日本では16分に1人が自殺している!高まるゲートキーパーの重要性

5akiaki

日本の自殺率は、世界的に見て、高い水準にあり、長年にわたって社会問題化しています。
近年では、特に20代~30代の若年層の自殺率が上昇傾向にあり、対策が求められています。
Yahoo! JAPAN PR企画 – あなたの声かけで、救われる人がいます。

あなたの周りに悩みを抱えている人はいませんか?まずは気付き、声をかけて下さい。
Yahoo! JAPAN PR企画 – あなたの声かけで、救われる人がいます。

▼日本の自殺者数・自殺率

日本の自殺者数は、1997年の2万4391人から、1998年には3万2863人へと急増し、高止まりした状態が続いています。
平成17年における自殺者数は、3万2552人(警察庁統計)であり、交通事故死者数(平成17年6871人)の約5倍となっています。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

これは、1日あたり90人近くが自殺している計算になります。約16分に1人、日本のどこかで誰かが命を絶っていることになり、毎年、
市町村が毎年消えていっている計算になるのです。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

▼世界の自殺率~世界の中の日本~

日本の自殺率は、世界的に見ても高い水準にあります。OECD諸国の中では第2位、G8の中では日本の自殺率はロシアに続き第2位
となっています。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

これは、アメリカの2倍、イタリアやイギリスの3倍という数値です。WHOの発表でも、日本の自殺率は先進国の中でトップクラスだという報告があります。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

▼男女別・年齢別自殺者数

自殺は、日本人の死因第6位になっています。20~45歳の男性、15歳~35歳の女性においては、死因の第1位です。日本では、中高年の自殺率が高く、自殺者全体の6割を占めています。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

▼自殺の原因・動機

20代・30代・40代・50代の自殺の第一原因は、「経済・生活問題」です。「経済・生活問題」は、遺書がある自殺者のうち約3割の原因です。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

▼「自殺」は予防することができる

自殺は「追い詰められた末の死」であり、「避けることの出来る死(avoidable death)」(WHO)です。自殺率が高かった海外の諸国では、様々な自殺対策が行われてきています。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

フィンランドでは、国家プロジェクトとして自殺対策に取り組み、10年間掛けて自殺率を3割減少させました。このように、国家として自殺問題に取り組み、効果をあげてきている国々は多くあります。
自殺者統計|自殺対策支援センターライフリンク

▼「ゲートキーパー」の重要性

「ゲートキーパー」は特別な資格ではありません。
平成25年度自殺対策強化月間特設ページ – 内閣府

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。
「ゲートキーパー」について|自殺対策 – 内閣府

自殺対策では、悩んでいる人に寄り添い、関わりを通して「孤立・孤独」を防ぎ、支援することが重要です。
「ゲートキーパー」について|自殺対策 – 内閣府

1人でも多くの方に、ゲートキーパーとしての意識を持っていただき、専門性の有無にかかわらず、それぞれの立場でできることから進んで行動を起こしていくことが自殺対策につながります。
「ゲートキーパー」について|自殺対策 – 内閣府

▼「こころの健康相談統一ダイヤル」の活用

より多くの人が相談しやすい体制の整備を図る観点から、平成20年9月10日より、都道府県・政令指定都市が実施している「心の健康電話相談」等の公的な電話相談事業に全国共通の電話番号を設定する「こころの健康相談統一ダイヤル」の運用を開始しています。
「こころの健康相談統一ダイヤル」について – 内閣府

各都道府県・政令指定都市が実施している「心の健康電話相談」等の公的な電話相談事業に全国共通の電話番号を設定することにより、全国どこからでも共通の電話番号に電話すれば、電話をかけた所在地の公的な相談機関に接続されます。

https://matome.naver.jp/odai/2139383880350525501
2014年04月09日