気になるiWatchの中身に迫る

pekepon6666
アップルが開発中とされるiWatchですが、その全貌は謎に包まれたままです。そこで今回は、iWatchに使われる可能性の高い技術や素材を、AppleInsiderがまとめたものをご紹介します。

素材

①サファイアガラス

アップルは サファイアガラス製造のGT Advanced Technologiesと約570億円の契約を結び、アリゾナ州に新工場を建設しました。同工場では、現行のiPhoneのディスプレイに用いられているゴリラガラスに代わる、サファイアガラス・ディスプレイが製造されると考えられています。

iWatchにサファイアガラスが採用されるかどうかは不明ですが、可能性は高いと考えられています。実際高級腕時計メーカーは、傷がつきにくいという性質を理由に、以前からサファイアガラスを採用しているからです。

②リキッドメタル

アップルは2010年、アメリカのリキッドメタル・テクノロジー社と、家電製品へのリキッドメタルの独占使用契約を結んでいます。この契約は5月21日に、2015年2月まで延長されました。

リキッドメタルは金属ガラスと呼ばれる合金で、軽量なのに強度があり、かつ弾力性を持つのが特徴です。しかし一方で扱いが難しいことも知られており、これまでにアップルが製品化しているのは、iPhone3GS付属のSIM取出しピンのみです。リキッドメタルの開発者であるAtakan Peker博士は2012年、アップルがリキッドメタルを広範囲で商品化するまでには、2年から4年かかるだろうと語っています。

ちなみにスイスのSwatchグループが、2011年にリキッドメタル社と、腕時計へのリキッドメタルの独占使用契約を結んでいます。アップルはSwatchとiWatchの商標でもめているとされますが、一転して協力などという可能性はあるのでしょうか。

リキッドメタルを使った携帯ケース

ディスプレイ

①OLED

アップルは複数の有機ELディスプレイ(OLED)関連の特許を取得しているほか、2013年にLGディスプレイから研究者を引き抜いています。

多くのアップル・ウォッチャーは、iWatchには従来通りのLCDが搭載されるとの予測を立ててきましたが、ここ数ヵ月の間に、その予測がOLEDへと変化しています。最近では、曲げることができ、腕にあわせることが可能なフレキシブルOLEDになるのではとの予想もささやかれています。

②マイクロLED

アップルは5月始め、省電力のマイクロLEDディスプレイを開発するLuxVue Technologyを買収しました。

マイクロLEDはその名のとおり、非常に小さなLEDです。ディスプレイを小さくして消費電力を減らしつつ、明るくすることが可能とされています。ただしマイクロLEDは比較的新しい技術であるため、Googleが次世代Googleグラスに採用するなどの噂がある一方、実際にどのような製品に活かされるのかがわからない状態です。

しかしLuxVueが所有する特許には、曲面型マイクロLEDも含まれているので、現在iWatchに採用されると噂されているアクティブマトリックス型有機EL(AMOLED)に代わり、マイクロLEDが採用される「かも」知れません。

半導体技術

アップルはここ数年、半導体技術に多額の投資を行っており、iWatchはこれら技術を搭載する可能性があるとみられています。

同社の近年の半導体投資は、2008年に自社では生産施設を持たないファブレス企業P.A. Semiの買収から始まったと考えられています。P.A. Semiは当時、Powerアーキテクチャのプロセッサを開発していた会社でした。そして2010年には、ARMプロセッサ開発のIntrinsityを買収しています。

また2013年8月、アップルは省電力ワイヤレスチップ開発のPassif Semiconductorを買収しました。翌年4月にはBroadcomから数人のエンジニアを引き抜いたとされており、社内にベースバンドプロセッサ開発チームを構えるのではという噂が流れました。

そして2013年11月には、イスラエルの3Dセンサー企業PrimeSenseを買収しました。半導体企業の買収のみでも、わかっているだけで10億ドル(約1,020億円)以上を投じている計算になるとのことです。

ここまで見ただけでも、アップルがさまざまな最新技術や知的財産、優秀な人材を社内に囲い込んでいることは明らかであり、iWatchにはこれらに加え、さらにさまざまな技術が採用されることになりそうです。

https://matome.naver.jp/odai/2140359193143792901
2014年07月02日