夏と言ったら海!関東で見ることのできる熱帯魚たち!(採集も可)

shi-ma-ri-su
関東の夏の海には実はみなさんが知らないだけで熱帯魚がたくさんいるのです!

死滅回遊魚という熱帯魚が関東にもやってくる!

死滅回遊魚とは黒潮に乗って流れついてしまった熱帯・亜熱帯域の魚のこと。水温が下がるとほとんどが子孫を残すこともなく死んでしまうことから死滅と表現される。
死滅回遊魚 とは – コトバンク

夏の間だけやってくる宝石たち。

もちろんダイビングなどせずにも浅瀬で見ることが可能です。
水深10センチにも満たない潮溜まりにいることもちょくちょくあります。
どんな人にも見つけるチャンスはあるんです!

チョウチョウウオ
このような色鮮やかな熱帯魚が流れてきます。
黒潮
この図の青いラインで示された黒潮に乗って熱帯魚の稚魚たちが沖縄の方から流されてきます。

関東のどこら辺?

とはいっても関東の海のどこでも捕まえられるわけではありません。より黒潮に近いほうが当然出会えるチャンスは多く、逆に東京の海まで流れてくるものはめったに見ることができません。

黒潮の影響を受けやすいポイント
これが全てというわけではありませんが、関東ならやはり房総半島の南部か、三浦半島の南部が魚形は濃いです。

また、少し遠出をして、伊豆や紀伊半島などに行けるなら、より珍しく美しい熱帯魚たちに出会える可能性があるでしょう!

磯や漁港での観察が可能です!

最もいろいろな種類の魚が観察できるのが磯です。
石と石の間に美しい魚が隠れていたりするので探してみてください。

また、潮の満ち引きによりできる水たまり(潮溜まり)では非常に浅くても、珍しい魚が見つかることがあります。

このようなところではシュノーケリングをすることでより身近に熱帯魚やその他多種多様の生き物たちと触れ合うことが可能となります。もちろん水の上から見るだけでも全然OK!

また、船着き場である漁港でも多くの熱帯魚が観察できます。
波が穏やかなためかわいい稚魚たちが寄り付きます。

こういう場所では当然潜るのは禁止なので、採集したい場合は上から網で捕まえましょう。
浮いている海藻などを掬ってみると思いがけない生き物がついてることも…

関東で見られる死滅回遊魚一覧

ソラスズメダイ
漁港の岸壁に群れで見られます。
海に到着してこの魚を発見できると非常に心躍ります。
ものすごく綺麗です。
ツノダシ
漁港の岸壁で良く見られます(^o^)
早いので捕まえるのは高難度!
チョウチョウウオ(ナミチョウ)
一番数多くいるチョウチョウウオです。
磯にも漁港にも見られます。
並みのチョウチョウウオなのでナミチョウと呼ばれます。
チョウハン
ナミチョウに似たチョウチョウウオ。
アケボノチョウチョウウオ
磯ではあまり見られず、漁港を好むチョウチョウウオ。
トゲチョウチョウウオ
ナミチョウに次いで多く見られます。
きれいです。
フウライチョウチョウウオ
海に行ったらなんとしてもお目にかかりたい一匹。
セグロチョウチョウウオ
上で紹介した5匹のチョウチョウウオと合わせて房総六種と呼ばれています。房総で主に見られる6匹という意味ですが、こいつがダントツで数が少なく、なかなかいません。
丈夫で飼育が非常に容易。
サザナミヤッコ
関東で見つけることができたら非常にラッキー!
漁港で見つけるのは難しいので、潮溜りを攻めましょう!岩棚に潜んでいることがあります。

タテジマキンチャクダイ
サザナミヤッコに非常に似ていますが、しっぽのところで渦巻きができているかが違い。
ミナミハコフグ
フグの仲間では最もかわいらしい一匹。
大人になると黒くなりますが、子供のうちは非常にキュートです!
動きは遅いので見つければ捕まえるのは簡単です(^^)/
ハタタテダイ
ツノダシに似ている魚。
岸壁で見ることができますが非常に動きが早いです。
釣りで釣ることが実は可能。
イザリウオ(カエルアンコウ)
飼育対象として人気な足のある魚。
頭のルアーで小魚をおびき寄せてパクリです。
ナンヨウツバメウオ
非常に縦長な魚。
漁港では落ち葉に擬態してプカプカ浮かんでます。初めて見つけたときの感動は言葉では表せません。

https://matome.naver.jp/odai/2140508355760934001
2019年11月10日