スカイマークの『ミニスカ便』3度目の延期

TKETKETKETKE
当初は、就航を3月25日としていたが、4月18日、5月31日と合わせて3度、延期した。今度は、6月14日の商業初飛行を目指している。

度重なる延期で商業運航が実現しないのは、準備不足で安全運航を満たす基準に達しておらず、国土交通省からの認可が下りないためである

ミニスカートの客室乗務員で注目されるスカイマークのA330だが、3度目の就航延期となった

スカイマークは、これまで米ボーイング社製の機材しか運航した経験がない。メーカーごとに整備方式が異なるため、「規定集を根本から作り替えなければならなかった」(スカイマーク関係者)。

また、スカイマークはA330の運航では、寄航地(今回は福岡)に整備士を置かない。このため、乗務員に別途、特殊な訓練が必要になり、準備に時間を要した

機長の人数も足りていない。A330を2機運航するためには、通常10人は必要とされるが、5月20日時点で5~6人しか確保できていない。スカイマークでは、「6月頭には10人になる予定」としている。

不運も重なった。4月29日のテストフライトでは、部品の不具合で、燃料漏れが確認される事態となった。

「ミニスカCAで浮かれてる場合か」の声も

準備不足で国土交通省の事業認可が下りず、運航開始日を3度も延期しているためだ。航空ファンや業界からは「お粗末」「本当に運航できるのか」といった批判や疑問の声も噴出し、度重なる延期が会社の信用失墜につながりかねない事態にも。スカイマークは認可を前提に就航日を6月14日に設定し直したが、果たして“3度目の正直”となるのか-。

■客席ゆったり、航空業界生き残りの「切り札」

就航から半年間は膝上約15センチのミニスカート着用のCAが搭乗するとあって話題を呼び、予約状況も好調だった。それだけに、度重なる運航延期には批判のトーンも強まったようだ。

また先送りか」「ミニスカCAで浮かれている場合じゃない」。スカイマークが欧州エアバス社の旅客機「A330」の3度目となる国内線運航延期を発表した5月16日以降、航空ニュース専門サイトなどの書き込み欄には、ユーザーから怒りのコメントが相次いで寄せられている

スカイマーク、A330客室乗務員のミニスカ批判に「希望者のみで、客室 …

スカイマークは、新規投入するエアバスA330の就航に合わせて客室乗務員に導入するミニスカートについて着用は希望者限定で「客室乗務員には好評」とのコメントを発表した。

なぜスカイマークは「ミニスカ」にこだわるのか

快適を求めたら こう成った。

客商売というのは、最後はお客さんを信じないと、やっていけないものなんですよ」。

3月7日、東京・羽田の格納庫で日本初公開となったスカイマークのエアバスA330-300型機。この機内で、同社の西久保愼一社長は、集まった報道陣に対してしみじみと語った。

A330は全271席をシートピッチが広い「グリーンシート」とし、機内を落ち着いた雰囲気でまとめた同社の新型機。これまでの普通席よりも居住性を高めているが、運賃はほぼ従来のまま。値ごろ感のある運賃と快適さの両立した同社の戦略機材だ。

スカイマークのミニスカはセクハラを誘発するか 元CAが分析

セクハラ??
う−ん 、奇麗な足
気になる。

膝上約15cmのミニスカート姿で乗客をおもてなし――。スカイマークが5月から国内路線で順次導入する仏エアバス製の旅客機「A330」。そのアピールも兼ねて先行お披露目されたCA(客室乗務員)の制服が物議を醸している。
「セクシー路線で下品」「セクハラを誘発する」「保安業務に支障が出る」などの指摘が噴出。ついには航空労組連絡会に加盟するCA約1000人でつくる「客室乗務員連絡会」が、国土交通省や厚生労働省にスカイマークへの指導を要請する事態になっている。

スカイマークがミニスカ制服の代償として負う経営リスク

カイマークが新たに採用する客室乗務員のミニスカートの制服に賛否両論が巻き起こっている。昨夜もニュース番組を見ていると街角インタビューでは賛成と反対が半々くらいであった。お茶の間の話題としては賛成でも反対でもどちらでも良いと思うのだが、私がもし、スカイマークの顧問社労士であったならば、このミニスカート制服は直ちに撤回すべきと助言するであろう。本稿ではその理由を明らかにしていきたい。

ミニスカCA、5月離陸に強い逆風 セクハラは? 緊急時は?

航空会社スカイマーク(東京)が新機種就航に伴って導入する女性客室乗務員(CA)の膝上約15センチのミニスカートの制服が波紋を広げている。監督官庁の国土交通省は保安業務の遂行面から関心を寄せ、厚生労働省もセクハラ誘発の可能性に注目する。「行き過ぎた“おもてなし”」(他社幹部)などの批判が相次ぐ中、5月末の就航に合わせた「ミニスカCA」は“離陸”できるのか。

スカイマーク新ミニスカ制服に波紋

この顔にピンときたら、、

航空会社の操縦士や客室乗務員でつくる航空労組連絡会の専門部である客室乗務員連絡会(客乗連)が「スカートの丈が短いため、背を伸ばす、かがむなどの作業中、まわりの目を気にせざるを得ない」「保安業務に集中しにくい状況が生じる可能性がある」「迷惑行為を誘発しかねないデザインだ」として、2月25日、スカイマークに再検討を求める見解を発表してから、問題が大きくなった。

https://matome.naver.jp/odai/2139582779300030701
2014年06月02日