はじめてでも出来る!DanceDanceRevolutionでダイエット!

gmmsbb
よく「DDRでダイエットできる!」とは聞くものの、なかなか取りかかれない「非音ゲーマー」の人なんかが居ると思います。そういう人向けに、初めての人でも出来る、ダイエットと音ゲーの両方の視点からのDDRを解説していきたいです。

Let’s play DanceDanceRevolution!!


https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949278503
きっと踊れる!足はモット動く!
DanceDanceRevolutionとは……
通称DDR。KONAMI社が制作したゲームセンター向けアーケードゲームである。音楽に合わせて身体を動かすパフォーマンス性が一大ムーブメントを巻き起こした。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949278703
DDRでダイエットをしよう
音楽に合わせて踊りながら楽しく有酸素運動!このまとめは、音ゲーをあまりプレイしない人に向けて、ゲーセンでDDRをやってダイエットする流れを解説していけたらと思います。

利点①:ゲームと有酸素運動を同時に行えるために、楽しく続けやすい
利点②:ワークアウト機能によって消費カロリー数が明確
利点③:上達・やり込み・研究など深い要素も充実

ステップ1:用意するもの


https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949278903
①e-AMUSEMENT PASS
ゲーム中の成績や個人情報などを保存する、KONAMIの音ゲー専用のカード。DDRでダイエットをする場合はワークアウト機能(後述)等から必須といってもいい。ゲームセンターに専用自販機が設置されているので300円~で買う事ができる。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279003
②適切な運動靴
DDRは身体全体を、そして足を使うゲームなので、自分に合った運動靴を用意したい。ブランド物でなくても、大型スポーツショップに売っている数千円のシューズにスポーツプレイヤー用の中敷きなんかを入れるとクッション性・グリップ性が向上するのでおすすめ。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279103
③ダイエット用品
大量に汗をかくので「十分な水分」「吸水性に優れたタオル」「着替え」等を用意しておくといい。その他に、VAAMなどのダイエットサポート飲料やプロテイン等を用途に応じて使い分けたい。また、格好は動きやすくラフなものを。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279303
④十分なお金
DDRは基本的に1クレジット100円で、プレイ曲数は3~4曲となっている。1プレイ程度では大きなダイエット効果が見込めないので必然的に数プレイすることになる。体力的な側面から考えても、500円くらいは持っておきたいところである。

ステップ2:実際にDDRをプレイするまで


https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279503
①ゲームセンターに向かおう
行きやすい場所のゲームセンターに向かおう。不良やヤンキーがたむろしていたのは昔の話で、現代ではゲームセンターは明るく華やかな所が殆んどであり、ゲーセン人口は半分がカップル、半分がオタクといった様子であるので、安心して足を運んでみて欲しい。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279603
②DDRの筐体を見つけよう
DDRの筐体を見つけよう。プレイしている人がいなかったら実際にプレイに移れる。プレイしている人がいたらその後ろに並んだり、機会を改めたりしよう。並ぶ場合には他の人の邪魔にならないように、椅子等がある場合にはそちらに座るのがいい。プレイ後の休憩をするためにも椅子はあった方がいい。また、DDR用に扇風機などを備え付けているゲームセンターも多い。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279703
③コインを入れる前にe-PASSをかざそう
ではここからプレイに移る。まずはコインを入れる前に、e-AMUSEMENT PASSを読み取り部分にタッチしよう。初めての場合、ゲーム開始前にユーザーネームや自分の体重等の登録ができる。体重は消費カロリーを表示する「ワークアウト機能」を使うために必須なのでしっかり設定したい。設定が完了したら、プレイモードを選択する。この時に100円玉を投入しよう。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670644949279903
④曲を選んでみよう
左右のキーで曲を選択する。知っている曲があれば進んで選んで行くのがいいだろう。難易度数値は数字が低いものほど簡単なので、最初のうちは3~5といった低い難易度のものを選びたい。曲は「フォルダ」にまとめられているので、お目当ての曲がある場合には上下キー同時押しでフォルダを選択して選んでいきたい。最初のうちはお世話になる事は無いと思うが、難易度変更は上下パネルを2度踏み、オプション設定画面は曲選択時決定ボタンを長押しである。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049280603
⑤実際に曲をプレイしてみよう
画面上部にある矢印ゾーンに向けて、下から矢印が昇ってくる。重なった時を狙って対応するパネルを踏んでみよう。力を込めて踏みつける必要は無く、ステップを踏むように足を乗せるだけでいい。上手く音楽に乗って踏めるように頑張ろう。画面最上部のゲージはミスをするごとに減少していき、ゼロになったらゲームオーバー。曲を完走できればクリアーである。1曲終わったらプレイ結果表示画面の後、選曲画面に戻る。こまめに汗を拭いたり水分を補給したりしながら続けたい。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049280803
⑥規定曲を終えてゲームを終了しよう
指定された曲数、あるいは途中でゲームオーバーになることにより、1度のプレイが終了する。最後にはワークアウト機能によって「今回のプレイで消費したカロリー」と「本日消費した総合カロリー」が確認できる。「THANK YOU FOR PLAYING!」の画面が出たら、速やかにパネルの上から立ち退き、場合によっては次に待っている人と交代することになる。

以上でプレイに関する説明は終了であり、基本的に「DDRダイエット」は以上の行為を繰り返していくことになる。楽しく身体を動かしてダイエット!

ステップ3:DDRをプレイするにあたっての小さなアドバイス


https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049281303
他人の目線を気にするな
他の客に対して引け目を感じてプレイ自体を控えるようになるのはよろしくない。はっきり言って、他のゲーセン客は自分の事をいちいち見たりしてないし、並んでいる人でさえ「早く終わらないかな」程度にしか思っていない。他人の目を気にせず、音楽にノリノリになって楽しもう。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049281103
バーに頼らずプレイしよう
筐体後方についているバーは、もちろん手で持って身体を安定させた上でプレイしてもいい。通称「バー持ち」と呼ばれるこの方法は、高達成率を狙うプレイヤーが多く行うものである。しかしながら、ダイエット的な観点で見た場合は運動が必要以上に阻害されることがあるため、持つ事を推奨しない。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049281203
いちいち足を戻すのはやめよう
慣れないうちは、矢印を踏んでから真ん中のパネルに足を戻し、また踏んでは戻し、というプレイを行ってしまいがち。しかしパネルは「踏みっぱなし」で悪いという事はなく、ゆくゆくは「足を交互に踏む」というテクニックが必要になってくるために、いちいち足を戻すという動作は不要になってくる。足を開いて身体を大きく動かしてプレイしよう。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049281503
高達成率を狙っていこう
慣れてきたら、自分の上達を感じるためにも高達成率を狙っていこう。ランクA以上や、フルコンボ(ノーミス)など指標となる要素はたくさんある。DDRは無理やりレベルの高い曲をクリアするよりも自分に合ったレベルの曲をしっかりプレイする方が良いと言われており、そちらの方がダイエット的な評価も高い。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049281603
ダブルプレイもご一考
両側の8枚のパネルを一人で利用する「ダブルプレイ」は、通常のプレイとはまた違った面白さがある。もちろん初心者にはオススメできない上級者向けプレイではあるが、身体を動かす距離が大きくなるため運動量が向上し、ダイエット効果が高い。慣れてきたら少し考えてみるのもいいかもしれない。

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301/2139670645049281703
食事制限・筋トレもあわせて
DDRはダイエットにおける「有酸素運動」を手軽に担うためのものである。ダイエットの結果を追い求めるならば普段からのカロリーカットや成分への着目、また足腰を中心とした筋力トレーニングも合わせて行いたい。食事制限+有酸素運動がダイエットの基本なので、忠実に行いたい。

ステップ4:みんなが知ってるこんな曲も収録!

http://www.youtube.com/watch?v=vvepe04Dbh4
ゴールデンボンバー
http://www.youtube.com/watch?v=LKEWlU4rkxc
TRF

DDRをプレイしてダイエット成功を目指せ!

レッツプレイ D・D・R! センキュウ!

https://matome.naver.jp/odai/2139670171245219301
2016年06月15日