布おむつ育児。*゚親子に合った布オムツをみつけよう゜ *+:。形状編

Ribbon-citron
布オムツの形や種類はたくさんありますよね。ママが子供へのつけやすさ、赤ちゃんの体型やおむつ交換時の赤ちゃんの動きなどいろいろ条件があるので使いやすい形状は親子で見つけていくのがベスト!オムツを自作するときの参考にも♪

■おむつの形の種類

◇輪オムツ

さらしやドビー折りの布で、輪になるように縫い合わせ成長に合わせて適度な大きさに折り畳んで使用するオムツ

オムツの作り方
https://matome.eternalcollegest.com/post-2139266553366097001

◯薄手なのでタオルより早く乾く
綿製品が多く肌に負担が少ない
古くなったら雑巾にしたりインターネットで売買できる究極のリサイクル品

×単体だと吸収量が少ない
(月齢に合わせて二枚、三枚と重ねて利用したり間やオムツカバーとの間に成形おむつやダブラーを利用する)

◇輪おむつのたたみ方

◇成形おむつ

成形おむつは履かせ易さ、履き心地が考慮され、輪オムツに比べ水分吸収力を強化しおむつカバー内にそのまま納まる形に成形されているオムツ。
股にあてがうように使用する。
形は小判型やだるま型などがある。

生地について→https://matome.eternalcollegest.com/post-2139354064672041301/2139387859394000003

◯たたむ手間が必要ない
干すスペース、手間が輪オムツに比べて少ない
コンパクトなので持ち運びに便利

×厚みがあるため乾きが遅い

吸収量に不安がある場合、輪形おむつの間に成形おむつを挟んで使用することもできる。

◇ダブラー・インサーツ
ダブラーとは布おむつカバーとおむつ(吸収体)の間にはさみこんで使用するもの直訳すると「二重に重ねるもの」
インサーツは成形おむつを英語にしたもの。
吸収量を増やすタイプ(コットンダブラーやマイクロファイバーダブラー)もあれば、防水性をアップ(ウールダブラー)するものもある
表面は吸収、裏面は防水というタイプも
◇AIO(All in One・一体型布おむつ)
◯紙おむつのように簡単に着脱できる
おむつ育児に慣れていない人に子供を任せるとき、外出先で手早く交換したいときにも便利。
カバー部分にスナップが多くマジックテープも大きめなので新生児期からオムツ卒業の時期まで長く使える

×枚数が必要
×一緒に縫い込まれているため洗濯後なかなか乾かない(画像のタイプのAIOのように吸収体が離れている仕様も同様)

■オムツカバーの形の種類

◇外ベルト式おむつカバー
テープ式の紙おむつと同じような感じで上からベルトをとめる
止める部分はマジックテープやスナップのものがある
新生児サイズ~60くらいまでは外ベルト式が多い
◇内ベルト式おむつカバー
ベルトを止めてからカバーかぶせて使用
ママが内ベルトで慣れてくると前あてだけはずして立ったままおむつ交換ができる
外ベルトタイプのオムツカバーだと赤ちゃんが自分ではずしてしまい困っているママにオススメ
◇パンツ型おむつカバー
内側に防水布が縫い込まれている
立ったままでおむつ交換ができる
動きやすく子供が自分でも履きやすい
新生児など月齢の低いうちは使用しづらい
子供がお腹を壊しているときなどのときは交換が大変
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)
布オムツと一体なので、カバーを付けるだけでオムツの装着も完了。紙おむつのような仕様。
おむつ育児に慣れていない人に子供を任せるとき、外出先で手早く交換したいときにも便利。
カバー部分にスナップが多くマジックテープも大きめなので新生児期からオムツ卒業の時期まで長く使えるがサイズ調節がピッタリしないものもある。
値段が高い。海外製品のものは壊れやすい場合がある。
洗濯後なかなか乾かない。
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)Thirsties AIO Duo
トンネルタイプになっているので吸収量を増やしたいとき中に追加のオムツが入れやすい
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)Thirsties ワンサイズ ポケットタイプ
トンネルタイプになっているので吸収量を増やしたいとき中に追加のオムツが入れやすい
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)bumgenius(バムジーニアス)フリータイム
両端に一枚ずつインサーツが縫い付けられている。
吸収量を増やしたいとき中にオムツを入れることも出来る。
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)bumgenius(バムジーニアス)エレメンタル
オムツが二枚両端とも縫い付けられている
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)bumgenius(バムジーニアス)新生児用
吸収体が縫い込まれている一般的な一体型オムツカバー
◇ポケット式おむつカバーbumgenius(バムジーニアス)
おむつカバーにおむつライナーを縫製したもの。
おむつカバーとライナー生地の間に吸収体として布を入れる。
ファジバンズよりポケット口が広く吸収体が入れやすい
ポケット入り口にカバーが付いている
インサーツ(吸収体)を専用のものにしないと漏れる場合がある。
一回したら全交換なので、荷物や洗濯物が増える。
ライナー生地を通して吸収させるので水分をはじく撥水状態にならないよう洗濯に気を使う。
ポケットを使用せず普通のカバーとしても使用できる。
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)dream eze
背中側に二枚インサーツが縫い付けられている。
すべてオーガニックコットンなので肌触りがいいが防水性はない
吸収量を増やしたいとき中にオムツを入れることも出来る。
◇外ベルト式オムツカバーGro Baby、GroVia
成形おむつに二箇所スナップがついていてオムツカバーにセットする
専用の使い捨てインサーツを使用することもできる仕様
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)GroVia
成形おむつが二枚分くっついているうちの一枚がオムツカバーにくっついている。
◇外ベルト式オムツカバーGroVia キウイパイ
スナップでとめた成形おむつを置くだけの一般的な外ベルトタイプのおむつカバー
オムツカバーと同じプリントの成形おむつが販売している
◇ポケット式おむつカバーFlip
おむつカバーに吸収体として布を入れるポケットがある。
◇ポケット式トレーニングパンツFlip
Flipの布オムツカバーと同じタイプ
二段階調節可能なサイドの布が別売りで販売
◇ポケット式おむつカバーFuzzibunz(ファジバンズ)
おむつカバーにおむつライナーを縫製したもの。
おむつカバーとライナー生地の間に吸収体として布を入れる。 海外製品で多く見られる。
インサーツ(吸収体)を専用のものにしないと漏れる場合がある。
一回したら全交換なので、荷物や洗濯物が増える。
ライナー生地を通して吸収させるので水分をはじく撥水状態にならないよう洗濯に気を使う。
ポケットを使用せず普通のカバーとしても使用できる。
同じMサイズでも他の製品に比べて大きめ
◇ポケット式おむつカバーgDiapers
おむつカバーに吸収体として布を入れるポケットがある。
ポケット部分がスナップで取り外し可能なのでポケット部分だけ汚れたら交換できる。
ポケット部分を取り外して完全に使わないでも使用できる。
◇AIO(All in One・一体型布おむつカバー)Loveybums LIO’s
スナップが三箇所あり成形おむつをしっかり固定する
◇吸収一体型カバー(通称トレーニングパンツ)
吸水布をパンツタイプおむつカバーに縫合したもの。
防水加工ではないので漏れる。

トレーニング時、濡れたのがわかるようにはかせることが多いがこれを用意せずトレーニング終了後も利用できる普通のパンツをはかせその上に紙おむつや布オムツカバーをする保育士さんもいる

ベビーブルマ
ベビーブルマは赤ちゃんのおむつの上に履かせる見た目を変えるデザイン重視の飾りカバー。
本来は衣服の汚れを防止するためのものなので撥水性がないものが多い。
ロンパース型・スカート型など様々。

■布おむつまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2139327976464787901
2014年03月24日