【ガンダム建機】双腕仕様機ASTACO(アスタコNEO)とは

u.k000429
油圧ショベルというと、黄色かオレンジのボディが印象的ですが、このASTACOはそれ以上に特徴的な部分があります。「腕が2つ」、今までの常識をくつがえす重機です。

ASTACO(アスタコNEO)とは

アスタコNEOとは、重機メーカーの日立建機(株)が2012年9月に発表した、量産型(市販品)の重機のこと。ベースとなっているのは油圧ショベル(パワーショベル)なんですが、腕をもう1本追加し、2本腕とすることで「掴みながら切る」「押さえつけながら割る」「長いものを安定して運ぶ」など、これまでの油圧ショベルには不可能だった複雑な動きができるようになっているのです
超重機アスタコNEO 第1話「アスタコNEO、大地に立つ」 | 旬モノ編集部

二本のアームを利用して、対象物を掴んだまま切断したり、長い物などを折り曲げるなど、一本のアームでは出来なかった作業に対応している。アームの操作は人間の腕の動きに合わせた専用レバーを使う独自方式で、JIS方式や日立パターンなどは全く違う。

精密作業が可能な双碗式は、建設現場だけでなく災害救助にも効果を発揮するため、東京消防庁のハイパーレスキューが災害用として導入した[4]。

また日立建機では自社の「ZAXIS135US」に副碗を追加した「ASTACO NEO」も開発している。副碗は従来のアームの補助として使うもので、二本とも同じアームの「ASTACO」とは構造が違うが、操縦方式は同じである。
油圧ショベル – Wikipedia

ASTACO(アスタコNEO)の意味

価格

受注生産:2360万円(通常の油圧ショベルの1.5倍)

販売台数

年間/5台(目標)

六本部機動といえばこれを撮らないと。双腕重機アスタコ。なんだかんだ初めて生で見た。 pic.twitter.com/THpV4lP0QL

(シゲ)@foth_F_clef

重機が好きなつもりはなかったが、アスタコを見るとテンション上がる

クリスマスローズ@DIAMONDTAKEOFF

ふじ銀行@fuji_san_

日立〜早くアスタコを多脚型にしてくれ〜

ばっぱら@Bappara_

アスタコとかいう重機かっこよすぎ

もげ@vonatoria

アスタコ新作出ててわろた

もるー@quo_vadis0331

日立建機の双腕式ショベルカー?、アスタコneo。今朝のおはよう日本で初めて見ましたが、双腕になるだけで建機からロボット的に。随分印象が変わるものですね>ガンダムやパトレイバーに一歩近づいたショベルカー。日立建機の双腕機: youtu.be/rOscUthyYn8

ま³@_msk45

日曜日は宇都宮行かねば…アスタコになかなか会うことができないんだよなぁ

えめを@emetan01

しょっか!アスタコって最初は地味な灰色でユーザーが好きな色にペイントしていんだ!!だからかっ☆

ゆういち@yu_one_s

将来アスタコに一回くらいはさわれる機会あるかなぁ
普通ないよなー

参考サイト

https://matome.naver.jp/odai/2139943794272111201
2014年05月26日