スーツケース・キャリーケースの選び方

noho3noho
色々なスーツケース・キャリーケースが売っているけど、何を選べばいいの?大きさは機内持ち込みサイズにするか、重さのおすすめはどれか。日数にあったキャリーケースの選び方の目安を知って、自分に合ったキャリーケースを購入しましょう。

サイズと泊数の目安

一番最初に調べる、サイズは?

サイズの選び方のコツ
キャリーバッグのサイズの選び方のコツは 自分の身長と体格にあったサイズを選ぶこと。

女性であればどんなに荷物が多くても100L以上のキャリーバッグは必要ありません。

~59cm(~40L):1~2泊
50~59cm(45~59L):3~4泊
60~64cm(60~74L):5日間~1週間
65~69cm(75~84L):1週間~10日間
70~73cm(85~94L):10日間~2週間
74cm(95L):2週間~長期
スーツケースやキャリーバッグの選び方 激安・人気サイズ・おすすめレンタル

※長さはキャリーケースの高さ

※こんな時は少し大きめでも

お土産も結構かさばるもの。
その分を考えてちょっと余裕を。

・寒い地域に行くため、コートやセーターなどかさばる衣類を持って行く場合。
・ショッピング目的の旅行で、おみやげが増えることが予想される場合。
・普段のお出かけにも、荷物が多くなりがちな人
・荷造りが苦手な人
スーツケース・キャリーケース選びのポイント【スーツケース&ランドセル 協和】

こんな場合は少し大きめを選んでいいかもしれません。

※サイズが大きすぎると困る、こんなこと

大は小を兼ねると言っても大きすぎるのも困りもの。

・大きすぎると荷物をたくさん詰め込んでしまう。
・重くなるので、階段や段差など、持ち上げる際に不便。
・体に合っていないと、肩や腰に負担がかる。
・荷物が少ない場合、スーツケースの中に隙間ができてしまい、
中で荷物が散乱しまう。

※サイズが小さすぎると困る、こんなこと

あまりにもぎゅうぎゅうに荷物を詰めていくと帰りが大変かも・・・

・必要な荷物が入らない。
・旅先で買ったお土産を入れられない。
・荷物が増えると、個別のバックが何個も必要になる。
スーツケースの選び方 〜サイズ(容量)対比〜:size:トラベルアイテム Yahoo!店 – Tポイントが貯まる!使える!ネット通販 – Yahoo!ショッピング

圧縮袋を活用!

洋服などのかさばるものは、
圧縮袋を使うことで荷物を小さくすることができる便利品です。

機内持ち込みサイズは?

100席以上
3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)、 10kg

100席未満
3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm以内) 、10kg
機内持込できるサイズはどこまで?|スーツケース激安・格安通販(送料無料)

この大きさだと預けず、機内に持ち込むことが出来ます。

※ちなみに機内持ち込みのメリットとは?

①壊れにくい
海外の空港では扱いが乱暴ですので、預けると破損させられて帰ってくるケースが多いのです。
しかし、機内に持ち込めばこのような扱いをされることが無いので、故障知らずです。
機内持ち込みサイズのスーツケース

②荷物を預ける手間が無い
機内に持ち込めるわけですから、当然荷物を預けたり、
ターンテーブルで荷物が出てくるのを待つ手間が無いわけです。
機内持ち込みサイズのスーツケース

重さも重要

キャリーバッグの選び方でもうひとつ重要なのが「重さ」

キャリーバッグは片手で持つので重たいとどうしても引っ張られて移動するだけで疲れてしまいます。

ただし、軽いから、と布製のキャリーバッグを使用することはおすすめできません。

雨が降ったりすればすぐにだめになってしまうからです。
ハードキャリーバッグであれば、女性は大体3kg~5Kgくらいのものを目安に選びましょう。

「ソフトキャリー」と「ハードキャリー」

ソフトキャリー
ソフトキャリーの特徴は軽く、見た目がかわいいものが多いが、雨に濡れると水が見込みやすい。
ハードキャリー
ソフトキャリーはハードキャリーに比べて強度が下がるし、
セキュリティ面も劣るので基本はハードキャリーの方がおすすめです。

「フレームタイプ」と「ファスナータイプ」

フレームタイプの特徴
フレームタイプは強度が高く、変形しにくく丈夫。
だが、変形してしまうと閉まらなくなってしまう。
ファスナータイプに比べて重い。

ファスナータイプの特徴

ファスナータイプの特徴
フレームタイプに比べて軽い、安い。
構造がシンプルで長持ちしやすい。
ファスナーの部分から雨が染み込みやすい。

それぞれ良いところ、悪いところがあるので、
好みで選ぶと良いでしょう。

キャスターの種類

キャスターには2輪と4輪があります
スーツケースのキャスターについて

2輪は、伸縮式ハンドルを伸ばして斜めにして引っぱる、おなじみのスタイルで走行します。
4輪は、斜めにして引っぱる2輪走行に加えて、立てたまま4輪で走行することができます。

二輪タイプ
四輪タイプ

キャスターは、スーツケースの中で最も壊れやすい箇所です。
一般的に4輪よりも2輪のほうが頑丈とされていますが、
メーカーや製品間の強度の差の方がはるかに大きいので、
あまり気にする必要はありません。
スーツケースのキャスターについて

お好みでお選びいただけば問題ありませんが、使い勝手のよい4輪モデルの方がおすすめです。

※キャスターの耐久性はメーカーにより差が出る!

消耗して使えなくなるのは、圧倒的多数がキャスターです。
スーツケースのパーツの中で、唯一の回転機構で、擦り減るパーツです。

安物のスーツケースのキャスターは面白いほどに擦り減って行きます。
有名メーカー製の高いスーツケースのキャスターは安物よりは格段に消耗しにくいです。
スーツケースのキャスターについて

有名メーカー製のスーツケースを購入しておけば、ある程度の信頼性が担保されます。

ロックシステム

カード式、鍵式、ダイアル式など色々な種類のロック方法がありますが、
ロックできればそこまでこだわる必要はありません。

鍵式(シリンダーロック)
通常の鍵穴に差し込んで回すタイプの鍵です。
一番使いやすく多くのスーツケースに採用されています。
ダイアル式
カード式、鍵式だとなくしてしまったときが心配・・・
という人はダイアル式がおすすめです。

TSAロック

しかし、アメリカへ旅行へ行く人、今後行く可能性がある人は
「TSAロック」が付いたものにしましょう。

TSAロックは、空港での検査の際に、TSA職員が特殊な開錠ツールを使って鍵を開けることができる仕組みになっています。
従ってTSAロックであれば、アメリカの空港でも鍵をかけたまま預けることができるのです。
TSAロックについて | スーツケースや旅行かばんやトランクケースの選び方の解説

普通の鍵などでロックされていると無理やり壊されてしまいます。
TSAロックについて

しかしTSAロックであれば鍵をかけたままでも、空港のTSA職員だけが開けられる鍵で開けることが出来ます。

鍵を開けたまま預けるのは心配なので、TSAロックが付いているものを選びましょう。
TSAロックについて

スーツケースベルトは必要?

スーツケースが投げられ衝撃で鍵が開いてしまうような場合に、ベルトを巻いておくと安全であるなどの効果があります。

また、カラフルなベルトを巻いておけば、荷物の受け取りの際に目立ちやすくなります。
スーツケースベルトについて | スーツケースや旅行かばんやトランクケースの選び方の解説

開いてしまわないようにする以外に、自分のだとわかりやすくなるという利点がありますね。

関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2139670977251723701
2018年05月29日