人生に迷ったときに見てほしい映画 10選

masakadoishizuka
なんかつまらない、退屈、不安、物足りないといった日常や人生に不満をもっている人たち、純粋な映画ファン、ひまつぶしを求める人におすすめしたい映画を独断と偏見でまとめました。見た後にはちょっと気分や価値観、人生観が変わるはずです。

ガタカ:Gattaca

1998年公開
あらすじ
出生前の遺伝子操作により、生まれながらに優れた知能と体力と外見を持った「適正者」と、「欠陥」のある遺伝子を持ちうる自然出産により産まれた「不適正者」との間で厳格な社会的差別がある近未来。
「不適正者」として産まれた主人公ヴィンセントは、子供の頃から「適正者」のみに資格が与えられている宇宙飛行士になることを夢見ていた。ヴィンセントはDNAブローカーの仲介で、事故により脚の自由を失った元水泳金メダル候補の「適正者」ジェローム・モローの生体IDを買い取り、生体偽装によりジェロームになりすまし、宇宙局「ガタカ」の局員となる。努力の結果ついにヴィンセントは念願のタイタン探査船の宇宙飛行士に選ばれるが、出発間近に上司が何者かに殺された事件現場で「不適正者」ヴィンセントのまつ毛が発見されたことから正体発覚の危機が訪れる。

コントロール:Control

2004年公開
あらすじ
「怪物」と称された死刑囚リー・レイ・オリバーは、数多くの凶悪犯罪に手を染めたため、ついに致死注射による死刑執行の時を迎えた。だが、彼は死なずに死体保管室で目を覚ました。注射内の薬品が入れ替えられており、彼の死刑は偽装されたものだったのだ。そして、それは脳科学の権威であるコープランド博士の指示によるものだった。状況が上手く飲み込めないリー・レイに、博士は「自分が研究・開発しているある薬品の実験台になれば、死刑を見逃してやる」と提案する。その提案に彼は仕方なく賛成するのだった。
こうしてコープランド博士率いる研究チームの監視の下、薬品の実験台にされることになったリー・レイ。その薬品「アナグレス」とは、被験者の脳の性質を変化させ、その者が持つ凶暴性や暴力性を抑えるという画期的な物だった。だが、凶悪犯であるリー・レイが大人しく捕まっているはずもなく、監視の隙を見つければ脱走を企て、その際に大勢の研究員・監視員を傷つけるのだった。しかし、実験を開始した数日後、彼の心に変化が生じていく、罪の意識や自責の念が芽生え始めたのだ。これを知った博士は、実験を第二段階へと進めることにする。それはリー・レイを社会に出し、一般市民と共に生活させるという危険なものだった。

レオン 仏題:Léon、米題:The Professional

1994年公開
あらすじ
ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオンは、プロの殺し屋として、表の顔はイタリアレストランの経営者で、イタリア系マフィアのボスであるトニーを介した依頼を完璧に遂行する日々を送っていた。
ある日、「仕事」帰りのレオンはアパートの隣室に住む少女マチルダと、彼女の顔に父親からの暴力の痕があることをきっかけに知り合う。マチルダは実の父親であるジョセフだけではなく、義姉のジョアンからも虐待を受けており、義母のマージからはまるで関心を向けられず、幼い弟マイケルにしか心を開けない、閉塞感に満ちたまま日常を送っていた。
だがその翌日、ジョセフが麻薬密売組織の「商品」を横領したことを見抜いたスタンスフィールドとその一味がアパートに乱入し、スタンスフィールドはマージやジョアンを容赦なく射殺。スタンスフィールドは薬の在り処を問い詰めるが、ジョセフが一瞬の隙を見て銃を取ったことから銃撃戦となり、手下の一人が撃ったマシンガンの銃弾がアパート内を乱れ飛ぶことになる。現場は蜂の巣になり、撃たれたことに激昂したスタンスフィールドがジョセフにシリンダーの弾を全部撃ち込んでいる頃には、すでに4歳のマイケルは流れ弾を浴びて死亡していた。レオンのために牛乳を買いにでかけ、運良く難を逃れていたマチルダは、帰ってきた頃には家族全員を皆殺しにされていた事を知る。マチルダはとっさに隣室のレオンに助けを求め、レオンはしばし逡巡した後に彼女を保護する。

ペイ・フォワード 可能の王国: Pay It Forward

2000年公開
あらすじ
ラスベガスに住むアルコール依存症の母と家を出て行った家庭内暴力を振るう父との間に生まれ、中学1年生になった主人公トレバーの担任教師は社会科のシモネット先生だったが、彼の顔面には酷い火傷の跡が残っていた。シモネット先生は生徒達に、「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問いかける。生徒達は中学生で、悪く言えば幼稚な考えを提出するが、トレバーは違った。彼の提案した考えこそ、後に世界を変えることになる、「ペイ・フォワード」だった。ペイ・フォワードとは自分が受けた思いやりや善意を、その相手に返すのではなく、別の3人の相手に渡すというものだった。 トレバーは“渡す”相手を探す。仕事に就かない薬物中毒の男。シモネット先生。いじめられている同級生。 “ペイフォワード”は本人は失敗だったと思い始めるトレバーだったが、そんなトレバーを見ていた母親が、彼には内緒でこの運動をはじめることで、トレバーの努力は日に日に報われる。遂にはテレビに取材されるなど、波紋は着実に広がっていくのだが…。

グリーンマイル:The Green Mile

1999年公開
あらすじ
1932年、アメリカの刑務所。死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、一人の大男が送られて来る。双子の少女を強姦殺人した罪を持つ死刑囚ジョン・コーフィは、その風貌や罪状に似合わないほど弱く、繊細で純粋な心を持っていた。これと同時期に、知事の妻の甥であるパーシーが看守となり、傲慢な態度で他の看守たちから嫌われる存在になる。
ある時、コーフィは触れるだけで、ポールの重い尿路感染症を治してしまう。彼はその後もミスター・ジングルス(ネズミ)の命を救い、これを見た看守たちは、彼はその不思議な力を神から授かった特別な存在なのではと考え始める。同時にポールは悩む。コーフィが電気椅子に送られること。それを行う自分たちは大きな過ちを犯しているのではないかと。

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白:Forever Young

1992年公開
あらすじ
1939年。アメリカ陸軍航空隊のテストパイロットのダニエルは未だ恋人のヘレンに結婚を切り出せないままでいた。そんな彼が電話している背後でヘレンが交通事故に遭ってしまい、目覚める筈もない昏睡状態となってしまった。あまりに大きなショックを受けたダニエルは友人の科学者ハリーが発明した冷凍睡眠装置の実験台に志願し、ヘレンが既に亡くなっている筈の1年後に向けて旅立った。それから凡そ50年後の1992年、少年・ナットの手によって冷凍睡眠装置から目覚めたダニエルはナットと母親・クレアと共に友人ハリーを探し出そうとするが何故かハリーはどこにも居なかった。一方軍では冷凍睡眠の研究をしていたフェリックスらがハリーの出現によって冷凍睡眠装置を見つけ出し、自分達の研究が50年もの遅れがある事を知った事で当事者の一人である彼を探し始めていた。

マイ・フレンド・フォーエバー:The Cure

1995年公開
あらすじ
12歳の夏休み、エリックは隣に越してきた11歳のデクスターと親友になる。デクスターは幼児のころの輸血が元で、エイズに感染していた。エリックの母親ゲイルは生活に追われ、息子のことを全く顧みない。デクスターと母親のリンダに夕食に招かれ、楽しい一時を過ごしたエリックは、親友のためにエイズの治療法を探そうと思いつく。チョコレートを食べ続ける食餌療法に続いて、「ルイジアナの医師が植物からエイズの特効薬を発見した」という新聞記事から、植物の葉を煎じて飲む方法を試みる。ところがある晩、毒草を飲んだデクスターが病院に担ぎ込まれる事故が発生。幸い命は取り留めたが、エリックは母親から彼との交際を禁じられ、サマーキャンプ行きを命じられる。エリックはデクスターを説得し、特効薬を分けてもらうためルイジアナの医師の元へ旅立つ。川を下り、2人の冒険旅行が始まった。

八日目の蝉

あらすじ
1995年10月東京地裁。秋山丈博、恵津子夫婦の間に生まれた生後6カ月の恵理菜を誘拐、4年間逃亡した野々宮希和子への論告求刑が告げられた後、希和子は静かにこう述べた。「四年間、子育ての喜びを味わわせてもらったことを感謝します」と……。会社の上司で妻帯者の丈博を愛した希和子は彼の子供を身ごもるが、産むことは叶えられなかった。そんな時、丈博から恵津子との子供のこと知らされた希和子は、夫婦の留守宅に忍び込み、赤ん坊を抱かかえて雨の中を飛び出す。希和子は子供を薫と名づけ、各地を転々としながら、流れ着いた小豆島でひと時の安らぎを得る。楽園のようなこの地で、薫に様々な美しいものを見せたいと願う希和子だったが、捜査の手は迫り、福田港のフェリー乗り場で4年間の逃避行は終わりを迎えた……。秋山恵理菜は21歳の大学生となった。4歳で初めて実の両親に会い、私たちこそが正真正銘の家族だ、と言われても実感が持てなかった。世間からはいわれのないない中傷を受け、無神経に事件が書きたてられる中、家族は疲弊していった。誘拐した希和子を憎むことで自分を殺し、誰にも心を開かないまま、恵理菜は家を出て一人暮らしを始める。そんな中、岸田孝史に出会い、好きになった。だがある日、自分が妊娠していることに気づいた恵理菜の心は揺れる。岸田は家庭のある男だった。そんな頃、恵理菜のバイト先にルポライターの安藤千草が訪ねてくる。千草はあの誘拐事件を本にしたいという。恵理菜を度々訪れ、親しげに生活に立ち入ってくる千草。だが、恵理菜は放っておいて欲しいと思いながらも、なぜか千草を拒絶することが出来なかった。千草に励まされながら、恵理菜は今までの人生を確認するように、希和子との逃亡生活を辿る旅に出る。そして最終地、小豆島に降り立った時、恵理菜は記憶の底にあったある事実を思い出す……。

イキガミ

あらすじ
厚生保健省の藤本賢吾の仕事は、「国家繁栄維持法」により1/1000の確率で選ばれた若者に政府より発行される死亡予告証「イキガミ」を配達することだった。イキガミを受け取ったものに残された人生は24時間。藤本は名誉あるしごとであるイキガミ配達職務を全うしようとするが・・・

手紙

あらすじ
川崎の工場で働く武島直貴は周りの人々と距離を置いて生活していた。兄の剛志が直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った家で誤って人を殺してしまい、千葉の刑務所に服役中だからだ。兄と弟は手紙によって連絡を取り合っていた。一方直貴は子供時代からの親友・祐輔とお笑いコンビ“テラタケ”を組み、プロを目指している。そんな直貴に惹かれた食堂の配膳係・由美子は何かと彼の世話を焼こうとした。やがて“テラタケ”はブレイクし、直貴は大企業の専務令嬢・朝美と恋に落ちた。しかし、インターネットの書き込みから直貴が殺人者の弟だという噂が広まってしまう。

https://matome.naver.jp/odai/2140033613163592001
2014年10月23日