世界に広まる日本のお菓子「ハイチュウ」の人気に迫る!

blueskyhigh
日本人にはおなじみのソフトキャンディー「ハイチュウ」。最近は海外でも人気が広まっています。アジア、ヨーロッパ、アメリカでここ数年、人気が急上昇しているとのことです。

ハイチュウとは?

ハイチュウ(HI-CHEW)は、森永製菓が製造・販売・発売しているチューイングソフトキャンディ。

1956年発売の森永チューレットの後継の商品として開発。

「ハイチュウ」という商品名の由来は「森永チューレットをハイグレードにしたもの」である。

2012年時点では131種類の品種が発売され、20ヶ国に流通している。
ハイチュウ – Wikipedia

「ハイチュウ」の海外事業展開
中国では、森永食品(浙江)で「ハイチュウ」を製造し、上海森永食品で上海・華東地区中心に販売を行っています。米国森永製菓では、ロサンゼルスとサンフランシスコを中心とする西海岸エリアから「ハイチュウ」の販売を開始し、エリアを拡大しています。台湾森永製菓では、台湾市場だけでなく、グローバルな製造拠点としての役割を担っています。

ハイチュウ、メジャーリーガーの間で大人気 「最高のキャンディ」「中毒になる」と巷でも話題

ここ数年間でアジアや欧米など地域を問わず海外における人気を着実なものにしているハイチュウ。最近ではアメリカのメジャーリーグ選手の間でも大人気だとニュースにもなっている。試合中、ベンチのピリピリした緊張感をほぐすために噛んでいたガムに代わる定番っぷりのようだ。
ハイチュウ、メジャーリーガーの間で大人気 「最高のキャンディ」「中毒になる」と巷でも話題 | ニュースフィア


ハイチュウに対する海外の反応。
https://matome.naver.jp/odai/2140330784175374901
2017年02月05日