理研もびっくり!研究費調達がネットで可能!?「academist」で研究費をネット応援者から調達。

mt.yoko
エデュケーショナル・デザインが「academist」をオープンした。今回オープンしたacademistは、さまざまな分野の研究費をネットの応援者から調達できるサービスとなっているようです。
「academist」とは
研究費の調達に特化したクラウドファンディングサイトであり、さまざまな分野の研究費をネットの応援者から調達できるサービス

気になるのは投資した人へのリターン。面白い研究がこうしたクラウドファンディングを利用するようになれば、一般の人にもなかなか出会えないようなリターンが得られるかも知れない。そういった意味で、とても楽しみなサービス。
研究費を募るためのクラウドファンディング「academist」 | mah365

公式ホームページ

株式会社エデュケーショナル・デザイン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:柴藤亮介)は、2014年04月07日より、研究費獲得のためのクラウドファンディング・プラットフォーム「academist(アカデミスト)」の提供を開始いたしました。

【株式会社エデュケーショナル・デザイン概要】

社 名:株式会社エデュケーショナル・デザイン
所在地:東京都文京区本郷1-33-3後楽園キャステール507号室
設 立:2013年4月17日
資本金:100万円
代表者:柴藤亮介
事業内容
1.学校教育サービス開発事業
2.クラウドファンディングサービス事業

academistずーーーーーっとつながらないなw

Kei@asdefds

なにこれ家ですきな研究できそう academist-cf.com

oripachi@oripachi

こんな方法での研究資金集めがあるのかぁ.大学などへの寄付が余り普及していない日本でどこまで定着するかは疑問だが,面白い試みだね.academist-cf.com

プロジェクト第一弾は京都大学の研究員(ポスドク)岡西政典さん


深海生物テヅルモヅルの分類学的研究

研究内容:キヌガサモヅルの分類を調べたい

キヌガサモヅルは世界中に生息していると言われていますが、実際には生態や形が異なる複数の種に分類できるのではないかと私は思っています。長らく研究者がいなかったためこうした問題は手つかずのままでしたが、近年のDNA分析などの手法を用いることで、その謎が解明できるのではないかと期待しています。
academist(アカデミスト)

支援者への謝礼

500円
1.お礼のメッセージ
2.学会講演資料
1,000円の支援者へ
1.お礼のメッセージ
2.学会講演資料
3.モヅル壁紙(3枚)
3,000円の支援者へ
1.お礼のメッセージ
2.モヅル壁紙(3枚)
3.学会講演動画
5,000円の支援者へ
1.お礼のメッセージ
2.モヅル壁紙(3枚)
3.学会講演動画
4.モヅルポロシャツ
10,000円の支援者へ
1.お礼のメッセージ
2.モヅル壁紙(3枚)
3.学会講演動画
4.モヅルポロシャツ
5.論文の謝辞に氏名掲載
15,000円の支援者へ
1.お礼のメッセージ
2.モヅル壁紙(3枚)
3.学会講演動画
4.モヅルポロシャツ
5.論文の謝辞に氏名掲載
6.モヅルパーカー
30,000円の支援者へ
1.お礼のメッセージ
2.モヅル壁紙(3枚)
3.学会講演動画
4.モヅルポロシャツ
5.論文の謝辞に氏名掲載
6.モヅルパーカー
7.モヅル標本(乾燥)

このテヅルモヅル、深海のロマンを感じさせるネーミングや見た目の奇妙さが面白いです。研究費の目標獲得金額は40万円で、すでに29万円以上が集まっています。社会へのインパクトとはまた違った視点で研究のユニークさをアピールして資金を集められる、いいチャンスかもしれませんね。
研究費をネットで集められるサイト「academist」がオープン! 第1弾は「深海生物テヅルモヅルの分類学的研究」の資金募集 (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

https://matome.naver.jp/odai/2139825223792780101
2014年04月23日