【第68回トニー賞】これさえ観ておけば間違いない!?ミュージカル部門 ノミネート作品

atny
毎年6月に開催される、アメリカ演劇界で最も権威のある賞であるトニー賞。1947年に創設され第68回を数える伝統の祭典は今年も話題のミュージカルがノミネート!今年のトニー賞授賞式の司会は、映画版『レ・ミゼラブル』の人気で日本でもおなじみのオーストラリア人俳優のヒュー・ジャックマン。

毎年6月に開催される、アメリカ演劇界で最も権威のある賞であるトニー賞。
1947年に創設され第68回を数える伝統の祭典は今年も話題のミュージカルがノミネート!

☞ 最優秀作品賞

『アフター・ミッドナイト』
グラミー賞受賞歴もある歌手ファンタジアをメイン歌手に据えた、セクシーで煙る魅力漂うジャズミュージカル。
『アラジン』
ディズニー作品からのミュージカル最新作。
「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を元に作成されたアニメ映画「アラジン」がミュージカルになって登場。
『ビューティフル』
アメリカポップス史上に残る伝説キャロル・キングの半生を実力派メンバー陣でミュージカル化した感動作。
『紳士のための愛と殺人の手引き』

☞ 最優秀ミュージカル脚本賞

チャド・ベグリン(アラジン)

ダグラス・マクグラス(ビューティフル)

ウディ・アレン(ブロードウェイと銃弾)

ロバート・L・フリードマン(紳士のための愛と殺人の手引き)

☞ 最優秀楽曲賞

『アラジン』
(作曲=アラン・メンケン 作詞=ハワード・アシュマン/ティム・ライス/チャド・ベグリン)

『マディソン郡の橋』
(作詞作曲=ジェイソン・ロバート・ブラウン)

『紳士のための愛と殺人の手引き』
(作詞作曲=スティーヴン・ルトヴァク 作詞=ロバート・L・フリードマン)

『イフ/ゼン』
(作曲=トム・キット 作詞=ブライアン・ヨーキー)

☞ リバイバル賞

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
歴代ロックミュージカルの頂点と呼ばれた伝説の舞台が、時代を超えてブロードウェイに帰ってきました!
『レ・ミゼラブル』
同名映画の空前のヒットを受けて、名作がブロードウェイにカムバック。真実の愛、生への感動を再び!
『ヴァイオレット』
https://matome.naver.jp/odai/2139932390004716701
2014年06月17日