【ipad】購入を迷っている人必見!【オススメ活用術】

chan38
欲しくて衝動買いしてしまった方も多いかと思いますが、買ったもののイマイチ活用できていない方も多いはず。個人的におすすめの活用術を紹介していきます。随時更新予定です。

ipadとは?

iPad(アイパッド)は、アップルによって開発及び販売されているタブレット型コンピューターである
iPad – Wikipedia

これはみなさんご存知の事とは思います。タブレット型のコンピューターは他にも色々種類があると思いますが、iphoneやmacをお使いの方はipadのほうが絶対に連携は楽です。
私が日常使用していて便利だなと思った事や、捗るなと感動した事をまとめていきたいと思います。

youtubeなど動画の閲覧

これはもはや言うまでもありません。ケータイだと小さすぎて見えづらいし、だからといってパソコンを起動するのも面倒くさい時にipadはちょうど良いです。
ソファーに寝転がりながらだらだら動画を見るも良し、はたまた料理をしながら動画を見るのも好きです。見たいときにすぐ検索して見れる起動の早さは本当に便利。
ちなみにニコ生、ニコニコ動画も見れます。

Evernote

そもそもEvernoteとはなんぞや?という方もいると思いますので簡単に説明を。
想像するとしたら自由帳のようなものです。クラウド上に自分の好きなことを書き記したりクリップしたりしたノートを、容量は決まっていますが無料で保存する事ができます。
例えばipadで見つけたお気に入りのサイトをそのままノートに保存する事も可能ですし、写真をつけて日記を書く事も出来ます。領収書などをスキャナで取り込んで保存しておけば、紙媒体を紛失してしまう心配もありませんし、何よりかさばらなくて便利です。タグ付けもできるので、検索もスムーズです。
私は主にWEBのクリップや、レシピ帳、行きたいお店や行きたい旅行先の情報をそれぞれのノートブックにまとめて使っています。iphoneにもipadにもアプリがありますので、どちらの端末からも編集・閲覧が簡単にできます。他にも使用する人のアイデアによって、様々な事に活用できますので自分のオリジナルの使い方を見つけてみてください。

電子書籍として

小説や漫画を読むのが好きな方に特におすすめな使い方です。私自身すごく小説を読むのが好きでしょっちゅう購入していたのですが、賃貸のため置く場所に困るし、いらなくなって中古で売っても文庫本はほとんど値もつかないので読まなくなったあとの処理に困っていました。
ipadで読書をするようになってからはそのような悩みはすべて解消されて快適です。
まずかさばることは一切なく、ipadの容量にもよると思いますが何冊もの本をipadひとつで持ち歩く事が可能です。途中から読み返すことはもちろん、必要な部分にマーカーを引いたり書体を変えて読みやすくすることもアプリによっては出来ます。
またkindleというアマゾンのアプリがあるのですが、そちらのkindleストアで電子書籍を購入すると店頭で買うよりも安く購入できるものもあります。
ほかにも宮沢賢治、芥川龍之介等の古い作者の名作を無料で読めるi読書青空文庫リーダーというアプリもオススメです。無料なのにかなりの作品を読む事ができます。

写真や動画の編集

「iPhoto」「iMovie」は2013年9月2日以降にアクティベートされたiOS 7搭載端末ならば、無料でダウンロードができるようになりました。
既存のユーザーは無料でアップデートができますが、条件を満たさない端末では今まで通り有料となります。新しくipad等購入した人にとってはうれしいニュース。
iphotoやimovieを使えば、スライドショーや動画を作成、編集が簡単に出来ます。
私も結婚式に使ったプロフィールビデオやエンドロールはこの二つを駆使して作成しました。
作成はmacbookで行ったのですが、ipadでもこのような編集機能が無料でダウンロードできるようになったのは嬉しい限りです。

https://matome.naver.jp/odai/2139528469541629901
2014年03月28日