次世代を担う日本のファッションブランドまとめ

plutocharon
ANREALAGE,ネネット,mintdesigns,GANRYU,LAD MUSICIAN, CHRISTIAN DADAなど東京コレクションに出ているブランドを中心にまとめてみました。その他にはfrapbois、keisuke kanda などもまとめてみました。どのブランドも個性的です!!

前衛的な作風が特徴の『ANREALAGE 』

2011 A/W COLLECTION ‘LOW’
カラフルな模様は、元になる花柄の画像データの解像度を下げたもので作られています。
2010 A/W COLLECTION ‘WIDESHORTSLIMLONG’
人の体自体をデザインすることを、今回「WIDE&SHORT」、「SLIM&LONG」の二つのパターンで表現した。

2003年、森永邦彦がブランド「アンリアレイジ」を設立。
アンリアレイジ : ANREALAGE

ブランド名「アンリアレイジ」はA REAL(日常)、UN REAL(非日常)、AGE(時代)、を組み合わせた造語。 2003年から活動を開始。「神は細部に宿る」という信念のもと作られた色鮮やかで細かいパッチワークや、人間の身体にとらわれない独創的なかたちの洋服が特徴。
ABOUT

2009 S/S COLLECTION “○△□”

ここに並んだ服、それはこの○△□の3種類の立体を型に作られた服。つまり、通常の服が人間の形になぞらえるように作られるとするならば、これらの服は、この3種類のとてもシンプルな立体になぞらえて作られた服。いわば、この立体のための服なのです。
密買東京|○ △ □ ?|商品詳細(○△□ 2009 S/S COLLECTION – ANREALAGE(アンリアレイジ) -)

2009 S/S COLLECTION “○△□”

2013 S/S COLLECTION ‘BONE’

かたちとしては存在しているけれど、日常では見えてこない「骨格」に注目。洋服に想像上の骨組みを与えるというアプローチによって、服のかたちを追求した。
アンリアレイジ 2013年春夏コレクション – 骨格をテーマに挑む、新しい服のかたち | ニュース – ファッションプレス

2013 S/S COLLECTION ‘BONE’

2011 A/W COLLECTION ‘LOW’

色が変わる服、解像度を下げた服、サイズが変化する服、温度を一定に保つ服、立体の形に合わせた服など、アンリアレイジは服の概念を覆す服を発表しています。


2013 A/W COLLECTION ‘COLOR’
紫外線で服の色が変わります!!

2013年秋冬コレクション「COLOR」 日の光の当たり具合でものの色は変わる…でも色そのものは変わることがない。朝、昼、夕方、夜…日の光の同じように色自身も変わることを表現。 日本で唯一の技術フォトクロミック染色を用い、太陽の光を浴びると服が色づく魔法のようなコレクションを展開しました。
http://zozo.jp/brand/anrealage/

2013 A/W COLLECTION ‘COLOR’

2013 A/W COLLECTION ‘COLOR’

最初は真っ白であったウェアは、強いライトにさらされると次第に色を変え、全く違ったカラーに変化する。そう、太陽の下で、洋服が色を変えるのだ。
アンリアレイジ(ANREALAGE) 2013-14年秋冬コレクション – 「色」を壊す | ニュース – ファッションプレス

2013 A/W COLLECTION ‘COLOR’

http://www.youtube.com/watch?v=yTzjYCb-bc0
服のサイズが変化します!!

ショーでは自動で服のサイズを変えたが、実際は1つのダイヤルを手動で回すことによって内部に張り巡らされた糸が伸縮し、着丈や身幅、袖丈などを一気に調整できる構造になっているという。同時にギャザーやドレープが寄ることで、フィットやデザイン性も変化する。
【動画】アンリアレイジ「サイズが変わる服」を開発<2014年春夏コレクション> | Fashionsnap.com

2014 S/S COLLECTION ‘SIZE’

2014 S/S COLLECTION ‘SIZE’
2015S/Sからパリコレ進出です!!

あの娘と僕をつなぐ服『keisuke kanda』

2004年、神田恵介がレーベル「ケイスケ カンダ」を設立。
ケイスケカンダ : keisuke kanda

少年の憧憬や夢の中に存在するような、儚く繊細でロマンチックな「女の子」像を描き出すファッションデザイナーの、神田恵介。自身のコレクションライン「keisuke kanda」の発表のみならず、秋葉原・ディアステージに所属するアイドルとコラボレートした「初恋てろりすと」や、リボン型プラモデルの「女子用プラモ りぼんの戦士」のプロデュースなど、その活動はいわゆるコレクションブランドの「ファッションデザイナー」としては一風変わった印象も受ける。
KEISUKE KANDA | 神田恵介 | Fashion Designer | PUBLIC-IMAGE.ORG

好きな人に夢で逢えた時、好きな人が着てた服。大切な人があなたを想いうかべた時、あなたが着てた服。どっちも、僕らの服だったらいいな。 あなたの想いの中と、想いの中のあなたに、僕らの服がありますように。
神田 恵介 (keisuke_kanda)さんはTwitterを使っています

かわいい世界観『Ne-net 』

能年玲奈さんがイメージモデルをつとめています

2005年エイ・ネット(A-net)からブランド「ネ・ネット」がスタート。デザイナーは高島一精。
ネ・ネットのコンセプトはカップルで共有できる自由なカジュアル服。(フランス語で生まれるという意味もある。)
ネ・ネット : Né-net

この猫でご存じの方が多いはず。

ゆるいキャラクターと、遊び心の効いたユニークなアイテムが特徴
Ne-net(ネ・ネット)の世界観が素敵…♡可愛いキャラもの洋服が着たい!! | MERY [メリー]

ゆるい雰囲気が魅力『FRAPBOIS』

「大人げない大人の服」をコンセプトに、
ダメージや洗いといった加工を施したリラックスウェアを
展開するコレクションブランド。
CONCEPT | FRAPBOIS

レディースとメンズのアイテム両方あります。

こちらはハーフライン

フラボアからのジェンダーレスライン
コンセプトは「キミとボク、ボクとキミ。」
デザインは全く一緒で、サイズの大小で展開するこのライン。
スタンダードなシルエットに、フラボアらしいデザインを
少しプラスしました。
ハーフ=半分=半円=スカラップ
スカラップをモチーフにしたデザインが特徴的です。
男の子がレディースサイズを着ても、
女の子がメンズサイズを着てもOK。
そんなジェンダーレスなラインとして展開していきます。
CONCEPT | FRAPBOIS

ジェンダーレスな服も特徴

フラボアの洋服は年齢や性別を問わない作りになっているので誰もが似合うという優れた特徴があります。
フラボアの洋服を一度着るとわかりますが、その楽さにちょっとした感動を覚えるかもしれません。
フラボアと堂本剛

サルエルなどシルエットのゆるさが魅力です

服は家『FINAL HOME』

「ファイナルホーム(FINAL HOME)」は、1994年にスタートした日本のファッションブランド。津村耕佑(Kosuke Tsumura)がディレクターを担当している。
ファイナルホーム : FINAL HOME

1つのナイロンコートからファイナルホームのファイナルホーム(FINAL HOME)は始まった。そのナイロンコートは、「もし、災害や戦争、失業などで家をなくしてしまったとき、ファッションデザイナーである私は、どんな服を提案できるか、またその服は平和なときにはどんな姿をしているのか」という問いから生まれたもの。
ファイナルホーム : FINAL HOME

寒さをしのぐため、ポケットに新聞紙を詰めれば防寒着に、あらかじめ非常食や医療キットを入れて災害時に着れば非難着になるなど個人の用途に適応できる服をコンセプトとし、『FINAL HOME』というネーミングもまた「究極の家」という意味を込めてこのコートのために付けたものです。
FINAL HOME

(サバイバルウェアである作品の)ポケットに(新聞ではなく)花が詰められて、ラブ&ピースに変わっていましたね。ハッピーなメッセージが込められています。洋服とは、すごく変わったものあっても、それが身体性の新しい可能性とか生き方の提案とかになっていればファッションだと思います。だから、提案性の問題ですね。
日本ファッションの30年をたどる大規模展 – ミントデザインズ、アンリアレイジなどデザイナーインタビュー [2ページ目] | ニュース – ファッションプレス

インタビューより

もはや服でない!?『writtenafterwards』

コンセプトは「個人一人一人の心と心の対話の中で、人とファッションの新たな関係性を構築し、持続的でエモーショナルな作品、環境を提供すること。」ファッションデザインを衣服のデザインと捉えるのではなく、「人間の様相、流行のデザイン」と捉え、教育、社会、文化、環境的観点を持ったコミュニケーションツールとしてファッションの役割を提案すること。
リトゥンアフターワーズ : writtenafterwards

キーアイテムは熊手。日本の根本的な宗教観に興味を持っているという山縣は、いろいろな幸福をすべて取り込んで合体させた象徴である熊手に日本の本質のひとつを見出し、それを何でもありなファッションとして提示している。
リトゥンアフターワーズ 2013年春夏コレクション – 物語の最終章は、服の神様になったアダム | ニュース – ファッションプレス

2007年のデビューから想像の裏をかくクリエーションを次々と生み出してきたwrittenafterwards/山縣良和。商品を売るためのプレゼンテーションを一度脇に置いて、メッセージ性をより突きつめているのが彼らの物作り――自分の目で見てきたものを鑑みて、ここではあえて服作りに限定しない――の特徴だ。
物語のその後へ向かって ── writtenafterwards展示会レビュー&山縣良和インタビュー | NETOKARU

音楽との融合『LAD MUSICIAN』

1995年、黒田雄一が「ラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)」設立。ラッド ミュージシャンは、〈音楽と洋服の融合〉を基本コンセプトにしたブランド。
ラッドミュージシャン : LAD MUSICIAN

音から得られる目に見えない様々なインスピレーションを洋服という形のあるものにするラッド ミュージシャンの提案するライフスタイルは、性別、国境、年齢そして宗教も超えた自由な世界。落ち込んだ時に救ってくれる音楽のように、着る人にとってライフ ラインとなるレーベルを目指す。
ラッドミュージシャン : LAD MUSICIAN

2014S/S
アメリカの抽象表現主義の画家、マーク・ロスコ(Mark Rothko)をモチーフにしている

“MINIMAL ART ROCK 70”をテーマに、1970年にこの世を去ったアメリカの抽象表現主義の画家、マーク・ロスコ(Mark Rothko)へ捧げられたショーを披露。ロスコのもつアートの哲学をそのまま服に落とし込み、カラーやシルエット等が作品のように展開されていく。
ラッド ミュージシャン 2014年春夏コレクション – アメリカ抽象表現主義の画家マーク・ロスコに捧げる | ニュース – ファッションプレス

2014 S/S

若者を中心に、芸能人・ミュージシャンのファンが多いことでも知られる。例えば、黒田と親交があるとされるSMAPの稲垣吾郎は、ドラマなどで LAD MUSICIAN ブランドの着用している。
黒田雄一 – Wikipedia

かわいいテキスタイル『mintdesigns』

2001年、勝井北斗、八木奈央、竹山祐輔がミントデザインズを開始。
ミントデザインズ : mintdesigns

日常生活を豊かにするアイテムの視点でデザイン活動を展開しているミントデザインズ。ブランドのコンセプトは、オシャレの追求以前にグッドデザインを追求すること。発想、バランス、デザイン、コンセプトにこだわりを持ち、ユニークな生地を使用した作品が多い。その他では、カラフルなプリントを得意としている。
ミントデザインズ : mintdesigns

毎シーズン、何種類ものオリジナルの柄を発表しています。 どれもポップで、他にはない独特なもの。色使いもキレイで、根強いコアなファンが多いブランドです。モード風で個性的、変わった柄をお探しでしたら、ミントデザインズはおすすめです!
にぎやか柄を買うならココ!おすすめブランド5 | foundation garment

パリコレに進出!!『CHRISTIAN DADA』

クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)はデザイナー森川 マサノリが展開する日本のファッションブランド。ブランドのコンセプトは「アドレッセンス性を持ったプロダクトアウト」。単に服を『着る』というだけの概念にとらわれず、各個人のアイデンティティを1つのツールとして表現している。
クリスチャンダダ : CHRISTIAN DADA

2012年4月にはレディー・ガガ世界ツアーの衣装をアルマーニ以外のデザイナーとして初選出された。
クリスチャンダダ : CHRISTIAN DADA

クリスチャン ダダ パリコレデビューは6月28日に決定
クリスチャン ダダ パリコレデビューは6月28日に決定 | Fashionsnap.com

ポップと前衛とベーシック『GANRYU』

2008年、コム デ ギャルソン社から自身の名を冠したブランドGANRYU(ガンリュウ)をスタート。ロック調でストリートの感覚を取り込んだファッションを発表した。コム デ ギャルソン社最年少デザイナーである。
ガンリュウ : GANRYU

デザイナーは丸龍文人。ユースカルチャーを取り込み、身頃や股下がゆったりとしたデザインが特徴的。なかでもサルエルパンツが人気を集める。
Pen+(ペン・プラス) コム デ ギャルソンのすべて

2013A/W
テーマは「Unidentified(正体不明)」。
https://matome.naver.jp/odai/2140266809085147601
2017年09月23日