ANA制服をリニューアル ANA航空制服まとめ

JAL_ANA
ANA制服をリニューアル ANA航空制服まとめ

ANAグループは、サービスを提供するフロントスタッフ13000名の制服を一斉にリニューアルする。デザイナーは、アジアから世界に羽ばたき、現在はニューヨークで活動するプラバル・グルン氏。そのデザインは、オバマ米国大統領夫人や、英国王室のキャサリン妃などの多くのセレブリティに愛されている。

客室乗務員は、優雅さと機内サービス品質の高さを表すデザインでANAブランドを体現。ブラウスは無地ブルー、ツイード柄のブルーとピンクの3種類あり、いずれも生き生きとした印象をアピール。
男性は、ANAカラーを取り入れたネクタイを新たにデザインし、ライトグレーのジャケットとチャコールグレーのボトムスのセットアップをグルン氏が監修した。

フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(19=ANA)が24日、ANA羽田空港機体メンテナンスセンター格納庫で行われたANAグループ新制服発表会に参加した。

SP使用曲「パリの散歩道」に乗って航空機から登場した羽生は、右手を突き上げる決めポーズを披露。客室乗務員、地上旅客係員、ラウンジ係員の新制服は今冬から着用予定で、米ニューヨークで活躍する新進気鋭のデザイナー、プラバル・グルン氏が手がけた。

ブルーラインが特徴で、羽生も「一目見ただけで忘れないものになっている。エレガントで上品な感じがします」と絶賛。新制服のコンセプトは「挑戦と変化」だけに、「僕自身も世界に挑戦しているし、変化し続けるのは僕と同じ」と話していた。

https://matome.naver.jp/odai/2139986524641203901
2014年05月12日