【1990 年】CD 売り上げ・ヒット曲ランキングのまとめ

yhf.japan
1990 年の CD 売り上げ枚数からのランキングについて、動画と解説を交えてまとめてみました。11 位以降は、個人的にですが、インパクトがあると感じた曲をピックアップしてます。

1 位:おどるポンポコリン B.B.クィーンズ

売り上げ枚数:130.8 万枚
発売日:1990 年 4 月 4 日
作詞:さくらももこ、作曲・編曲:織田哲郎

さくら曰く、「一部の歌詞は織田さんにアドバイスされた」とのこと。例えば当時「りぼん」に掲載された改変前と思しき譜面にはサビの「おどるポンポコリン」の部分は直前のパートと同じく「パッパパラパ」となっていたが、「曲名が歌詞に入っていた方がいい」との意見により急遽入れられたことが当時のドキュメント番組にて語られた。またこの時、間奏にあるオペラ調の声は織田本人の声であった事も明かされた。「何十回も重ねた。苦労したというよりは楽しかったんですけどね。」と当時語っている。
おどるポンポコリン – Wikipedia

2 位:浪漫飛行 米米CLUB

売り上げ枚数:61.9 万枚
発売日:1990 年 4 月 8 日
作詞・作曲:米米CLUB、編曲:中崎英也 & 米米CLUB

なお、シングル版は「西日本版」「東日本版」の2種類が地方別でリリースされ、オリコン上では2種類が個別にランクインする事態となった(当時はCDのJANコード毎に売上枚数を計算していたため)。この2枚はジャケットの写真のほか、収録曲も異なっている。
浪漫飛行 – Wikipedia

3 位:今すぐKiss Me LINDBERG

売り上げ枚数:61.0 万枚
発売日:1990 年 2 月 7 日
作詞: 朝野深雪 、作曲: 平川達也 、編曲: 井上龍仁

フジテレビ系月曜9時枠のドラマ『世界で一番君が好き!』(1990年1月~3月放送)の主題歌に起用された。同曲が流れるオープニング映像では、歌詞通りに主演の浅野温子と三上博史のキスシーンが使用されていた。
オリコンヒットチャートで1位を獲得(1990年3月5日から1週おきに計3回1位を獲得)。1990年の年間シングルヒットチャートでも第3位を記録した。LINDBERGの初ヒットにして、最大のヒットとなった。
今すぐKiss Me – Wikipedia

4 位:さよなら人類 たま

売り上げ枚数:57.7 万枚
発売日:1990 年 5 月 5 日
作詞・作曲:柳原幼一郎 / 編曲:たま、高浪敬太郎

http://www.youtube.com/watch?v=hw7oAFoddiE

当時一大ムーヴメントを引き起こし、若手バンドの登竜門ともなったTBS系音楽番組『平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国』の14代目イカ天キングとなったたまのメジャーデビュー作。
オリコンシングルチャートで初登場1位を記録。翌週以降も4週にわたり週間TOP5を維持し、登場6週目で返り咲き1位を記録した。発売から3ヶ月近く上位にチャートインするロングヒットとなり、同年のオリコン年間シングルチャートでは4位を記録、累計売上約60万枚のヒットとなった。
また、本作以降ヒットを飛ばせなかったため、一発屋と評される向きも強い。
さよなら人類 – Wikipedia

5 位:OH YEAH! プリンセス・プリンセス

売り上げ枚数:56.7 万枚
発売日:1990 年 4 月 21 日
作詞:中山加奈子、作曲:奥居香、編曲:プリンセス プリンセス

9thシングル「OH YEAH!」はこの全都道府県ツアーの応援歌として作られた。
プリンセス プリンセス – Wikipedia

同年4月から開催された全県ツアー「PANIC TOUR’90 パレードしようよ!!」の応援歌として制作された。
オリジナルアルバムには未収録。
OH YEAH! – Wikipedia

6 位:Dear Friend 中森明菜

売り上げ枚数:54.7 万枚
発売日:1990 年 7 月 17 日
作詞:伊東真由美、作曲:和泉一弥、編曲:和泉一弥 若草恵(ストリングス・アレンジ)

「Dear Friend」は、前シングル「LIAR」からおよそ1年3か月ぶりにリリースされた楽曲で、1990年7月17日にCDシングル (8cmCD: WPDL-4173)とシングルカセット (CT: WPSL-4173)の2形態で同時発売された。
Dear Friend (中森明菜の曲) – Wikipedia

7 位:情熱の薔薇 THE BLUE HEARTS

売り上げ枚数:51.0 万枚
発売日:1990 年 7 月 25 日
作詞・作曲:甲本ヒロト

レーベル移籍第1弾シングルで、最初で最後のオリコンシングルチャート1位を獲得した作品であり、TBS系テレビドラマ『はいすくーる落書2』主題歌。
2002年、中外製薬のグロンサン強力内服液のCMソングに起用され、2007年にはオリンパスのCMソングにも起用されている。2010年にはクロスカンパニー「earth music&ecology」(秋期)のCMで宮崎あおいが、2011年にはドコモスマートフォンのCMで新井浩文と渡辺謙が歌っている。さらに日本の高校野球では、「リンダリンダ」「TRAIN-TRAIN」と共に応援曲として演奏されることがある。
情熱の薔薇 – Wikipedia

8 位:くちびるから媚薬 工藤静香

売り上げ枚数:48.8 万枚
発売日:1990 年 1 月 10 日
作詞: 松井五郎、作曲: 後藤次利、編曲: Draw4

出だしの「ちょっと待ってよねぇ」は、当時の工藤の口癖がそのまま使用されたというエピソードが、日本テレビ系『速報!歌の大辞テン』内で披露された。
くちびるから媚薬 – Wikipedia

9 位:真夏の果実 サザンオールスターズ

売り上げ枚数:47.3 万枚
発売日:1990 年 7 月 25 日
作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ & 小林武史

ボーカルである桑田佳祐が初監督作品として製作した映画「稲村ジェーン」主題歌。
オリコン週間チャートの初登場順位は5位であり、その後最高位4位を記録、映画の同名サウンドトラック『稲村ジェーン』に収録されたものの、ロングヒットを続けた。リクルート「B-ing」CMソングにもなった。
公式のファン投票でも200数十曲の中から、ライブでのリクエスト第1位に選出されるなど、サザンの中で屈指の人気を博す代表曲である。
真夏の果実 – Wikipedia

10 位:イフ・ウイ・ホールド・オン・トゥゲザー ダイアナ・ロス

売り上げ枚数:46.1 万枚
発売日:1990 年 1 月 25 日

アニメ映画『リトルフット』(原題:The Land Before Time、邦題『リトルフットの大冒険』)の主題歌で、日本では、今井美樹主演のドラマ『想い出にかわるまで』の主題歌となり、オリコン最高4位、1990年年間オリコンチャート10位を記録し大ヒットした。洋楽シングルの年間TOP10入りは、1983年のアイリーン・キャラ『フラッシュダンス』以来7年ぶりであり、本作以降、達成例は現れていない。
イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー – Wikipedia

16 位:勇気のしるし 牛若丸三郎太

売り上げ枚数:41.0 万枚
発売日:1989 年 11 月 22 日
作詞:黒田秀樹、作曲・編曲:近藤達郎

三共(現・第一三共ヘルスケア)の栄養ドリンク「リゲイン」のCMソングとして1989年に発表。オリコンシングルランキングTOP10に入り、累計で60万枚以上を売り上げた。
『歌のトップテン』でもTOP10入りするが、時任三郎は「鞍馬山で修行中」との理由で出演を辞退した。しかし、周囲からの「一度は生歌で聴きたい」という声に押され、『夜のヒットスタジオSUPER』にて一度だけ牛若丸三郎太として出演、突如現れ生歌を披露した後、突如消え去っていった。
勇気のしるし – Wikipedia

18 位:夢を信じて 徳永英明

売り上げ枚数:39.7 万枚
発売日:1990 年 1 月 16 日
作詞:篠原仁志、作曲:徳永英明、編曲:瀬尾一三

テレビアニメ『ドラゴンクエスト』の初代ED主題歌であり、1~26話で使用された。
オリコンでは自身最大のヒットシングルとなり、『全国歌謡ベストテン』では1990年度の年間チャート1位を獲得した。当初1月15日に発売の予定であったが、祝日(成人の日)の発売はドラクエファン、特に小学生たちがレコード店に殺到する恐れがあるとして、翌日(平日)の発売に変更された。
夢を信じて – Wikipedia

19 位:あいにきて I・need・you! GO-BANG’S

売り上げ枚数:37.8 万枚
発売日:1989 年 12 月 27 日
作詞・作曲:森若香織、編曲:白井良明

アルペンのCFソング。自身最大のヒット曲となった。「ミュージックステーション」「歌のトップテン」などに初出演した。
あいにきて I・NEED・YOU! – Wikipedia

45 位:NO TITLIST 宮沢りえ

売り上げ枚数:25.6 万枚
発売日:1990 年 2 月 15 日
作曲・編曲:小室哲哉

自身が主演を果たしたフジテレビ系ドラマ「いつも誰かに恋してるッ」の主題歌。
NO TITLIST – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2140337093418140701
2015年10月24日