天才!! 映像作家スパイク・ジョーンズが作ったMVがヤバすぎる!

aqqojoz
映画監督・俳優・脚本家・プロデューサーなど多彩な才能を持つスパイク・ジョーンズについてまとめてみました。

スパイク・ジョーンズとは

スパイク・ジョーンズ(Spike Jonze, 本名: Adam Spiegel, 1969年10月22日 – )はアメリカ合衆国の映画監督・脚本家・プロデューサー・俳優。
スパイク・ジョーンズ – Wikipedia

1980年代になるとフォトグラファーとして活動を始めた。その後、GAPやアディダスなどのテレビCMをディレクターとして手掛け、1992年からはミュージック・ビデオの監督として活動を開始。これまでにビョーク、ビースティ・ボーイズ、テネイシャスD、ケミカル・ブラザーズ等のミュージック・ビデオを多数手がけ、その新鮮な映像で注目される。中でも巻戻しで再生しているファーサイドの「ドロップ」のPVは有名。またクリストファー・ウォーケンを起用したファットボーイ・スリムの楽曲「Weapon of Choice」のプロモーションビデオは2001年のMTVミュージック・ビデオ・アワードを受賞した。
スパイク・ジョーンズ – Wikipedia

1999年にチャーリー・カウフマン脚本による『マルコヴィッチの穴』で映画監督デビューし絶賛を受け、アカデミー監督賞候補となる。続いて、やはりカウフマン脚本による『アダプテーション』を監督しベルリン国際映画祭銀熊賞 (審査員グランプリ)受賞した。また、俳優としても『ゲーム』『スリー・キングス』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの何本かの作品に出演している。
スパイク・ジョーンズ – Wikipedia

手掛けたMV

http://www.youtube.com/watch?v=Ex1qzIggZnA

こんな短編も作っています!

実は日本でもCMを作っていました

https://matome.naver.jp/odai/2140651747811216201
2014年07月28日