京都で幕末にタイムトリップ!東山~四条~三条坂本竜馬ゆかりの地を巡る

yasuyes
京都で幕末を旅する!坂本竜馬を身近に感じる旅厳選スポットまとめです。

その①まずは東山へ!坂本竜馬と中岡慎太郎のお墓参り!

霊山護国神社
幕末の動乱で命を落とした薩摩藩・長州藩・土佐藩系の尊王攘夷派の志士たちのお墓があります。
坂本竜馬、中岡慎太郎のお墓からさらに上に登ると、桂小五郎(木戸孝允)と妻・松子(幾松)のお墓もあります。

八坂通りから二年坂を左(北)に曲がり道なりに進むと、高台寺が見える。その手前を右(東)に曲がり坂を登っていくと、そこが霊山護国神社だ。その裏山(京都東山霊山)に坂本龍馬の墓がある。龍馬の墓の拝観料は300円。
京都の坂本龍馬のお墓に行ってきた/京都東山探索ツアー(徒歩3時間コース) – Marketing Design

坂本竜馬ファンなら一度は絶対に行っておきたい「霊山護国神社」。
京阪四条駅からバスもしくは徒歩で!結構な坂を上るので最初はここから行くのが効率的です。
坂本竜馬と中岡慎太郎のお墓から京都市内が一望できます。かなり絶景ですよ。

お墓からの眺め
左手に京都駅、京都タワー、右手に京都御所まで一望できます。

次に入口から坂本龍馬の墓までの道には石板が山ほど置かれていて、その石板には龍馬への熱い言葉やメッセージが書かれています。物凄く熱いメッセージばかりなので坂本龍馬がいかに愛されていたヒーローだったのか伺える様です。坂本龍馬の墓からは京都市内が一望できる様になっていますのでいつでも世界を見据える場所に眠っていると言える様です。
坂本龍馬の墓

入山する場所には売店もあって、ポスターや本、てぬぐいなどの竜馬グッズも買えます。

その②竜馬のお墓入口の目の前にある!幕末ミュージアムは必見!!

霊山護国神社の入口の目の前にあります。
入館するとすぐに竜馬を斬ったという刀が展示されています。
2Fにあがると竜馬の書いた手紙も!季節ごとに、色々なテーマの期間限定展示もやってます。

幕末ミュージアム「霊山歴史館」

館内には幕末の志士ゆかりの品々がたくさん展示されています。わかりやすい幕末年表もあるので、初心者でも大丈夫!

あの松下幸之助さんが、「明治維新の時代に生きた人々は、日本の近代化の基礎を築いた人々である。そんな人々の墓が荒れていることは嘆かわしい」と創設したことでも有名です。

霊山歴史館の収蔵資料は5,000点以上にのぼります。その中には坂本龍馬や中岡慎太郎、木戸孝允(桂小五郎)、高杉晋作、西郷隆盛といった倒幕側の志士たちの遺品をはじめ、近藤勇や土方歳三ら新選組、江戸幕府最後の将軍である徳川慶喜など幕府側に関する資料も多数含まれています。この倒幕側・幕府側双方の資料が揃っているところは、霊山歴史館の大きな特徴のひとつです。
京都MUSEUM紀行。第八回【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】 | 京都で遊ぼうART

1Fに展示されている竜馬を斬った刀
入館するとすぐ正面にあります。

龍馬好きにはたまらない工夫が盛りだくさんです。幕末の時代の流れがわかりやすく、マンガやDVDで見れます。小中学生には歴史に興味が湧いてくるだろうと思うのでオススメです。等身大らしい、龍馬の像もリアルでした。ゆっくり見て回って二時間は時間かかります。
幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」のクチコミ-じゃらん観光ガイド

その③竜馬暗殺直前に、「新撰組に狙われてる」と伝えにいった伊藤甲子太郎ゆかりの地

御陵衛士屯所あと
竜馬のお墓、幕末ミュージアムからすぐ。
高台寺のすぐ横にある御陵衛士屯所あと。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだ人なら絶対記憶にある伊藤甲子太郎の屯所跡地。
もともとは新撰組の一員だった伊藤甲子太郎は、新撰組を離脱。
新撰組とは別組織の御陵衛士を立ち上げましたが、竜馬が暗殺されたすぐ後に新撰組の面々に謀殺されます。
坂本竜馬が暗殺される直前に、竜馬に「新撰組が命を狙ってる」とわざわざ告げにきたことも、当時竜馬の暗殺犯が新撰組だという根拠になりました。

新選組とたもとを分かった伊藤甲子太郎が組織した御陵衛士がここに本拠を置いた。高台寺党と呼ばれたのはご存じの通り。幕末に戦国時代、京都って本当に歴史が溢れている。ちなみに伊藤甲子太郎は北辰一刀流。坂本龍馬の同門である。
月真院 (御陵衛士屯所跡) [東山・祇園・清水寺周辺]のクチコミ・評判・感想 – フォートラベル

その④その足で円山(まるやま)公園へ!二人の銅像があります

坂本竜馬と中岡慎太郎の銅像
御料衛士屯所から北へ!徒歩約10分くらい。
円山公園内にある銅像を拝見。銅像を見るだけといえば見るだけなんですが、東山界隈にいるならちょっと足を延ばせばいけるのでおすすめです。

その⑤ 脱藩した板竜馬も、大政奉還を奏上する後藤象二郎と面談したのかな?!

京都の土佐藩邸跡地
東山から河原町に戻ってきたら、高瀬川沿いを北上しましょう。途中に小学校がありますが、そこが土佐藩邸あと地です。
ここから竜馬が暗殺された近江屋は、すぐ!
歩いても3~4分のところです。

坂本龍馬や中岡慎太郎等土佐藩出身の志士が
この辺りに居たと思うと感慨深い物がある場所で、
高瀬川沿いには他の藩邸もあったようで、
近くには彦根藩の藩邸跡の碑もあります。
土佐藩邸跡 [二条・烏丸・河原町]のクチコミ・評判・感想 – フォートラベル

高瀬川沿いの河原町と三条の間、ゆっくり歩いて10分くらいの間に、坂本竜馬や中岡慎太郎、武市半平太などの寓居が点在しています。この通りは幕末ファンにはたまらないところです。

その⑥ 坂本竜馬と中岡慎太郎が暗殺された場所><!

竜馬慎太郎暗殺!近江屋跡地
河原町通りにあります。
土佐藩邸跡地から西に行くと近いです。
つい1年ほど前までコンビニだったんですがお店に変わってるんですよね。

たしか、以前この「近江屋跡」の前を通った時には、更地になっていたと思います。今回この場所に行ったら、回転ずし屋の開店まじか、でした。池田屋は炉端に、近江屋は回転ずし、あらら。
近江屋跡 [二条・烏丸・河原町]のクチコミ・評判・感想 – フォートラベル

コンビニ→回転すし屋さんになりました。

ここも龍馬ファンにはたまらない場所。河原町通り、三条通と四条通のほぼ中間にあります。建物は残っていませんが、現地には「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地(近江屋跡)」の石碑が立てられています。二人の命日11月15日にはこの場所で法要が行われます。お店が続いているのでこの石碑には気づかずに行き過ぎてしまいそうですが、龍馬ファンにとっては聖地の1つです。観光客の撮影スポット。
近江屋跡 [二条・烏丸・河原町]のクチコミ・評判・感想 – フォートラベル

その⑦ 海援隊京都支部に行こうぜよ! 竜馬の京都の拠点はここ!

海援隊京都支部 酢屋
もともとは材木問屋で、竜馬が京都に滞在しているときの隠れ家兼海援隊京都支部の役割を果たしていた場所。
竜馬に関する展示もあります。京都にいるときはここが定宿だったのに、暗殺される数日前になぜか近江屋に移ってしまった坂本竜馬。
当時、ここが居場所って結構知れ渡ったせいもあるので用心のために移ったそうです・・

京都に来た龍馬ファンの方々が訪れる、有名なゆかりの場所となると、霊山にあるお墓か、伏見の寺田屋か・・・と言ったところですが、お墓は、その名の通りお墓なので、龍馬が亡くなった後に建てられたもの・・・寺田屋は、残念ながら、明治以降の建築である事が確定となりました。
・・・となると、「酢屋」は、まさに唯一つ現存する生存中の龍馬ゆかりの場所という事になるのでしょうが、お墓や寺田屋よりは、あまり知られていないのか、中に入ると、私1人でした。
まぁ、おかげで、係りの方の説明もゆっくりと聞く事ができ、展示物も独り占め、説明後には、私のツマラン質問にも答えていただけるというラッキーな環境での拝観となりました。

坂本龍馬の隠れ家「酢屋」へ行ってきました: 今日は何の日?徒然日記

竜馬通の人、知る人ぞ知るところですね。

引用を京都河原町三条龍馬通、龍馬と海援隊隊士をかくまった京の町屋で一階は「創作木工芸酢屋」、龍馬をかくまった二階は「ギャラリー龍馬」として営んでおります。
京都 創作木工芸 酢屋 千本銘木商会

ここまで来たら、行っとくかー!? 竜馬の盟友寓居後シリーズ

竜馬の盟友その1!土佐勤王党の首魁・武市半平太のゆかりの場所

武市半平太(瑞山)寓居後
土佐藩邸に近い場所に構えていた秘密の寓居跡地。
高瀬川沿いに三条を少し超えたところにあります。
酢屋からは徒歩5分程度。土佐勤王党の活動を展開していた武市半平太はここを拠点にして、薩摩や長州の尊王攘夷派と活動していたのです。
人斬りで有名な岡田以蔵は、武智半平太の密命で幕府側の人間を暗殺したいたといわれています。
ここからその密命発信していたのかな。

土佐勤王党の盟主、武市瑞山の京都での拠点「四国屋丹虎」跡です。
木屋町姉小路にあり、瑞山の家の2軒隣に同じく土佐藩の吉村寅太郎の寓居もありました。現在は料亭金茶寮となっています。四国屋丹虎は池田屋事件の際に、土方歳三率いる別働隊が探索しました。
武市瑞山・吉村寅太郎寓居跡(京都市中京区)|おすすめスポット|ピズモ|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

竜馬の盟友2:竜馬とともに暗殺された中岡慎太郎ゆかりの地

中岡慎太郎寓居後
竜馬とともに、徳川幕府打倒に尽力した中岡慎太郎。
京都の慎太郎寓居後は、いまあぶらとり紙屋さんに。河原町に戻るので、河原町から三条へ進んでいくなら、土佐藩邸前に行く方がよいですね。

ここからは土佐藩邸も近く、近江屋も近いです。

1日回って楽しめる竜馬ゆかりの京都史跡でした。
東山~河原町~三条コースです。楽しいですヨ。

https://matome.naver.jp/odai/2140431203941198701
2014年07月04日