スバル富士重工のアイサイトの機能 “ぶつからない技術”がスゴイ!!

sting222
“ぶつからない技術”がスゴイ!!隣の車線からクルマが前に割り込んできても「ピッ」と音が鳴り、追従対象の変更を知らせてくれる。

アイサイトの機能は大きく4つある。

万が一のときに自動でブレーキをかける「プリクラッシュブレーキ」
プロジェクトの原点 SUBARU「アイサイト(Ver.2)」 – OZmall

http://www.youtube.com/watch?v=riIOm59I9Pg

AT車のペダルの踏み間違いなどによる誤発進を防ぐ「AT誤発進抑制制御」
プロジェクトの原点 SUBARU「アイサイト(Ver.2)」 – OZmall

http://www.youtube.com/watch?v=XjfE404URco

先行者の速度に応じてアクセルとブレーキを自動的に調整する「全車速追従機能付クルーズコントロール」
プロジェクトの原点 SUBARU「アイサイト(Ver.2)」 – OZmall

http://www.youtube.com/watch?v=7REIsd3_5co

ふらつき・車線逸脱・先行車発進を教えてくれる「警報&お知らせ機能」

http://www.youtube.com/watch?v=9azfOMrusB8

「技術的には、もっと手前でスーッと滑らかに止めることもできます。ただし、アイサイトは自動運転システムではなく、あくまでも“運転支援システム”
プロジェクトの原点 SUBARU「アイサイト(Ver.2)」 – OZmall

なので、ドライバーの過信や過度の依存を防ぐために意図的に、急で強いブレーキの掛け方をしているんですよ。いわゆる緊急自動ブレーキの位置づけです」

開発チームが20年かけて作り上げ、ようやく認められたのがアイサイトです。
プロジェクトの原点 SUBARU「アイサイト(Ver.2)」 – OZmall

ステレオカメラという考え方はシンプルですが、そこで得た情報をどう取捨選択して、最適なチューニングや味付けするか、という部分では20年の技術の蓄積があり、これは一朝一夕で真似のできることではありません

段階に分けて自動でブレーキをかけて危険回避をサポート。

クルマへの追突や歩行者などに対して衝突の可能性が高いとシステムが判断すると、警報音と警告表示でドライバーに注意を喚起。
SUBARU : スバル アイサイト総合サイト 4つの機能

衝突回避のための操作がされなければ、自動ブレーキをかけて衝突を回避、もしくは被害の軽減を図ります。
SUBARU : スバル アイサイト総合サイト 4つの機能

衝突の可能性が高い時(警報ブレーキ作動時)にブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し制動力を高めます。
SUBARU : スバル アイサイト総合サイト 4つの機能

自動ブレーキによる、自車と対象物との衝突回避もしくは被害の軽減が可能な相対速度を、約50km/hへ向上します。
富士重工業株式会社 ニュースリリース

認識範囲の拡大に伴い、より早い段階から横断者を認識し、制御が可能となり、歩行者保護性能を向上します。
富士重工業株式会社 ニュースリリース

YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=47z7eoiE2fQ

リンク

Twitter

富士重工業@fujijuukougyou

自動運転の基準提案へ…「日本車優位」へ布石 読売新聞 例えば、富士重工業が市販車に搭載している「アイサイト」はカメラで歩行者や自転車を検知して、自動ブレーキを作動させる仕組みだ。 海外勢は… 2bit.tk/7MwwG

酒呑笛吹童子@fl_muminpapa

それにしても昨日レンタルしたスバルの新車「レヴォーグ」は、なかなか良い車であった。何よりアイサイトの先進機能が素晴らしい。運転する楽しみを削がれる、と言うが、まぁ確かにそういう側面も無いとは言わないけど、安全支援機能としては適切なモノではないかと。

JF1FQR/8 (HK)@JF1FQR

日曜日にニッポンレンタカー北海道が企画中のレヴォーグ新車レンタルキャンペーンに乗って6時間ばかり試運転。なかなか良い車でございました。そしてアイサイトが賢い。MTと共に運転する楽しみを削がれるという意見もあれど、これから老いる人間には必要な支援装置なのかも知れないな、と。

LEGACYbot@legacy_2015

アイサイトver3が搭載されています。
また、車体後方に向けてのレーダーが搭載されているようです。 pic.twitter.com/mpYR3NpKIR
https://matome.naver.jp/odai/2140361859068687101
2015年06月18日