内柴被告の実刑5年が最高裁で確定。判決までを振り返る

worldwide
元柔道金メダリストの内柴被告の裁判が終わり、実刑5年が確定した。事件からこれまでの裁判を振り返る。

柔道オリンピック金メダリスト・内柴正人被告が逮捕されたのが2011年

2011年12月に、教え子で未成年の女子柔道部員への準強姦容疑で逮捕された、アテネ五輪柔道金メダリストで元九州看護福祉大学女子柔道部コーチの内柴正人被告
内柴正人被告、裁判中に離婚していた 息子は学校でいじめ被害│NEWSポストセブン

2011年9月下旬、客員教授を務めていた九州看護福祉大の柔道部の合宿のため上京した際、10代の女性部員ら数人と飲食店やカラオケボックスで酒を飲んだ
内柴正人に「余罪」証言が出るわ出るわ – ライブドアニュース

そして、泥酔した部員を宿泊していた八王子市内のホテルへ送り届けたあと乱暴したという
内柴正人に「余罪」証言が出るわ出るわ – ライブドアニュース

2012年9月、始まった裁判では被告は無罪を主張

「部員が寝ていたときに性行為をしたというのは事実ではない」と述べ、あらためて同意の上での行為だったと無罪を主張
内柴被告 被告人質問で「部員も性行為することに了承していた」 — スポニチ Sponichi Annex 社会

・被害者の証言

女子部員は、「ひどく酔っていて気がつくと暴行されていた」としている
内柴正人に「余罪」証言が出るわ出るわ – ライブドアニュース

・裁判では新たな事実も明らかに

合宿中だけで教え子3人と性行為をしていたことを明かした。うち被害者を含め2人とは1晩で行為に及んでいた
合宿中に3人と性行為していた! 内柴被告の絶倫ぶりが話題に : J-CASTニュース

・2013年2月1日、実刑5年の判決が出たが、即日控訴

鬼沢裁判長は、飲食店に同席した関係者の証言などから、被害部員が「酔いつぶれ、ほとんど意識を失った状態にあったことは明らか」と認定
内柴被告に懲役5年の実刑判決 「被告側の主張は明らかな嘘」 – MSN産経ニュース

「教え子である未成年が酔って寝ているのに乗じ、性的欲求を満たすためだけに姦淫した」と内柴被告を厳しく批判
内柴被告に懲役5年の実刑判決 「被告側の主張は明らかな嘘」 – MSN産経ニュース

求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。内柴被告側は即日控訴した
内柴被告に懲役5年の実刑判決 「被告側の主張は明らかな嘘」 – MSN産経ニュース

高裁の二審でも改めて無罪を主張

弁護側は「事件後も2人で過ごしており、被害者の行動として不自然だ」などと主張
無罪主張は不合理 内柴被告、二審も懲役5年 -熊本のニュース│ くまにちコム

・しかし、2013年12月11日、高裁で控訴棄却。一審と同じ5年の実刑判決だった

金谷裁判長は、犯行当時、被害女性は柔道の練習で疲れがたまった状態で飲酒し、「酔いつぶれてなかなか目が覚めない状態だった」と指摘
柔道の内柴正人被告、二審も懲役5年判決 準強姦罪:朝日新聞デジタル

「目を覚ますと暴行されていた」という被害女性の証言の信用性を認め、「熟睡に乗じて性的行為をしたわけではない」とする弁護側の反論を退けた
柔道の内柴正人被告、二審も懲役5年判決 準強姦罪:朝日新聞デジタル

「指導者である被告に渋々従っただけで、不自然ではない」と認めなかった
無罪主張は不合理 内柴被告、二審も懲役5年 -熊本のニュース│ くまにちコム

前述の弁護側の主張に対して

・判決時の被告の様子

実刑の宣告に、青白くなった顔を両手で覆い隠し、がっくりうなだれた
内柴被告、「実刑」に顔覆い、ぼうぜん – 柔道ニュース : nikkansports.com

主文が言い渡されると、裁判長に促されて椅子を引き、どすん、と腰を落とした。そのまま5分ほど拝むようなポーズでじっと顔に手を当て、目をつぶった
内柴被告、「実刑」に顔覆い、ぼうぜん – 柔道ニュース : nikkansports.com

約30分にわたる判決理由朗読の間、内柴被告は肩で小さく息をし、うつむいたまま
内柴被告、「実刑」に顔覆い、ぼうぜん – 柔道ニュース : nikkansports.com

・被告は上告し最高裁まで持ち越された

「控訴の棄却は納得できません。上告して無実を訴えたいと思います。応援してくれる人には感謝しています」とのコメントを弁護人を通じて出した
柔道の内柴正人被告、二審も懲役5年判決 準強姦罪:朝日新聞デジタル

そして2014年4月23日、最高裁で上告棄却。実刑5年が確定した

最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は23日付で、被告側の上告を棄却する決定をした。懲役5年とした一、二審判決が確定する
時事ドットコム:内柴被告、実刑確定へ=女子柔道部員に暴行−最高裁

逮捕から実刑確定までに色々なものを失った内柴被告

・離婚し、妻子とは離れ離れに

奥さん、2012年11月中旬に、内柴さんと離婚したそうです。“子供のことを考えると、それしかない”って…
内柴正人被告、裁判中に離婚していた 息子は学校でいじめ被害│NEWSポストセブン

事件後、間もないころは“何があってもここで夫を待ち続ける”って言っていたんだけど、内柴さんは面会にも応じてくれないみたいで…
内柴正人被告、裁判中に離婚していた 息子は学校でいじめ被害│NEWSポストセブン

今も夫のニュースが流れる度に“また子供がいじめられたらどうしよう。もう生きているのがつらい”って泣いている
内柴正人被告、裁判中に離婚していた 息子は学校でいじめ被害│NEWSポストセブン

・全柔連から「除名」処分

全日本柔道連盟の上村春樹会長は2013年2月1日、会員資格の永久停止処分を科す意向を明らかにした
内柴被告 除名へ 全柔連会長が明言「会員資格を永久停止にしたい」 — スポニチ Sponichi Annex 柔道

同会長は「控訴するかは別にして一区切りをつけたい。会員資格を永久停止にしたい。すなわち除名だ。こんな事態になって悲しい限り。選手を導く人間として責任は非常に重い」と説明した
内柴被告 除名へ 全柔連会長が明言「会員資格を永久停止にしたい」 — スポニチ Sponichi Annex 柔道

https://matome.naver.jp/odai/2139837697466003001
2014年04月25日