食べる?食べない?刺身のツマ(大根)はどうするべき?

a06510256
スーパーの特売刺身パックであれ、奮発した高級料亭の一皿であれ、必ずついてくるあの大根。あたりまえに添えられている細切り大根について、誰もが一度はその存在意義について首をかしげたことがあるでしょう。食べるべきか、食べざるべきか、頭を悩ませる刺身のツマにも理由はあるのです。
お刺身についてくるあの大根
食べる派、食べない派で意見がわかれるでしょう。
結構大量についてくるあの細切り大根…
正直邪魔と思っている人もいるのでは?
刺身のツマ、食べる?
結構みなさん食べているみたい。

これについて、男女計1万2401人を対象にアンケートが行われた。(2015年6月実施)
【食べる率〇%】お刺身の下の「つま」 みんな知らない真の意味と役割とは? – エキサイトニュース

アンケートでは76%、つまり4人に3人以上が「食べている」という結果になった。
【食べる率〇%】お刺身の下の「つま」 みんな知らない真の意味と役割とは? – エキサイトニュース

ツマって何の為にあるの?

そもそもツマとは…
添えられているものがツマと呼ばれるそうで、あの細切りは正確にはツマではないようです。
お刺身まわりに添えられているものを総称してツマと呼ぶこともあることから、大根=ツマになったのでしょう。

そもそも、お刺身における「つま」とは、大根などの細切りのことだけを指す言葉ではない。「つま」は、お刺身に添えられる「からみ・つま・けん」の3つの総称だ。
【食べる率〇%】お刺身の下の「つま」 みんな知らない真の意味と役割とは? – エキサイトニュース

「つま」は刺し身の下ではなく、傍らに添えられるもので、大葉、花丸(花つききゅうり)、ミョウガ、菊、穂ジソ、芽ジソ、紅タデにハマボウフウ、海藻ではトサカノリ、サンゴノリ、ワカメなどが一般的です。
刺し身の「つま」って食べるもの? – 料理サプリニュース

「けん」とは、「剣」であり、鋭く細長いの意です。「三寸」長さに切って食べやすくし、また彩りや造り身の脇役としても欠かせません。大根のけんは【白髪】と献立に書くのが普通です。
刺身のつま

ツマは刺身の引き立て役
陰ながら夫を支える妻に例えられるよう、大根があしらわれているのにはワケがあります。

この「つま」は漢字で書くと「妻」。刺し身を夫に見立てて、その味を引き立てる存在ということで、妻という漢字が当てられるようになったのです。
刺し身の「つま」って食べるもの? – 料理サプリニュース

「女房と添え物が同じ意味?」と怒る人もいそうですが、男女の性差や夫婦の役割に関する議論はさておき、ここでは「主役=刺身」の魅力を増す「名脇役=野菜や海藻の添え物」を、「妻」と表現する日本語の洒脱さを理解したいところです。
マルイチ産商|お魚をおいしく食べるコツ

見た目が美しい
盛り付けは彩りが肝心です。
大根の白色も華やかさの演出に一役買っているということ。
消化促進・殺菌作用・毒消し
身体のためにもいいことずくめ。
つまりは薬味のようなものです。

大根に含まれるジアスターゼという酵素は、消化吸収を助け、胃をスッキリさせる働きがあります。
マルイチ産商|お魚をおいしく食べるコツ

生魚を食べた後の口の中をすっきりとさせ、生ものを食するリスクを軽減する上で、つまが大きな役割を果たすのです。
マルイチ産商|お魚をおいしく食べるコツ

身の生臭さが苦手と言う人も多いはず、つまはこの生臭さを緩和してくれます。
毒消し?刺身のつまは何故あるのか? | 日本の伝説・伝承

大根がよくつかわれるのは?
スーパーの刺身パックにも、高級料亭でも、必ずといっていいほど細切りの大根が添えられていますね。

大根は、「食べることで食あたりをしない」と言われており、そこから転じて配役が当たらない役者のことを「大根役者」と呼ぶなど、古くからその殺菌作用が広く知られる。そのため、生魚であるお刺身の“つま”として大根が重宝されているのだ。
【食べる率〇%】お刺身の下の「つま」 みんな知らない真の意味と役割とは? – エキサイトニュース

この大根、単なる添え物ではなく、刺身から出る水分を吸収する「台」としての重要な役割を持っています。大根自体が水分を吸うのに加え、千切りの隙間から水分が皿に逃げ、上の刺身が水っぽい状態になることを防ぐのです。
マルイチ産商|お魚をおいしく食べるコツ

同じ千切りでも、キュウリやニンジンなどの素材は大根ほどには水を吸わないため、大根だけの白いつまに彩りを添える演出効果はあっても、大根の代用を努めることはできないというわけです。
マルイチ産商|お魚をおいしく食べるコツ

ツマは食べるのが正解!

ツマを食べるのはみっともない?
マナー違反と言われることもありますが、そもそも理由あって添えられているもの。
残さず食べるのが正しいのです。

お刺身の“ツマ”って、飾りじゃないの?
食べてもいいの?そう疑問に思ったことがある人は、きっと少なくないはずです。
世界のハーブ知恵袋 | ほっとひと息 ハーブの時間 | 健康食品・化粧品のサントリーウエルネスオンライン[公式通販]

刺身のつまを食べるとみっともない。マナー違反だという声もありますが、種類の違う刺身を食べる際に口の中の風味をいったんリセットし、次に食べる刺身の本来の味を十分に味わうという意味があるようです。
毒消し?刺身のつまは何故あるのか? | 日本の伝説・伝承

刺身のツマは「食べる」が正解。焼き魚に添えられたハジカミ(酢どりしょうが)と同じく、ツマは口直しのためにある。お刺身を全て食べ終えたら口の生臭さをととるためにツマを食べる。口の中をさっぱりさせてから別の料理に進むと、他の料理も美味しく感じられる。
お刺身のツマは食べていいの? 知っておきたいマナー以前の社会人常識 | ダ・ヴィンチニュース

https://matome.naver.jp/odai/2140010616813058301
2015年06月25日