【格安】東京-名古屋間をなるべく安く移動する方法まとめ

aycomp
東京-名古屋間をなるべくお金をかけずに移動する方法をまとめました。学生さん向けからビジネスマン向けまでメリットデメリットとともに紹介します。情報は2016年1月25日現在のものです。最新情報はリンク先などを各自で確認をお願いします。

高速バス

VIPライナーでは不定期にワンコインシート(500円)を発売中! 詳細はSNS上で発表されるので、こまめに最新情報のチェックが必要です。

通常の夜行バスでも、閑散期なら2,000円~で予約が可能です。
例えばリンク先のグレースライナーは平日を中心に2,000円の便の設定があります。所要時間も6-7時間程度で、夜の時間を有効活用して移動できるのもメリットです。

鉄道・新幹線

普通列車が1日2,370円で乗り放題のきっぷです。青春18きっぷという名前ですが、年齢制限はなく、誰でも利用できます。新品は5枚綴りで発売されています。1人で5日間使ってもよいですし、同一行程であれば5人で1日、という使い方もできます。
東京から名古屋までは、乗り継ぎが良くても6-7時間、乗り換えも4回程度はかかります。安さは魅力ですが、体力のある若い人向けのプランといえるでしょう。

新幹線とホテル1泊をセットで予約できるサイト「トーキョーブックマーク」の期間限定プランで、名古屋発の東京往復が宿泊込みで19,000円からです。通常料金が新幹線のみで往復22,160円することを考えると、かなりお得なプランと言えます。残念ながら名古屋発(または大阪発)のプランしかないのですが、名古屋在住の方は是非検討されてみては?

もう少し時間に余裕のある方でしたら「ぷらっとこだま」がおすすめです。
こだま号なので所要時間は2時間30分~3時間程度かかりますが、お値段は8,100円とリーズナブルで、毎日利用できます。発売は乗車前日までで、当日の購入はできないので注意が必要です。

飛行機

あまり知名度は高くありませんが、中部国際空港と羽田空港の間を、飛行機で移動することもできます。所要時間は1時間程度、閑散期には片道8,000円程度から飛行機があります。移動時間も短く、目的地によっては意外と便利に使うことができる選択肢です。

https://matome.naver.jp/odai/2140592608118002301
2016年01月25日