刑事ドラマに異変?木9「BORDER」が「MOZU」越えの好調!

monet333
2014年4月期に放送されているテレビ朝日の小栗旬が主演する刑事ドラマ「BORDER」。死者と会話する能力が生まれた警官が事件を解決するという変わった設定ながら、当初から対決とされていた同時間枠のTBS「MOZU」を越える視聴率で好調となっています。人気のドラマについてまとめました。

・2014年4月期に放送されているテレビ朝日の小栗旬さん主演の刑事ドラマ「BORDER」

木曜9時に放送の小栗旬さん主演の「BORDER」

小栗旬が、直木賞作家・金城一紀氏とタッグを組んだ話題のドラマ『BORDER』(テレビ朝日系列:木曜9時)
小栗旬主演『BORDER』第5話、記憶喪失の死者が石川と共に真相を追求「記憶を取り戻すまで離れない!」 – Ameba News [アメーバニュース]

直木賞受賞小説『GO』や『SP 警視庁警備部警護課第四係』など大ヒット映像作品の原案・脚本を手がけた金城一紀氏による完全書下ろし作品
木9“警察ドラマ”が激突 『MOZU』13.3%、『BORDER』9.7% – 芸能ニュース一覧 – オリコンスタイル – エンタメ – 47NEWS(よんななニュース)

小栗演じる主人公の刑事・石川安吾が、“死者と対話できる”特殊能力を持っているという斬新な設定
小栗旬主演『BORDER』第4話12.0% 同時間帯の『MOZU』抜く ニュース-ORICON STYLE-

・同時間枠にはTBSの刑事ドラマ「MOZU」も放送

西島秀俊さんが主演するTBS系「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」との対決が話題に

TBSが木曜9時に放送しているのが、WOWOWと共同制作している『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜』
西島秀俊「MOZU」VS小栗旬「BORDER」木曜9時はどちらのドラマを見ないのが正解か? – Ameba News [アメーバニュース]

逢坂剛氏のハードボイルド小説『百舌(もず)』シリーズを、『ダブルフェイス』や映画『海猿』シリーズの羽住英一郎監督の演出でドラマ化
木9“警察ドラマ”が激突 『MOZU』13.3%、『BORDER』9.7% – 芸能ニュース一覧 – オリコンスタイル – エンタメ – 47NEWS(よんななニュース)

ダブル主演を務める西島秀俊と香川照之のほか、真木よう子、生瀬勝久、伊藤淳史、池松壮亮、長谷川博己、染谷将太と、主役級の大物役者が名を連ねている
「もはや正統派は食傷気味!?」小栗旬主演『BORDER』の大逆転で浮き彫りになった“刑事ドラマブームの終幕”|サイゾーウーマン

・放送開始前からこの「BORDER」と「MOZU」の対決が注目される

同時間でさらに同じ刑事ものということで対決が注目された2作品

最注目はテレビ朝日とTBSの警察ドラマ同士がぶつかる“木9戦争”
木9ドラマ 視聴率に大差の予感 – ライブドアニュース

両者ともにシリアスな作風で、本格派のドラマが同時間帯に放送されることは大きな注目を集めていた
小栗旬「BORDER」は視聴率一桁スタート、同時間の「MOZU」に押される | THE NEW CLASSIC

・視聴率は当初こそ「BORDER」が負けていたものの、だんだんと盛り上げついには「MOZU」を逆転する

当初こそ負けていたものの、第四話で「BORDER」が「MOZU」を逆転

「BORDER」は4月10日に初回が放送され視聴率は9.7%。同時間帯の「MOZU」は視聴率13.3%を記録しており「MOZU」に押された形
小栗旬「BORDER」は視聴率一桁スタート、同時間の「MOZU」に押される | THE NEW CLASSIC

「BORDER」は、初回・第2話で2回連続で9.7%、9.7%としていたが、4月24日放送の第3話で初めてが10.1%の2ケタを記録
小栗旬主演「BORDER」第3話で初の2ケタ 10・1% — スポニチ Sponichi Annex 芸能 BORDER

「BORDER」の第4話が5月1日に放送され、視聴率12%を記録し、視聴率が10.3%だった裏番組の刑事ドラマ「MOZU」に、視聴率で初めて勝った
【どっちのミカタ?】木9刑事ドラマ対決! 「MOZU」派54% 「BORDER」派46% : Nicheee! | ニッチー! | テレビリサーチ会社がお届けする情報サイト

5月8日放送された第5話の視聴率も13.1%と、先週に続いてさらに数字を伸ばしたことが、ビデオリサーチの調べで明らかとなった
小栗旬主演『BORDER』第5話の平均視聴率が13.1%と伸ばし右肩上がり! – ライブドアニュース

MOZU』が開始前から大きな注目を集めていたために、苦戦も予想されていたが、結果的には中盤に掛けて人気を確立していく形に
ついにBORDERがMOZUの視聴率を上回る | THE NEW CLASSIC

・「BORDER」は、なぜこうして好調なのか?

▼斬新な設定が受け入れられた

かなり斬新な設定の「BORDER」

死者と対話できる”特殊能力を持っているという斬新な設定が、徐々に視聴者に浸透しつつある
小栗旬主演『BORDER』第4話12.0% 同時間帯の『MOZU』抜く ニュース-ORICON STYLE-

▼金城一紀氏が書き下ろす物語の力

金城一紀氏の脚本にも魅力が

直木賞作家の金城一紀氏が書き下ろしただけあり、内容の深みも好感を得ている
小栗旬「BORDER」は視聴率をキープ:コアなファンを獲得? | THE NEW CLASSIC

シリアスで本格的な作品でありながらも、最後には希望が訪れるドラマに、コアなファンがつく
小栗旬「BORDER」は視聴率をキープ:コアなファンを獲得? | THE NEW CLASSIC

演出を担当する波多野貴文氏(金城氏原作の『SP THE MOTION PICTURE』で映画監督デビュー)は「やったぜー『物語の力』!」とツイッターで手応えを表していた
小栗旬主演『BORDER』第4話12.0% 同時間帯の『MOZU』抜く ニュース-ORICON STYLE-

▼メディアミックスやソーシャルメディアの力

メディアミックスされている「BORDER」は漫画や小説も発売、ソーシャルメディアでも人気が高い

「BORDER」は、メディアミックスプロジェクトの一環で、コミック版は連載中で小説版も発売中
春ドラマ、視聴率レース制するのは? 今週から続々スタート (2/2ページ) – 芸能 – ZAKZAK

金城氏の原案が、ドラマ、小説、コミックという3つのフィールドで展開される
小説、ドラマ、コミック…前代未聞の「BORDERプロジェクト」始動! – 新刊JPニュース

ソーシャルメディアなどを通じて良いドラマの口コミが広まり、後半にかけて視聴者を獲得するという新たなトレンドが生まれつつある
ついにBORDERがMOZUの視聴率を上回る | THE NEW CLASSIC

・正統派の刑事ドラマが飽きられているという異変が起きているとも

刑事ドラマ自体が飽きられている可能性も

最近のテレビドラマは「刑事・捜査もの」と「それ以外」というカテゴリーに大別することが出来る
テレビドラマは、崖っぷち〜なぜ新作は刑事物ばかりなのか?

『相棒』シリーズの大ヒット以降、“視聴率が安定して取れる”として、これまで各局はこぞって刑事ドラマを制作してきた
「もはや正統派は食傷気味!?」小栗旬主演『BORDER』の大逆転で浮き彫りになった“刑事ドラマブームの終幕” – ライブドアニュース

が、刑事ドラマは、警察組織に固執するあまり業界話のような内容になり、毎度、同じ組織の権力争いを描いている点も目新しさがない
視聴率振るわず…乱立する刑事・警察ドラマに「限界説」浮上 – 芸能 – 最新ニュース一覧 – 楽天WOMAN

ネットでは「刑事ドラマやりすぎなんだよ」「マンネリだ」などと叩かれている
(1/2) テレビ朝日の視聴率が急落、大丈夫か 社長交代を目前に控え「暗雲」が漂い始めた : J-CASTニュース

ネット上では「ストレートな刑事ものは食傷気味なので、『BORDER』のほうを見てしまう」「正直、男臭い刑事ものに飽きてしまった」という感想が目につく
「もはや正統派は食傷気味!?」小栗旬主演『BORDER』の大逆転で浮き彫りになった“刑事ドラマブームの終幕” – ライブドアニュース

・いずれにしろ、どちらもクオリティーが高いドラマ、今後の展開に注目

まだストーリーは序盤、今後の展開にも期待です

いずれにしても、今期の木曜9時は、この『MOZU』と『BORDER』がかぶっているのが、非常にもったいない
西島秀俊「MOZU」VS小栗旬「BORDER」木曜9時はどちらのドラマを見ないのが正解か? – Ameba News [アメーバニュース]

視聴者の中には『MOZU』と『BORDER』という本格派のドラマが同時間帯に放送されることを残念がる声もある
ついにBORDERがMOZUの視聴率を上回る | THE NEW CLASSIC

もちろんドラマの善し悪しが視聴率という画一的・表層的な指標で測られることが好ましい訳ではない
ついにBORDERがMOZUの視聴率を上回る | THE NEW CLASSIC

話題となる木9ドラマ。現状は「BORDER」が優勢なようですが、どちらも本格的なドラマ。今後の展開に注目です。

関連まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2139952204028137001
2014年05月09日