関東近郊サイクリングコース#27(大月~笹子峠~勝沼~甲府)【ドライブにも】

KURISEKIHAN
大月から笹子峠を越えて葡萄畑広がる勝沼へ。笛吹川CRを経由して甲斐善光寺に立ち寄り甲府まで。

とりあえず起点は大月としましたが高尾以東から大垂水峠を越えて来るもよし。

日本三大奇橋「猿橋」
http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/15/05/
渋滞情報の「猿橋バス停」でお馴染みの猿橋は大月の4km下流。
木造では唯一現存する刎橋という特殊な構造の橋。
進行方向逆ですが紅葉の時期は寄り道する価値あり。
猿橋
山梨県大月市猿橋町猿橋
富士みちの道標
大月橋東詰の交差点に富士みちの道標がある。
大月橋東詰
日本, 〒401-0006 山梨県大月市大月2丁目 富士みち
大月橋
大月橋
日本, 〒401-0006 山梨県大月市 国道20号線
大月 本陣跡
大月 本陣跡
日本, 〒401-0006 山梨県大月市大月町花咲 国道20号線
初狩 笹子川
初狩 笹子川
日本, 山梨県大月市初狩町中初狩2975
初狩 中央本線
初狩
日本, 山梨県大月市初狩町中初狩 国道20号線
笹子 甲州街道
笹子 甲州街道
日本, 〒401-0023 山梨県大月市笹子町白野 国道20号線
笹一酒造
http://tabelog.com/yamanashi/A1905/A190501/19006029/
お酒の販売のほか、甘酒味のソフトクリームや酒まんじゅうをいただけます。
笹一酒造
日本, 山梨県大月市笹子町吉久保26
ラオウと黒王号
縁あって(?)店先に展示されている世紀末覇者。
笹子餅(みどりや)
http://tabelog.com/yamanashi/A1905/A190501/19003765/
笹子峠を越える際の力餅として売られてきた名物。峠越えの前に行動食として購入しよう。
笹子峠入口
左側の旧道へ
笹子峠入口
日本, 〒401-0025 山梨県大月市笹子町黒野田 県道212号線
山間の段々畑
日本, 山梨県大月市笹子町黒野田 県道212号線
本格的な山道へ
日本, 山梨県大月市笹子町黒野田 県道212号線
日本, 山梨県大月市笹子町黒野田 県道212号線
「矢立の杉」入口
矢立の杉
笹子峠の大月市側にある杉の木で、笹子峠を通って合戦に赴く武士が必勝を祈願して、この杉の木に矢を射ったことが由来と言われている。根周りは14.8m、高さは約26mで、幹の中は空洞になっている。 源頼朝もここを通った際に矢を射ったとも言われている。
江戸時代には葛飾北斎の『北斎漫画 七編 甲州矢立の杉(文化14年(1817年))』や歌川広重(二代目)の『諸国名所百景 甲州矢立の杉』など浮世絵にも描かれている。
矢立の杉
日本, 山梨県大月市笹子町黒野田 県道212号線
笹子隧道
https://www.pref.yamanashi.jp/dourokisei/kisei_info.php?id=4668
冬季(例年12月頭~4月後半)は閉鎖されます。
出かける前に道路規制情報を確認しましょう。
笹子隧道
日本, 山梨県大月市笹子町黒野田 県道212号線
甲州市側
日本, 山梨県甲州市大和町日影 県道212号線
日本, 〒409-1204 山梨県甲州市大和町日影 県道212号線
日本, 〒409-1204 山梨県甲州市大和町日影 県道212号線
日本, 〒409-1204 山梨県甲州市大和町日影 県道212号線
日川 立合川
日本, 〒409-1204 山梨県甲州市 国道20号線
谷間に広がるブドウ園
日本, 山梨県甲州市大和町初鹿野 国道20号線
勝沼の町並み
旧甲州街道沿いには宿場町の面影が残っている。
旧田中銀行博物館
『旧田中銀行博物館』は、明治30年代初め「勝沼郵便電信局舎」として建設された藤村式建築の流れをくむ建物です。
大正9年にレンガ蔵を増設し、「山梨田中銀行」社屋として改修され利用されたのち、戦時中は北白川宮関係者が疎開するなど住宅として使われることもありました。一階には銀行時代の貴重な品々、二階の和室には疎開当時の遺品がそのまま残されています。
旧田中銀行博物館
山梨県甲州市
祝橋
http://www.koshu-kankou.jp/map/kindai/iwaibashi.html
昭和6年に開通式典が行われたコンクリートアーチ橋です。大正2年に新設された勝沼駅から自動車で葡萄を出荷するために計画されました。また、ぶどう狩り、ワイン工場見学に訪れる観光客に広く観光の町勝沼のシンボルとして紹介されるようになった近代土木遺産です。
祝橋
山梨県甲州市
祝橋からみたブドウ園
宮光園
宮光園は、宮崎光太郎が創業した葡萄酒醸造所と観光葡萄園の総称です。現在は、日本の本格的ワイン醸造のルーツを知ることができる資料館として修復整備されており、ここから発見された貴重な映像資料や写真、当時のワインラベルなどを展示しています。
宮光園
日本, 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1741 宮光園
シャトーメルシャン ワイン資料館
1904年に建てられた、現存する日本最古の木造ワイン醸造所であり「山梨県指定有形文化財」等にも指定されている「旧宮崎第二醸造所」をシャトー•メルシャンワイン資料館として開館しています。日本ワインの誕生・変遷とともにシャトー・メルシャンの歴史を紹介しているほか、明治期以降に実際、この場所で使われていた貴重な醸造器具の展示、今のシャトー・メルシャンの礎となる先人たちの軌跡・功績やブドウ産地の紹介なども行っています
シャトーメルシャン ワイン資料館
日本, 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1110 シャトー・メルシャンワイン資料館
日川
日本, 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425
日川
日本, 〒405-0078 山梨県 国道411号線
石和温泉郷東入口 笛吹川
石和温泉郷東入口
日本, 山梨県笛吹市石和町川中島 国道411号線
笛吹川CR
笛吹川サイクリングロードは山梨市の万力公園から市川大門町の三郡東橋へと続く26.1キロのサイクリングロード
日本, 〒406-0031 山梨県笛吹市石和町市部 県道310号線
日本, 〒406-0031 山梨県笛吹市石和町市部 県道310号線
濁川方向へ曲がり北上する
日本, 山梨県甲府市 笛吹ライン
濁川
日本, 山梨県甲府市増坪町771−9
日本, 〒400-0815 山梨県甲府市 青沼通り
酒折宮
http://sakaorinomiya.jp/s/top.html
『古事記』・『日本書紀』に記載される日本武尊の東征の際、行宮として設けられた酒折宮に起源をもつとされる神社。
また、その説話にちなみ連歌発祥の地とされている。
酒折宮
日本, 山梨県甲府市酒折3丁目1−13
甲斐 善光寺
http://www.kai-zenkoji.or.jp/
永禄元年(1558年)、武田信玄によって創建された。
川中島の戦いの第二回合戦で戦火が信濃善光寺に及び、信玄は自分の領国である甲斐へ本尊などを移したといわれる。
甲斐善光寺
山梨県甲府市善光寺3-36-1
本堂と山門は国の重要文化財になっています。撞木(しゅもく)造りの本堂は、東西約38m、南北約23m、高さ約26mもある堂々としたもので、東日本最大級の木造建築物です。
武田神社
http://www.takedajinja.or.jp/
甲斐の名将・武田信玄公をまつった神社で、大正8年(1919)に創建されました。この地は、元来、武田氏三代が63年に渡り国政を執った由緒ある「つつじヶ崎」の館跡で、国の史跡に指定されています。
武田神社
山梨県甲府市古府中町2611
藤村記念館
甲府市藤村記念館の建物は、明治8年に巨摩郡睦沢村(現在の甲斐市亀沢)に睦沢学校校舎として建てられたものです。
昭和42年、国の重要文化財に指定。
藤村記念館
日本, 山梨県甲府市北口2丁目2−1
甲州夢小路
http://koshuyumekouji.com/
山梨の伝統工芸品を扱うショップや、県産の食材を使ったレストラン、美術館などが集まった商業施設。
古民家を移築したり、蔵や倉庫、石畳など昔ながらの建築様式を取り入れ、明治・大正・昭和初期の甲府城下町を再現。遠くからでも見える茶色の塔は、明治初期まで200年以上にわたって住民に時刻を知らせていたといわれる「時の鐘」を再現したもの。
甲州夢小路
山梨県甲府市丸の内1丁目1-25
舞鶴城公園
武田氏滅亡後、16世紀末に築城された甲府城。かつては20ヘクタールほどの広大な城郭であったが、現在は城跡の一部が「舞鶴城公園」として開放され、市民の憩いの場となっている。
舞鶴城公園
山梨県甲府市丸の内1-5-4
2003年に復元された稲荷櫓
2007年に復元された山手渡櫓門
甲府駅前 武田信玄像
駅前にはやはりこの人、武田信玄公の像が鎮座している。
甲府駅前 武田信玄像
日本, 山梨県甲府市丸の内1丁目1−9

甲府を起点に釜無川CR・笛吹川CR・荒川CRを結んでグルリと周遊します。途中、南アルプス市の秋山川すももの郷や市川三郷市の歌舞伎文化公園などに寄り道。

自転車初心者から本格ロードレーサーまで、関東のサイクリングコースマップ集。コース説明まとめにリンク。

https://matome.naver.jp/odai/2139815805428303501
2017年05月12日