ASKA✖︎飯島愛 薬物?!エイズ?!真実は?!

わんこさん

週刊文春の記事によれば、ASKAさんの大ファンだった飯島愛さんと
ASKAさんは2008年頃から交際して不倫関係にあったと言われております。
飯島愛 死因 真相 ASKAとの薬物使用 エイズ 嘘 週刊文春 内容 まとめ!?:芸能エンタメニュース007:So-netブログ

そんなASKAさんと飯島愛さんはMDMA(合成麻薬)を使用して
度々性的行為を繰り返して愛欲に溺れていたそうです。

飯島愛さんは亡くなる数カ月前にASKAさんとの情事を
一部始終内緒でビデオに録画して撮影していたことが判明。

普段から何でもビデオに撮ることが趣味だった飯島愛さんは
ビデオ撮影したテープは数百本以上あると生前語っていたみたいです。

その後、飯島愛さんは2008年12月24日に東京都渋谷区桜丘町の
渋谷インフォスタワー自宅マンションで変死状態で発見され謎の死を遂げます。

ASKAさんは飯島愛さんの死後ビデオの映像が
世間に流出することを極端に恐れていたらしいです。

その事が原因で、ASKAさんはますます薬物依存に
陥ってしまったと週刊文春は記事で報じております。

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か2014年05月29日01時00分
わらし仙人の読書三昧日記:ASKAは飯島愛との「麻薬ビデオ」をヤクザにとられて脅されていた&ヤクザは女子高生コンクリート事件に関係していた?

そのASKAが覚せい剤依存へ陥った原因について、本日(5月29日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月5日号)は、2008年当時、ASKAと不倫関係にあったタレント・飯島愛の死去にあると報じている。同誌によれば、飯島が亡くなる数カ月前に、ふたりがMDMA(合成麻薬)を使用して性的行為に及んでいる一部始終を飯島がビデオで撮影していたという。その後、変死状態の飯島が自宅で発見されたため、ASKAはビデオの映像が流出することを過度に怯えたことがきっかけで、覚せい剤依存になっていったのではないかと、同誌は報じている。(ビジネスジャーナル)

デヴィ夫人 飯島さん引退の“真実”語る
わらし仙人の読書三昧日記:ASKAは飯島愛との「麻薬ビデオ」をヤクザにとられて脅されていた&ヤクザは女子高生コンクリート事件に関係していた?

元タレントの飯島愛さんが亡くなっているのが発見されて一夜たった25日夜、デヴィ夫人(68)が自身の公式ブログを「飯島愛さんの死」というタイトルで更新した。さらに、タレントとして絶頂だった飯島さんの突然の芸能界引退は、病気治療のためとされているが「私は聞いてしまったのです」と、事実とは違うことも“暴露”。飯島さんが「“遊び”が過ぎて、とんでもない事」を行い、「映像や写真を撮られ、所持していた人達にゆすられ、恐喝され、つきまとわれていた」とトラブルに巻き込まれていたと記している。
デヴィ夫人ブログ[ 2008年12月25日 22:54]

「彼女は常に4つのストレスを抱えていた。過去のAV出演歴。1988年に東京都足立区で発生した女子高生コンクリート詰め殺人事件との関係。体調不良。その体調不良の原因ともなった、小説『プラトニック』の担当編集者との失恋だ
恐喝されていた!飯島愛、謎の裏側にあった4つの悩みエンタメ スクープ

ポルノ女優から作家、テレビのコメンテーターに転じた飯島愛さんが死亡した。
検死で事件性はないとされたが死因については憶測が飛び交っている。

クリスマスイブに飯島愛さん(36)が東京渋谷の自宅マンションで死亡してい
るところが発見され てから、東京都福祉保健局が彼女の死因は肺炎だった
と結論を下すまでに6週間以上を要した。

しかし、それが真相だと信じる者は殆どいない。

一般的に有名人はエイズ問題には関わろうとしないものだが、彼女はこれまで
エイズ撲滅運動に 積極的に参加してきた。

コメンテーターたちは彼女の死をエイズによるものと見ている。

彼女のエイズ撲滅運動は2000年から始まった。
著書 「プラトニック・セックス」 が200万部も売れ、テレビドラマや映画化もされた
頃である。著書の中で彼女は10代の頃レイプされたことや妊娠、中絶、家出など
の体験を書き綴っている。生きていくために彼女はホステスとして働きポルノ産業
に身を投じていった。たちまちスター女優になり100本以上の作品に出演した。

こうした過去の暴露など、彼女のさっぱりしてあけすけなところが好感を得て昼間
のトーク番組にも出るようになっていった。

飯島愛さんは2006年に芸能界を引退してからもブログでの発信は続けていた。
ブログで健康上の問題も明かしていた。大衆紙によると彼女は神経症や膀胱炎、
腎臓病を患っていたというが…。

2008年12月2日付けの彼女のブログで彼女は次のように書いている。
「今日も誰かがエイズで亡くなっています。毎年感染者は増え続けているのです。
私は初めて検査を受ける時は勇気が要ったし、結果が戻るまではとても怖かっ
たことを覚えています。あなたも大切な人のために検査を受けませんか?」

日本HIVセンターによると、検査でHIV陽性と出た日本人は約1万5000人だと
いうが、実数は その4倍ぐらいだとされている。
3月1日に飯島さんの追悼式が行われる。 (一部略)

英テレグラフ:http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/4520293/index.html

コンクリート殺人事件に関与していると、倉地明美(銀座のホステス時代の親友)が証言したのだ。
わらし仙人の読書三昧日記:ASKAは飯島愛との「麻薬ビデオ」をヤクザにとられて脅されていた&ヤクザは女子高生コンクリート事件に関係していた?

「女子高生コンクリート殺人事件」の主犯格の逮捕された宮野裕史の兄貴分、暴力団の加藤という男と同棲していたと思われます。(当時の週刊誌にありました。)綾瀬警察署が、事件関係者を片っ端から事情聴取する過程で、飯島愛が警察に呼ばれたのか、同棲相手から脅かされて口止めされていたのかは判らないが、コンクリート殺人事件の判決が出た1991年7月あたりに、飯島はAV界にデビューしている。(ぷにゃまニュース)

https://matome.naver.jp/odai/2140474444821307801
2014年07月08日