『人工知能』が支配する近未来。 2045年問題。シンギュラリティ(技術的特異点) の危険性

自動車メーカーも、こぞって 人工知能を研究

トヨタ   米MITと共同研究 人工知能を車運転支援に

トヨタ自動車は2015年9月、米マサチューセッツ工科大学(MIT)および米スタンフォード大学と連携し、各大学に人工知能の研究センターを設立すると発表した。向こう5年間で合計約5000万ドル(約60億円)を投じる。

トヨタと連携するのはMITのコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)とスタンフォード大学のスタンフォード人工知能研究所(SAIL)。AIのクルマやロボットへの応用を目指し、様々な環境における物体の認識、高度な状況判断、人と機械との安全な相互協調などを実現するための研究を推進する。

.

人工知能時代に、求められる 人間の役割は ?

日立製作所は2015年9月、現場を理解して業務指示を行う人工知能を開発したことを発表、10月には人工知能で企業の経営課題解決を支援する「Hitachi AI Technology/業務改革サービス」を発表するなど、ビジネスに人工知能を活用する発表を積極的に行っている。

人工知能とともに生きるために、考えておくべき人間の役割とは?
・コミュニケーション
・身体性
・発想・アイデア
・直感・センス
・イノベーションこれらのスキルを磨いていくことこそ、人工知能時代を生き抜く大きな武器になるという考え方。書類作成、計算力、記憶力、データ検索&解析、オペレーション業務全般など、人工知能の方が優れている仕事は人工知能に任せ、私たちは人工知能に負けない働き方を目指せばいいということです。


https://matome.naver.jp/odai/2140357124430889101/2150802832145199503
「人工知能で神を」 元Googleエンジニアが宗教団体を創立

元Googleエンジニアのアンソニー・レバンドウスキー氏が宗教団体を創立した。神は人工知能(AI)と標榜する宗教団体。

団体の名前は「Way of the Future(未来への道)」。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/12/anthony-levandowski_a_23241928/

.

.

脳内 の 機構・反応に関する研究も進んできている。

EUのヒューマンブレイン計画は、2013年からの10年で12億ユーロほどの予算を90の研究機関に投じて脳を解明しようというもの。
「2045年、人工知能は人間を追い越す?」 (3ページ目):日経ビジネスオンライン

2013年1月27日の英国の新聞ファイナンシャルタイムスは、 EUの予算により今後10年間行われる巨大研究計画として、ヒューマンブレイン・プロジェクト(Human Brain Project)とグラフェン・プロジェクト(Graphene Project)が選定されたと報道した。

ブルー・ブレイン計画
Blue Brain – Wikipedia

Blue Brain(ブルー・ブレイン)とは、人間の脳全体のコンピュータシミュレーションを最終的には分子レベルで構築することを目標としたプロジェクトであり、2005年に開始された。脳の構造研究が目的である。2005年5月、IBMとスイスのローザンヌにあるスイス連邦工科大学ローザンヌ校の Henry Markram 率いる Brain and Mind Institute が共同プロジェクトとして開始した。

ブルーブレイン計画(2005年~)は既に成功し、ネズミの知能は実現済といいます。その延長で、ネコの知能、サルの知能をクリアし、2023年頃に人間程度の知能を実現するとしているとのこと。いわゆる論理的思考だけでなく感情、感覚、そして、いまひとつ正体が分からない意識や自我まで、勝手に出現するだろうと当事者は予測します。
「2045年、人工知能は人間を追い越す?」 (3ページ目):日経ビジネスオンライン

.

集積回路(LSI) の構造自体が一変し、脳構造 に 近づいている。

脳の仕組みを参考に、これまでのアーキテクチャーとは根本的に異なるコンピューターを開発する試みが進んでいる。
脳科学が生んだ新型電脳 省力・高速化に道筋  :日本経済新聞

米IBMが2014年8月に公開したチップを中心に、脳科学の知見から生まれた新たなコンピューター開発の潮流を解説する。脳型コンピューター。

IBMは8月7日(米国時間)、100万個のプログラム可能なニューロン、2億5600万個のプログラム可能なシナプス、毎秒毎ワット460億のシナプティックオペレーションというスケールを達成するニューロシナプティックコンピュータチップを発表した。

人間の脳を手本にしたコンピュータ・チップが実用化されようとしている。これによって「見る」「聞く」「話す」「手足を動かす」など、従来、AI(人工知能)がどちらかと言えば苦手としてきた仕事を、今後は無理なく自然に行えるようになる。
脳を真似たコンピュータ・チップが登場: 自動運転車やロボットの実用化が早まる

また、コンピュータやロボットがビッグデータを教材にして自力で学んで賢くなるため、いずれはエンジニア(つまり人間)が個別の動作プログラムを書く必要がなくなるかもしれない。

.

.

.

量子コンピュータ の登場で、人工知能技術が飛躍する

グーグルとNASAが研究を行っている量子コンピューター「D-Wave」が、従来型PCの1億倍の速度で「最適化問題」を解決したと発表された。

.

.

2017年 現在の人工知能の レベルは・・・


https://matome.naver.jp/odai/2140357124430889101/2147938543169508803
東ロボくん 文章の読解 は苦手

東ロボは、問題を解き、正解も出すが、文章を読んで理解しているわけではない。現段階のAIにとって、文章の意味を理解することは、不可能に近い。

そうすると、特に難しいのが国語と英語だ。
国語では、2016年のセンター試験模試では、200点中96点しかとれなかった。
偏差値は49.7。5科目8教科全体の偏差値が57.1だったことを踏まえると、かなり低く、これらの教科は苦手だ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20161114-00064079/

人工頭脳「東ロボくん」、今年は535大学が合格圏内に

大学入試問題でAIの進化を測る「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトが2016年の成果を報告。昨年を大きく上回る成績を記録した。

東ロボくんは13年からセンター試験模試に毎年挑戦。今年は、センター試験模試「進研模試」(ベネッセ)に加え、東大の2次試験を想定した論述式模試「東大入試プレ」の地理歴史(世界史)と理系数学をそれぞれ受験した。

その結果、センター試験模試では5教科8科目の合計で525点を獲得し、全国平均の454.8点を上回る結果に。偏差値は57.1を記録。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/14/news132.html

人工知能の賢さを測る尺度はさまざまある。例えば計算能力でいうと、現在の普通のコンピュータでも人間の能力を超えている。
2045年に人工知能は人類の知能を超えられるのか?

グーグルの「アルファ碁」、プロ棋士に初勝利

2016年1月29日

米IT大手グーグルと英グーグル・ディープマインド社の研究チームはコンピューターの囲碁プログラム「アルファ碁」を開発し、2013~15年の欧州チャンピオンのプロ棋士と対戦して5戦全勝した。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00372764?isReadConfirmed=true

「アルファ碁」、最強棋士に 4勝1敗
米グーグルの人工知能(AI)が世界最強の棋士を下した。囲碁は最も難しいゲームの一つで、AIが人間に勝つには10年はかかるとされてきた。チェスや将棋に続き、囲碁を攻略したことで盤上はAIが制したと言える。
グーグル・ディープマインドが開発した囲碁AI「アルファ碁」が韓国のイ・セドル九段を4勝1敗で下した。

グーグルの人工知能(AI)スタートアップ・DeepMindは、データ処理と自己学習コードを結びつけた次世代のAI技術「ディファレンシャブル・ニューラルコンピューター」(DNC)を発表した。学んだことを「記憶」し、新たなケースに応用することができる初めてのAIだ。

戦闘機バトルでも人間を打ち負かす
2016.07.04
人工知能開発を行うPsibernetix社のシステム「ALPHA」が、米空軍研究所の空戦シミュレーターで元米空軍大佐に勝利した。このAIは、将来的には人間の操縦士を助けるアシスタントとして応用されるという。http://wired.jp/2016/07/04/ai-fighter-pilot/

IBMの人工知能Watsonに接続して、子供たちと会話するおもちゃ
人工知能、IBM Watsonシステムを利用した子供向けスマートおもちゃを開発している。可愛らしい恐竜スタイルのおもちゃは子どもたち一人ひとりを記憶し、複雑な会話を交わすことができる。子どもたちが成長するのに合せて自らも変化する。CogniToysと名付けられたプロダクトは高度な音声認識能力を備え、子どもたちと会話しジョークを飛ばし、多種多様な「何?」、「誰?」、「なぜ?」、「どうやって?」などの質問に答えることができる。
プリファードネットワークスは、産業機械メーカーを作る企業と提携
トヨタ自動車から10億円の出資を受けるなど、AIの分野で「グーグルの先を行く」ベンチャー企業として注目を集めているプリファードネットワークス。東大の大学院を修了した同期二人が立ち上げたベンチャーが、これほど急速に成長することができた要因には、射程にある分野の多様さと、意思決定の迅速さがある。
PFNhttp://www.todaishimbun.org/pfn-nishikawa20160724/

.

.

米IBMと米コーネル大学はヒトの脳の情報伝達をまねた半導体技術を開発した。

従来型のコンピューターに使われてきた半導体チップとは異なる概念で設計したもので、将来は人間が命令しなくても自ら学習して問題を解く人工知能の実現が期待できる。

脳の構造を模した人工知能技術「ニューラルネットワーク」が、以前あった課題を解決し、研究の第3次ブームが訪れている。既にこの知見を生かした半導体チップへの実装も進んでいる。人間のように直観したり、パターン認識に強い新しいコンピューターが~~

■脳型チップ研究開発が急速に進展

一方、今回の第3次ブームは、単なるブームでは終わらない勢いがある。2006年にニューラルネットに関する技術的ブレークスルーがあったことに加え、その技術の基盤となっている「機械学習」という技術の実用化が大きな進展を見せているからだ。機械学習とは、コンピューターがプログラムのパラメーターを自ら修正する機能の総称である。

さらに「今回は本物」、と思わせる理由もある。ニューラルネットワークの理論に基づいて、実際の脳の神経細胞とそのつながりを模した「脳型チップ」を既存の半導体技術で作製する研究開発が急速に進展していることだ。

この分野でトップを走るのは米IBMである。脳の神経細胞(ニューロン)の機能を模した回路の数を、2011年の1チップ当たり256個から、2014年8月に一気に同100万個へと大幅に増やした。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80090780V21C14A1000000/

.

====================

人工知能の進化にはビッグデータが必要

人工知能の進化には、膨大な情報(ビッグデータ)とそれを基にした学習が必要不可欠となる。人工知能は人間の赤ちゃんの脳の成長と同じように、多くの知識を学習して成長するからである。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82144080Q5A120C1000000/?df=3

人工知能(AI)と人工脳―。ソフトとハードの両方から知能に迫る研究が加速している。どちらの研究者も「我こそが知能を創る最短経路」と研究を急ぐ。ヒトの脳を超える知能の実現には数十年かかるとされるが、要素技術の実用化が進んでいる。急速に発展しているのは脳科学やブレイン・マシン・インターフェース(BMI)だ。

「ディープラーニング」、日本の先進活用企業
米ITで開発熱「ディープラーニング」、日本の先進活用企業  :日本経済新聞

「ディープラーニング(deep learning、深層学習)」技術。その実用化が猛烈な勢いで進んでいる。この技術を活用するのはGoogleやMicrosoftといった米国企業ばかりではない。日本の企業の中にも、いち早く商用化する企業が出始めた。先駆的な2社の事例を紹介する。

ディープラーニング技術が最も成果を上げている領域である画像認識。これをいち早く商用サービスに生かしているのが、2012年設立のベンチャー企業、ABEJAである。

日米両国で累計1000万件以上ものダウンロード数を誇るニュース閲覧アプリ「SmartNews」。そのバックエンドは、ディープラーニング技術が支えている。

「クラウドコンピューティングは非常に重要だ。分散型のクラウドを応用することで、ロボット同士のコミュニケーションが可能になる。将来はロボットがロボットに指示できるようになる」

既に、組織の意思決定には・・・ ビッグデータが欠かせない。

ビッグデータによる意思決定

ビッグデータ選挙と呼ばれた、2012年米国大統領選挙におけるオバマ陣営の取り組みを紹介する。同選挙では、施策ごとに効果が出るかどうかを分ける変数を機械学習で見つけ、費用対効果の高いセグメンテーションが行われたという。
公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 「意思決定の精度を高めるためのビッグデータ活用、データで導く施策の成否」2014年3月20日開催 第28回WABフォーラムレポート(1)

ビッグデータの本質は、単に大容量データを高速に処理することでなく、 高速にはじき出した分析結果から将来の傾向やパターンを予測し、最適な意思決定を行うことにある。
ビッグデータ時代の幕開け〜大量データをビジネスに役立てる、その前に考えておくべきこと〜|特集|SASプレミアムラウンジ

米IBM  CEO「人工知能でがん治療」 世界経営者会議
米IBM CEO「人工知能でがん治療」 世界経営者会議  :日本経済新聞

「IBMも変革する必要がある」として、10億ドル(約1150億円)を投じて人工知能型コンピューター「ワトソン」を開発する背景を説明した。
医療データや文献など1200万ページの資料をもとに患者に応じて適切な治療法を導き出し、医師の判断を支援するワトソンの米国での活用例を挙げ、これをアジアに本格展開する方針も示した。

2015年09月29日
アドバンスト・メディアは、人工知能を利用した対話型バーチャルオペレーターサービス「amiagent」を発売する。人に代わって顧客からの問い合わせ対応や雑談対話、販売促進などを行い、コスト削減と利便性向上を実現する。
音声認識エンジン「AmiVoice」と対話エンジン「AOI(アオイ)」を軸に、音声合成エンジン、キャラクター、外部システム接続用インターフェースを搭載した。
コンタクトセンターの場合は、住所問い合わせなど定型的な質問にはAIが対応し、苦情、相談などは内容を伝えた上で適切なオペレーターに転送する。

.

いずれは、個人の意思決定も、人工知能が 代替してしまう ・・

Googleの「Google Now」

『Google Now』の使い方はかんたん。ホームアイコンを上にシュッとスライドするだけです。これでアプリが立ち上がり、私が知りたい情報を教えてくれます。

朝起きてシュッとナウれば、自宅と職場の今日の天気がわかります。

Appleの「Siri」
音声でiPhoneを操作することが可能なSiriは、iOSのバージョンを重ねるごとに進化を遂げてきました。特定の人に電話をかけたり、メールをしたり、周辺のレストランを検索してさらにその場所までナビをしてくれたりと、Siriに話しかけるだけで、様々なことを行うことができます。

容疑者のiPhoneの中にSiriとのやりとりを写したスクリーンショット画像が保存されており、容疑者が遺体の隠し場所をSiriに聞いていた。

質問に対してSiriが出した答え。「I need to hide my roommate(ルームメイトを隠さないといけない)」と尋ねられたSiriは「What kind of place are you looking for? (どのような場所をお探しですか?)」と答え、「swamps (沼地)」「reservoirs (貯水池)」「metal foundries (鋳物工場)」「dumps (ごみ捨て場)」の4つの選択肢を提示してきました。

Windows Phone の 「Cortana」
Cortana は Windows Phone 上のパーソナルアシスタントです。あなたの作業がもっと簡単になり、あなたにとって重要な対象について最新の情報を入手できるようにします。

.

「AIは人の『働き方』も変えます」と言う。

「例えばIoTによって、現在、人間の幸福度を測るところまで研究が進んでいます。まず、ウェアラブルがセンサーの役割を果たし、皮膚の温度や脈などから厳密にその状態を把握します。さらにその後、その人の心身がどのように変化するかについても予測することができるのです」

.

人間は歩くことすらも 止めてしまう・・・


https://matome.naver.jp/odai/2140357124430889101/2141611128212707603
パーソナルモビリティ

そして、人間は歩くことすらもやめてしまう・・・

https://matome.eternalcollegest.com/post-2141543094344874701

.

.

その他  ニュースなど

動物 の 知能

知能の高い動物たち  【動物の知能】

https://matome.eternalcollegest.com/post-2140205428968433601

今から30年後、50年後、そして100年後には、知能を備えたマシンが社会と経済にどのような影響をもたらしているのだろうか。そんな疑問の答えを探るための新たなプロジェクトを、米スタンフォード大学の科学者たちが立ち上げた。

Googleの人工知能が描いた絵が凄すぎる

Googleが研究と開発に取り組んでいる、ニューラルネットワーク(人間の脳をシミュレートする技術)。その人工知能(Artificial Intelligence)を駆使し、コンピュータに絵を描かせてみたところ、人間では理解不能な芸術作品が完成した。

・夢に出てきそうなほど怖い!?
自然、動物、人間、あらゆるものが融合した世界のようにも思える。人によっては芸術的な作品として評価されているが、「ぎゃあああああ! 怖すぎる!!」と、夢に出てきそうなほど恐怖を感じているケースもあるようだ。

日本IBMが「Watson Analytics」を提供開始

Watson Analyticsは、人工知能技術「Watson」を活用した企業向けデータ分析サービスである。米IBMが2014年9月に発表した同サービスを、日本IBMが国内でも提供開始した。
Watsonは、人間の能力に対抗して「迅速かつ正確に自然言語での質問に答える」ことを目指して開発された。

人工知能で「カンニング」を発見する技術を開発
人工知能を使い、試験で他人の答案をのぞき見するなどのカンニングを検出する技術を、京都大などのグループが開発した。
これまで教員の経験に頼っていた手法を取り込み、高い精度で自動的に見つけ出せるという。日本物理学会の月刊誌電子版で発表した。
京都大の大関真之助教らは「機械学習」と呼ばれる人工知能の技術を使い、試験を受ける人の過去の成績と、試験問題の難易度、クラスメートの回答の重なり具合などを計算するプログラムを作った。
Microsoftの人工知能が 問題発言連発で活動停止
米Microsoftが2016年3月23日に Twitterなどでデビューさせた人工知能「Tay」が、デビュー数時間後に停止した。
「Tay」は、Microsoftが会話理解研究のために立ち上げたプロジェクト。日本マイクロソフトの人工知能「りんな」と同様に、一般ユーザーとの会話を繰り返すことで学習し、成長していく。
だが、Tayは公開後数時間で徐々に人種差別的だったり暴力的な発言が多くなっていた。例えば「ヒットラーは正しい。私はユダヤ人が嫌い」というツイートだ。

「このままコンピューターが発達し続ければ2045年には人間の能力を超える」という、いわゆる“2045年問題”に備えて、どのような研究や制度が必要かを考える研究会が総務省で6日、立ち上げられた。

日立、論理的対話ができる「人工知能」の基礎技術を開発

2015年7月23日 ㈱日立製作所は、賛否が分かれる議題に対し、大量のテキストデータを解析し、肯定的もしくは否定的な意見の根拠や理由を英語で提示する技術を開発した。

http://iotnews.jp/archives/3375
今後、更なる研究開発を推進し、人とコンピュータの論理的な対話を可能とする人工知能の実現をめざす、としている。

https://www.youtube.com/watch?v=fRj34o4hN4I
ソフトバンクが2017年6月に買収したボストン・ダイナミクスが、なんと「バク宙」するヒト型ロボットをつくりあげた。その進化は、歩いたり走ったりするにとどまらないのだ。論より証拠。記事中にある動画をご覧いただきたい。
https://wired.jp/2017/11/17/atlas-robot-does-backflips-now/
http://www.youtube.com/watch?v=rVlhMGQgDkY
2016年2月にはユーチューブに流線形をした「次世代アトラス」がひっそり公開され、雪の積もった不整地をバランスを取って難なく歩いたり、箱を積み重ねたり、目標物を追いかけたり、地面に激しく倒されても自分で起き上がったりと、まるで人間のような異能を見せつけた。
http://newswitch.jp/p/3969
1 2 3