【小栗旬】ドラマ「BORDER」ついに最終回淡々としててまじで怖い!!あらすじ・キャスト・感想

akkini
2014年4月期 テレビ朝日系木曜ドラマ『BORDER』のあらすじ・キャスト・登場人物・感想など。視聴率:第1話 9.7%→第2話 9.7%→第3話 10.1%→第4話 12.0%

『BORDER』毎週木曜よる9時

捜査に没頭するあまり、私生活すべてを犠牲にしてきた警視庁捜査一課の刑事・石川安吾(小栗旬)は、殺人事件の現場だけに自分の存在意義を見出すような空虚な日々をおくっていた。そんなある日、元警察官が銃殺される事件が発生。現場に駆けつけた石川は、付近に潜んでいた犯人から銃撃を受け、頭部に被弾してしまう。生死の境をさまよいながら、朦朧とする意識の中で、ぐるぐると巡る「人は死んだらどこに行くんだろう」という疑問。そして、初めてわき上がってきた感情。――死にたくない。その強い思いが奇跡を起こしたのか、石川はいったん生命活動を停止しながらも、蘇生を遂げる。銃弾は脳内に残り、予断を許さない状況に変わりはなかったが、本人の意思もあって、やがて刑事の仕事に復帰する。

その矢先、新たな殺人事件が発生。現場にやって来た石川は、泣き出しそうな顔で立っている男の子を目撃。石川だけに見えるその男の子の正体は…なんと、殺された男の子だった!? 戸惑う石川だったが、進んでいく捜査の中で、自らが死者と対話できるようになった事態を受け止めざるを得なくなっていく・・・。やがて、死者の声に導かれる石川は、誰も知らない事件の真相を知ることになり・・・!?

相関図 キャストとキャラクター

石川安吾/小栗旬
警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。そりの合わない父親へのあてつけとして、父親が忌み嫌う警察官になった。頭の回転が速く、観察眼に長け、勘が鋭い上、柔剣道をこなすという体力も兼ね備えている。刑事としての高い基本能力に加え、野心的で努力も怠らない人間性もあり、異例の昇進で本庁捜査一課の刑事に抜擢された。しかし、殺人事件の捜査中に犯人と思われる人物から銃撃を受け、頭部に被弾。銃弾が脳底動脈近くに残留したことをきっかけに、脳の未知なる領域が覚醒したのか、死者と会話を交わすことができる特殊能力が発現する。
比嘉ミカ/波瑠
警視庁刑事部の特別検視官。元々は内科医を目指していたが、大学在学中に著名な法医学教授と出会ったことで法医学の面白さに目覚める。助手として千体近くの解剖を手掛け、類まれな観察眼と勘の鋭さで数々の難事件解決に寄与してきた。その後、ミカの能力に目を付けた警察庁関係者から請われ、教授の退官を機に準キャリアとして入庁。事件現場から墓場までを担当する死因究明先進国である米国型の検死システムを作ろうとしていた上層部の意向で、特別検視官という役職を与えられる。鑑識技術と認知科学を併用した捜査を得意とするが、科学では解明できない領域があることも認めている。
市倉卓司/遠藤憲一
警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長。石川の直属の上司。刑事としての石川の能力を買っており、独断専行型の捜査も半ば放任している。自身は、飄々と捜査を進める地に足のついたタイプの刑事で、地取りや取り調べで実力を発揮する。そのいっぽう、嘘を見抜く鋭さと、清濁併せ呑む度量を持ち合わせている。石川が非公式に協力を求めることになる裏の情報屋も、元々は市倉の人脈。私生活では、妻と高校生の一人息子を持つ。
情報屋 赤井/古田新太
正体不明の情報屋。誰も信用しないような皮肉屋だが、石川には何かを感じている様子で、非合法的な依頼にも手を貸す。若い頃は、外資系の大手金融機関などを転々とし、その間に多種多様な人脈を形成。退職後、その人脈から得た情報を駆使してかなりの富を得たという。しかし、妻の浮気が原因で傷害事件を起こし、表の世界からドロップアウト。現在は、新橋近くの居酒屋『立ち呑み 情』を“オフィス”として、裏世界の情報の元締め的な存在になっている。
サイモン/浜野謙太
ガーファンクルとコンビを組むハッカー。風俗店で働く男運のない母親に連れられ、転校を繰り返す孤独な幼少期をおくる。唯一の心の拠り所だったのが、母親の男からおもちゃ代わりに与えられた使い古しのパソコンだった。以来、ハッキングの世界に没頭し、16歳の時には「仕事人」と呼ばれる伝説的な存在になっていた。その後、暴力的な母の愛人を刺し、少年院に。そこでガーファンクルと出会い、2人でハッキングによる裏稼業を営むようになる。
ガーファンクル/野間口徹
サイモンとコンビを組むハッカー。IQテストで180を記録した天才で、周囲から将来を嘱望されていたが、本人は“破壊行為”にしか興味がなく、優等生を装う裏でハッキングに没頭していた。高校時代、爆弾製造の罪で少年院に収監された際、同じ趣向を持つサイモンと出会い意気投合。社会復帰後、情報操作で巨万の富を得て、「S&G行政書士事務所」を開設した。ただ、それは隠れ蓑に過ぎず、現在も裏でハッキングを行っている。

第五話「追憶」 2014年5月8日

閑静な住宅街の一軒家の庭でサラリーマンと見られる男性の遺体が発見された。検視を担当した比嘉(波瑠)によると、異常死には間違いないものの、解剖してみないと死因ははっきりしないという。また、男性は身分を証明する物も携帯電話も所持していないため、身元さえ分からなかった。所轄の刑事によると、最近管内で多発しているノックアウト強盗の線が強いのではないかという。

ところが、生前の姿で現れた被害者の男性(宮藤官九郎)に石川が話を聞くと、事態は単純なものではないことが分かる。側頭部の傷が原因か、男性は記憶を失っており、「どうして死んだのか思い出すまで、あなたのそばを離れません!」と石川に宣言。文字通り、自身の遺体の解剖現場から、ノックアウト強盗の巡回捜査まで、石川にピッタリとついて回る。石川は、そんな男性を持て余しながらも、男性の死の原因を突きとめようと捜査を続けるが…!?

第四話「爆破」 2014年5月1日(視聴率 12.0%)

大学の陸上競技場でホームレス男性の刺殺遺体が発見された。見晴らしのいい場所にわざわざ遺体を放置し、これ見よがしに『取扱注意』のシールが貼られているのが犯人の異常性を物語っていた。比嘉(波瑠)が検視を開始するいっぽう、石川(小栗旬)は生前の姿でグラウンドの一角にたたずむ被害者を発見。男性によると、犯人は若い男で、殺害時「おとりになってもらう」という言葉を口にしたという。嫌な予感に駆られた石川は、検視中の比嘉に駆け寄るが…!?

警察を標的にしたテロの可能性が浮上し、石川と立花(青木崇高)は犯人逮捕にいきり立つが、市倉(遠藤憲一)から一週間の自宅待機を言い渡される。そんな中、管内で問題の『取扱注意』シールが貼られた新たな遺体が発見された。居ても立ってもいられなくなった石川と立花は、市倉の指示を無視して現場に急行。石川はそこで2人目の死者にアプローチし、犯人に関する重要な証言を得るが…!?

第三話「連鎖」 2014年4月24日(視聴率 10.1%)

50年ほど前に東京郊外に施設されたベッドタウン・夢の丘ニュータウン。その団地棟に囲まれた広場で、若い男(金井勇太)の刺殺遺体が見つかった。検死の結果、男はどこか別の場所で殺され、着替えさせられた上で広場に放置されたらしい。第一発見者は、町内の自治会長を務める藤崎(平田満)という初老の男。藤崎によると、男は町内の住民ではないらしく、身元は不明だった。

そんな中、石川の前に死者となった若い男が現れ、「島村靖雄(駿河太郎)という男に殺された」と告げる。彼によると、島村は以前、この団地に住んでいたというが、なぜか詳しい事情は語ろうとしなかった。石川が若い男の証言を基に調べると、島村は5年前、妻と子供を薬物中毒の高校生に殺されていたことが判明。その犯人である西本こそ、遺体で発見された男だった。石川は、今回の事件と5年前の事件の繋がりにいち早く気づくが…!?

第一話「発現」 2014年4月10日(視聴率 9.7%)

捜査に没頭するあまり、私生活すべてを犠牲にしてきた警視庁捜査一課の刑事・石川安吾(小栗旬)は、殺人事件の現場だけに自分の存在意義を見出すような空虚な日々をおくっていた。そんなある日、元警察官が銃殺される事件が発生。現場に駆けつけた石川は、付近に潜んでいた犯人から銃撃を受け、頭部に被弾してしまう。生死の境をさまよいながら、朦朧とする意識の中で、ぐるぐると巡る「人は死んだらどこに行くんだろう」という疑問。そして、初めてわき上がってきた感情。――死にたくない。その強い思いが奇跡を起こしたのか、石川はいったん生命活動を停止しながらも、蘇生を遂げる。銃弾は脳内に残り、予断を許さない状況に変わりはなかったが、本人の意思もあって、やがて刑事の仕事に復帰する。

その矢先、新たな殺人事件が発生。現場にやって来た石川は、泣き出しそうな顔で立っている男の子を目撃。石川だけに見えるその男の子の正体は…なんと、殺された男の子だった!? 戸惑う石川だったが、進んでいく捜査の中で、自らが死者と対話できるようになった事態を受け止めざるを得なくなっていく・・・。やがて、死者の声に導かれる石川は、誰も知らない事件の真相を知ることになり・・・!?

こなぎ@nagisa_0506

小栗旬のドラマ面白い…

小栗がだんだんダークサイドに落ちて行ってるなおもろいな
【テレ朝木9】BORDER #3【小栗旬】

情報屋に支払ってるの5万くらいだよね?
で、情報屋は今回3人くらい雇ってるから一人頭取り分1万ちょいか
割りあうんかいな?
しかも盗聴やってた奴は「全員の家に盗聴器しかけましょうか?」とか言い出すし
はした金で何でこんなやる気満々なの?
【テレ朝木9】BORDER #3【小栗旬】

小栗が撃たれた事件て元警官殺しだからな
実行犯もプロと推定されてる
レギュラーキャスト少ないからあれだけど
実はエンケンが絡んでた展開はあり得る
【テレ朝木9】BORDER #3【小栗旬】

撮り方がすごく安心して見られるというか安定感があって好きだな
編集の腕でもあるのか。スタッフもすごく良い仕事してるよね
【テレ朝木9】BORDER #3【小栗旬】

視聴率上がってるじゃん!
OPの語り、疾走感あってカッコイイから好きだ
確かに分類としてはコナンの語りと同じだなw
MOZUは主演とヒロインがW棒でちょっとな…被ってなかったら見てたかもしれんが
小栗のほうが断然引き込まれる
昔は嫌いなほうだったのに自分でも驚きだわ
【テレ朝木9】BORDER #3【小栗旬】

「MOZU」VS「BORDER」!2014春ドラマは木9対決が熱い! – NAVER まとめ matome.naver.jp.2-t.jp/Yuy

ちゃーちゃん@ryokomama

やっぱり、見た目だけじゃない、熱い想いが伝わるから小栗旬を尊敬しています。彼の携わる作品はどれもチームワークのよさを感じるし、彼が男女問わず魅了する役者だという証だよね。

yu-dai@jodran1115

BORDERヤバし。
録画今見たけど面白すぎるだろo(`ω´ )o
みんなに見てほしい(^_^)

エンタメINFO@entame_info1

【RT711FA1042】【DRAMA】いよいよ明日、よる9時は「BORDER」第二話“救出”は、
ハラハラドキドキの展開!!
絶対、見逃して欲しくない!!という方々からこの1枚
bit.ly/1ndCZV6 pic.twitter.com/D4pvgFnsB2

Puri@Be3seventh

ドラマ録画視聴が追い付かないけど、BORDERいいね!さすが小栗旬と川井憲次!
https://matome.naver.jp/odai/2139911571795481301
2014年06月05日