花粉症を完治させるかもしれない夢の治療法 舌下免疫療法って?

freejapan

はじめに

花粉症でないことは私の唯一の取り柄でしたが、とうとう私も花粉症になっちゃいました><
辛い><
治したい><
治し方を調べてみるともうすぐ実現するかもしれない方法に出会いました。
舌下免疫療法です。
詳しく調べてみました。

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法をふくむアレルゲン免疫療法は、今ある治療法のなかでもただひとつ、花粉症の完治の可能性がある治療法
最新の花粉症対策である「舌下免疫治療法」、6月より保険適用内に | THE NEW CLASSIC

スギ花粉を含むエキスを用います。舌の下にこの液を滴下します。実際の使用では花粉液が流れてしまわないように舌下に置いたパンくずの上にエキスを滴下して行ないます。このパンくずを数分間舌下に保持してもらい、その後飲み込むまたは吐き出します。これを最初の4週間は毎日1回行います。その後は花粉飛散期終了まで週1回します。滴下は家で行いますので、毎日の通院は不要ですが、11月から4月にかけて1ヶ月に1回程度の通院となります。これを毎年繰り返します。
新しい治療法ー舌下免疫療法|ゆたクリニック − 津市修成町 耳鼻いんこう科・頭頸部外科・アレルギー科

舌下免疫療法というのは文字のとおり、舌の下にスギ花粉を含むエキスを滴下することです。舌下にエキスを数分保持している間に、毛細血管よりスギ花粉が体内にとりこまれ、段々と体質を変えていきます。なお、実際の治療では液を保持することが難しいため、パンくずにエキスを垂らして舌下に置いておくようです。

この治療を、最初の1ヶ月は毎日、その後は花粉飛散時期が過ぎるまで週1回行います。月に1回程度の通院は必要ですが、治療自体は家で行えます。
平成26年保険適応!花粉症の治療法「舌下免疫療法」とは | iGotit

治療は自宅で行なえます。開始の3週間は連続して投与し、それ以降は週に1~2回の投与でOKです。さらに、2~3週間に1回の投与と間隔を広げ、2年間続けます。通院は1カ月に1回で済みます。
スギ花粉症の根治療法「舌下減感作療法」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア

舌下法も注射法と同じく、3~5年かかる治療です。効果をすぐに感じたとしても3年は続ける必要があります。しかし、毎年のつらい症状がなくなると考えると、耐えられる期間ではないでしょうか。
平成26年保険適応!花粉症の治療法「舌下免疫療法」とは | iGotit

2014年6月より保険適用

現在は保険適応外の治療法であるため年間7万円の費用がかかるが、今年6月からはその3割負担となる。
最新の花粉症対策である「舌下免疫治療法」、6月より保険適用内に | THE NEW CLASSIC

70,000円×0.3=21,000円
21,000円×2~5年=42,000円~105,000円

42,000円~105,000円で花粉症がよくなるのであれば、試す価値はありますね。

注意点

治療効果は100%ではありませんが、約80%と高い有効率を得ています。
スギ花粉症の根治療法「舌下減感作療法」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア

100%ではありません。

まれにぜんそくや咳などの副作用が出る可能性があります。
平成26年保険適応!花粉症の治療法「舌下免疫療法」とは | iGotit

結論

試してみる価値は大いにあります。
6月になったらお医者さんに相談しましょう。
その前にスギ花粉であることは今のうちに確認しておきましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2139505971220792701
2014年03月17日