GPS×サイクリングルートを作る方法 まとめ

wooees
もっとGPSを活用して、より楽しい、エキサイティングなサイクリングライフを過ごしましょう!

GPSとは

サイクリングルート作成にWebの地図サービスを使う

ルートが自由に描画できるだけでなく、他人と共有したり、スマートフォンなどのデバイスで地図を確認できる。

標高差の確認やルートの検索ができる。

写真や動画と一緒にGoogle Maps上に走行記録を表示、共有できる!

ルートを決めるには「距離」「坂道」そして「寄り道」の3つを考えることが大事。

サイクリングルートを決めるステップ

「ルートラボ」を使用する場合、
※Google Mapでは標高差は表示されない

①行き先を決める
②出発地点を決める
③目的地までの道路を検索する
④目的地までの地形を確認する
⑤近隣のルートを検索する
⑥おおまかなルートを描く
⑦ルート内の標高差を確認する
⑧スマートフォン等、手持ちのデバイスで表示する

GPS受信機能を備えたデバイスは大きく分けて3種類ある

1.GPS受信機を搭載した「サイクルコンピュータ」
2.GPSデータを記録できるアプリを搭載した「iPhone, Androidスマートフォン」
3.GPSデータを取得できる「腕時計」

クロネコマークの国産トップメーカー!

GPSデータを管理、共有できる無料のwebサービス。スマートフォン専用のアプリは自動データ転送機能ありで便利らしい。

GPSデータの活用

①GPSデータをwebの地図サービスに転送、ルートを見える化しよう!
②走行時間、距離、平均速度、消費カロリーなどを確認しよう!!
③今後、同じコースを走る際の参考にしよう!!

GPSデータの形式 GPX、KML

具体例があるので、わかりやすいです!

GPSデータを活用して室内で再現!

MINOURAのトレーナー(3本ローラー、リムドライブ、タイヤドライブ)専用のアプリです!

寄り道スポットを探す

オススメのサイクリングロード

Google先生にサイクリングロードを検索させると、いろいろ出てきます!

https://matome.naver.jp/odai/2140603622696925601
2014年07月23日