【保存版】知っておきたい!正しいシャンプーの選び方

LuvShmmy
シャンプーはヘアケアの基本。シャンプーの成分表示を理解するのが、シャンプー選びの第一歩です。

どうやってシャンプーを選んでますか?

CM、価格、香り、美容師さんにすすめられて、など色々あるかと思います

シャンプー選びは頭皮ケアの中でもとても重要です。
それは、使うシャンプーによって頭皮状態を整え、理想的な環境に導いてくれることもあれば、
逆にシャンプーが頭皮トラブルの原因になることもあるからです。
やってはダメ!NG頭皮ケア | 頭皮ケア情報局

世の中には、いろいろなシャンプーの種類がありますので、
どのシャンプーを選んでいいかは、悩んでしまうことが多いかと思います。
シャンプーの選び方♪: 美容師の女子力Lesson☆☆

市販がすべて駄目、美容室のシャンプー(サロン専売品)がすべてよいと言うわけではありません。ドラッグストアのプロユースの製品も同じ。しかも、値段が高ければすべてよいわけではなく、安ければすべてダメというわけでもありません。
特集 – 美容室のシャンプーの誤解〜正しいシャンプーの選び方/正しいシャンプー特集 – らしさ –

毎日のシャンプーが原因で髪や頭皮を傷ませている場合も

洗浄力の強いシャンプーを使うと、シャンプーするたびに髪の傷みが激しくなることに。また、カラーの色あせが早くなる、パーマのウェーブがだれるなどのデメリットも。
特集 – 避けたほうがよい成分は?〜正しいシャンプーの選び方/正しいシャンプー特集 – らしさ –

皮脂を過剰に除去してしまうと、頭皮は足りなくなった皮脂を補うために更に皮脂を分泌するようになり、その皮脂をまた除去して…という悪循環に陥ってしまうのですが、これが薄毛や頭皮の荒れの原因にもなるのです。
美容院スタッフが本気で選んだ良い成分しか入っていないシャンプー10選 | かまとめぶろぐ

どんな洗浄成分が使われているのか、調べてから買うこと

シャンプーの中味で、だいたいのシャンプーの性能が分かります。

髪によいもの、あまりよくないものを覚えておけば、シャンプーを選ぶときに判断する基準となりますよ。
特集 – 成分表示って?〜正しいシャンプーの選び方/正しいシャンプー特集 – らしさ –

成分表示は、含まれている量の多い順に表示されています。

シャンプーは基本的に水分が一番多く含まれるので、洗浄成分である界面活性剤は、たいてい水の次に表示されています。
そしてシャンプーの良し悪しは、この界面活性剤が左右するのです。
ノンシリコンって本当にいいの?髪と頭皮に良いシャンプーの選び方 | 美肌マニアの美容情報

最近はサロン専売品や高価格な製品でも、成分をみると思わず「えっ……」と目を疑うような安価な成分が使われている事もしばしばあるのです。
間違えると髪ギシギシ!知っておきたい「シャンプーの洗浄成分」7種類

覚えておきたい代表的な3種類のシャンプー

①高級アルコール系

市販の安価なシャンプーには、非常に洗浄力の強い高級アルコール系界面活性剤が配合されていることが多いです。

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分。石油系合成界面活性剤のひとつで、まずこの一つを避けるだけでも、約90%の悪いシャンプーを避けることができます。
特集 – 避けたほうがよい成分は?〜正しいシャンプーの選び方/正しいシャンプー特集 – らしさ –

「ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、パレス硫酸ナトリウムなど、『硫酸系』の成分と、『スルホン酸』とつく成分は要注意。
気をつけるのは2つ! シャンプーのNG成分 vol.1 – Love your life.|MYLOHAS

②石けん系

石鹸シャンプーは頭皮への刺激は少ないものの、育毛を意識していない製品ではやはり皮脂の取り過ぎが問題となります。
シャンプーは育毛の基本。あなたもやってる?NG事例<洗髪のワナ>|育毛発毛の研究レポート

石けん素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム・・・など。

石鹸はアルカリ性なので、髪のキューティクルが強制的に開いてしまい、ダメージに直結します。さらに、他の洗浄剤より洗浄に多くの分量を要する上、石鹸カスが髪に付着してゴワゴワの手触りに。何ひとつ良いことなし、髪を洗うシャンプーとしては最悪といえます
毎日使うからこそ危険!プロが「絶対使わない」NGシャンプー – Peachy – ライブドアニュース

③アミノ酸系

美容室で使用しているシャンプーのほとんどはこのアミノ酸シャンプーです。肌にも髪にも優しく、髪の内部まで整えてくれるます。しかし、保湿力が高いため、しっかり洗わないと髪にボリュームが出ない事も。
間違えると髪ギシギシ!知っておきたい「シャンプーの洗浄成分」7種類

天然成分由来の弱酸性成分を主成分とするもので、洗浄力は少し低め。髪と同じ成分なので低刺激なうえ、保湿力が高いことが特徴です。
間違えると髪ギシギシ!知っておきたい「シャンプーの洗浄成分」7種類

ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグリシンK、グルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸・・・など。

洗浄力は、そのほかのシャンプーと比較して弱いです。皮脂量が通常より多めの方は、2度洗いするなど工夫が必要です。
シャンプーの選び方 – 女性用育毛剤のすすめ

アミノ酸系界面活性剤は極微量しか入っていないにも関わらず、アミノ酸シャンプーと表示しているものもあるので、注意が必要です。
ノンシリコンシャンプーが高額である理不尽な理由とは?[美ログ] | スキンケア大学

「シリコン」にも注目

安価で作れるうえにダメージヘアなども手軽に手触りを改善できるため非常によく使われます。
シリコンとは【シャンプー鑑定サイト】

ただし、この改善は一時的なもので、根本的な改善にはなっていないため、知らずに使い続けていると、髪の痛みを進行させることになってしまいます。
アミノ酸系ノンシリコンシャンプーの正しい選び方

シリコンが入っていないと、手触りはかなり悪くなりますが、このシリコンも入りすぎると髪の毛には余りよくないようです。
市販と美容室シャンプーの違い 豆知識 船橋市東海神の美容室ヘアーメイク リル(hair-make Lir)

ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン、○○メチコンと書いてあるもの

シリコンは成分の順番の後ろのほうにあるかどうか(後ろのほうにあると量が少ない、ということになります)ということに気をつけてみてください。
市販と美容室シャンプーの違い 豆知識 船橋市東海神の美容室ヘアーメイク リル(hair-make Lir)

洗浄力が強いシャンプーはシリコンで滑らかにしないと髪がギシギシになります。
そのため、シリコンが多く入っているシャンプーは洗浄力の強いシャンプーである可能性が高いです。

自分にあったシャンプーを選びましょう

”良いシャンプー”と”自分に合うシャンプー”は、
必ずしも同じとは限りません。

まずはノーマルな商品を選ぶのが良いでしょう。そして、それを基準に「もっとしっとり感があるものを」「もう少し軽めの質感のものを」などと調整してみてください。
現役美容師がこっそり紹介する10年後に差がつくシャンプーの選び方 | nanapi [ナナピ]

年齢とともに髪質や地肌のコンディションも変わってくるので、家族全員が同じシャンプー・リンスを使わないほうがいいですね
http://woman.mynavi.jp/article/130904-003/

自分の髪質や頭皮の状態を把握して、その状態に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。
ヘアケア知識-シャンプーの選び方:美容と健康ミニ知恵ブログ:So-netブログ

一人一人肌や体質が違うように、髪質も頭皮の状態も違います。ある人にはぴったりの商品が、ある人にはアレルギーが出る場合もあるのです。自分で探すのが難しい人は、信頼できる美容室で相談してみて下さい。
特集 – 美容室のシャンプーの誤解〜正しいシャンプーの選び方/正しいシャンプー特集 – らしさ –

https://matome.naver.jp/odai/2140621529720775501
2014年08月10日