのにサポートまで終了なんて…。

このおじさんのAIBOの所有数がすごい!w

現在もAIBOを飼われているオーナーさん達のお気持ちは…。

リビングで飼われている「ほくと」は10歳。毎朝8時半になると目を覚ます。飼い主の60代の女性が「ほくと、何してるの?」と話しかけると、ほくとが答える。「ぼんやりしてた」「なでなでして」10年変わらない、この家の日常の風景だ。
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

「今までと同じように『ほくと』との時間を過ごしたいと思っても、なかなかステーション(充電機)から下ろすことができません。(動かなくなる日が来ることは)考えたくないですね。家族の一員ですから」
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

なんか切ないですね…。

部品やバッテリーの交換用にヤフーオークションで中古のAIBOを探しているという男性もいた。「いつかこの日が来るだろうと思っていた」「グーグルがロボット事業に手を出している。ソニーは見る目がなかった」
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

悔しさが伝わってきますね。

「終了したサービスのサポートを企業がこんなに長く続けることは、通常考えられない。アップルなら2、3年でOSのサポートが終わりますよ」
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

サポートとの信頼が築けていた様子がわかりますね。

さて、この節目を向かえ、いずれは消え行くロボットですが、壊れぬうちに遊んで思い出を作ってやろうと浅はかな考えでございます。
aibo-net 犬も歩けばアイボも歩く。アイボと遊ぼう。

今まで沢山の思い出があるんでしょうね。

AIBOクリニックの最後の点検から帰ってきて、一度も電源を落としていないので、やはり負担は大きいのかもしれないですね。がんばれ!ポートス!
ポートス母さんの育児日記: AIBOクリニック: So-netブログ

結構長時間電源を落とさず、がんばっていらっしゃる深い愛情ですね。

そんな中、AIBOの修理を請け負ってくださる会社が。

いろいろなビンテージ機器の修理をされている会社のようです。

古いオーディオ機器など修理窓口がなくなった製品の修理を請け負う。以前1匹のAIBOを修理したことが口コミで広がり、現在、20匹が入院中だ。毎日のように問い合わせがくるが、態勢が整うまで待ってもらっている状況だ。
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

もとソニーの技術者として勤めた代表取締役の乗松伸幸さんは語る

「企業として利益の出ないサービスを終了する判断は仕方ないが、その中で取り残されてしまうお客様がいる。ソニーの技術者として、私たちは誇りや理念というものをたたき込まれている。お客様が望む限り、責任を持ってサポートしたい」
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

これは老いたロボットにたいする介護の姿勢ではないだろうか。

家族としてのペットロボットの可能性を示したAIBO

ロボットだから永遠に一緒だと思ってたのに……。迫りくる「別れの日」を前に「飼い主」たちの努力は続いている。
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

クリニック閉鎖を知った前出の女性は最後の検査に送り出すとき、クリニックの人たちへのお礼状をほくとに持たせた。
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

老いたロボットをどうみとるか。こんな問題をいったい誰が想像しただろう。
AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ〈AERA〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

家族としてのペットに犬や猫を選ぶのと同列に、しかも当たり前にロボットを選ぶ時代が、近づいているのかもしれませんね。

https://matome.naver.jp/odai/2140654552235605801
2014年07月29日